中小消費者金融のまとめローンのデメリットはメリットとも言える?

低金利の借金として、まとめローンが出回っています。

毎月こんなに負担が小さくなる、返済総額が減少することでお得感があるのですが、多重債務者にとっては、毎月の負担が小さくなるのは魅力です。そして、1つだけの借金になってしまう、これもメリットとしては大きいです。

銀行や大手消費者金融のまとめローンの審査は案外厳しく、簡単にまとめローン契約ができないと言われていますが、審査が甘い中小消費者金融は別です。もともと審査が甘いので、返済能力があるのなら審査に通ることも多く、多重債務を完済した上で金額の返済をしていきます。

まとめローンは現金払いではなく、完済した結果が借り入れとなります。ただ、中小消費者金融では、これだけ返済総額が小さくなるというメリットは少ないかもしれません。それは、まとめローンと言っても金利が高いからです。

返済の負担が小さくなると言うのは、現在の多重債務よりも低金利になるからですが、大手消費者金融や銀行の多重債務の場合、中小消費者金融の金利の方が高い事も考えられます。これでは、負担減少の結果は得られないこともあります。

それほどメリットは大きくないかと残念なことなのですが、もっと危ないとされているのが過払い金の存在がある場合で、まとめローンにしてしまったらその権利がなくなってしまうのです。最近の借金には過払い金の可能性は少ないのですが、古くからの借り入れ多重債務に関しては、ひょっとしたら過払い金返金請求ができる事もあります。

まとめローンのデメリットに関しては、中小消費者金融になるほど大きくなってしまうといえます。普通に考えるとそうなのですが、あちこちキャッシングして多重債務になり、大手消費者金融審査落ちのブラックリスト。債務整理も考慮しながら、審査が甘い消費者金融でのまとめローン。総量規制対象外で、複数社の借金が完済できるという喜び。この感動は大きいよと言うものです。

確かに、永遠に続くこの借金。完済なんて無理で、完全債務整理しかないと思っている方にとっては、中小消費者金融の甘い審査は魅力です。

たとえ返済総額は大きくなったとしても、その感動を味わいたいというのなら相談をしてみてください。返済期間が長期に渡り、返済総額も大きくなる可能性は大きいですが、今までにない負担減も魅力と感じられる方もいるかもしれません。