中小消費者金融のまとめローンは本当にお得なのか?

消費者金融は貸金業法で、年収の3分の一以上の利用限度額の借入はできないことになっています。

しかし、まとめローンは対象外とされていて、3分の一を超える金額の借り入れができます。ですから、多重債務であったとしても、全ての債務が総量規制以上でも大丈夫です。

銀行でもまとめローンがあります。あちこちから借りているキャッシングを1つのローンにすることで、

  • 返済日が1回
  • おまとめローンの金利が低くなり、返済額が小さくなる
  • 毎月の負担が少なくなる
  • 債務整理をしなくても良い

などのメリットがあります。

本当におまとめローンに行く前には、考えなければならない事もありますが、実はあまり語られていません。

審査の甘い中小消費者金融などでも、フリーローンと変わらない金利でのまとめローンもあります。メリットが大きいからと、借り換えの形でまとめローンに乗り換えたいところですが、ちょっと待ったです。その理由として、今大手消費者金融で審査が通らない、実はブラックリストになっている方に忠告です。

大手消費者金融でダメだから、中小消費者金融に申し込みのラインは納得です。ブラックリスト対応とされる中小消費者金融では、利用限度額は小さいかもしれませんが、借り入れできる可能性は高いです。その時に、まとめローンにしよう、審査は通りますよというと、多重債務解消もできます。

繰り上げ完済の形をとる時に引当計算をします。弁護士などは詳しいのですが、その時に過払い金が含まれていたりするときには、それも計算されてしまったり、手数料という名目で利息以外の数字も含まれるというのです。ですから、まとめローンはいくらになる?と言うと気に、想像以上の数字になってしまい、多額のローンを汲むこともあります。

中小消費者金融でも、まとめローンは総量規制対象外ですから、ある程度多額にも対応します。しかし、その引当計算によって、過払い金返金の機会を失うことがあります。

また、返済リスクが高いとされる場合、適用金利が上がったり、そのことでまとめローンの恩恵を受けられない方も入ることで、返ってまとめローンはしない方が良い方も少なくないようです。

まとめローンに変えることで、さまざまな手続きや手数料に関係する諸費用などを全て考慮しなければ、本当にオトクなのかがわからないのです。特に中小消費者金融の場合、まとめローンそのものの金利も高いことで、多重債務をまとめる意味がない方もいるということなのです。