おまとめローン申し込みなのに弁護士?これは怪しい

中堅消費者金融の申込に行った方で、債務整理を勧められることは多いです。特に多重債務者ブラックでおまとめローンの場合、それではだめです。債務整理をしましょう、弁護士を紹介しましょうか?と言われることがあります。

これは、中堅消費者金融と弁護士が結託している場合があります。

貸金業者の魂胆

わざわざ弁護士を依頼することはとても親切そうですが、弁護士に債務整理を依頼すると料金がかかります。

特に自己破産の場合は、50万円からの料金設定になることが多いです。これは違法ではなく妥当な金額といえますが、弁護士によって料金は様々で決まっていません。

結託の意味がここにあります。弁護士を紹介して、料金がかかる債務整理をして中堅消費者金融もマージンをもらおうというものです。料金の代わりに前金があったり各種手数料などがあるなど、債務整理依頼の料金体系についてはそれぞれが自由設定が可能です。

ですから、中堅消費者金融のおまとめローンで弁護士紹介の話しがでたのなら、丁重にお断りをすることをお勧めします。

利用限度額が高いほど気をつけて

おまとめローンの借入が大きいほど、このような怪しい紹介話が出てきます。料金も比例するからです。

おまとめローンは総量規制対象外で、中堅消費者金融も500万円の設定がある金融業者もいます。そうすると、弁護士に債務整理を依頼、借入先も多く、借入額が高いと料金も上がるとか言われて、出費が大きくなることもあります。

そして、自己破産などは1年近くかかる債務整理ですから、料金の支払いも長のばしにできます。中堅消費者金融と弁護士の結託は、実はヤミ金のような形になることもあります。

おまとめローンと債務整理

債務整理は、自分で弁護士を探して最初は無料の借金相談をすることおすすめします。低所得者層では法テラスの利用もよいでしょう。たいてい相談は無料でできますし、依頼した時の料金体系もきちんと説明をしてくれるところが良いです。

おまとめローンか債務整理に関しては、多分債務整理をした方が良いです。少なくとも、大手消費者金融での審査落ちがある時点で個人信用情報機関の記録になり、金融事故になっていることもあります。

中堅消費者金融の申し込みに関しては、他社消費者金融や弁護士の紹介には乗らないことです。評判などは中堅消費者金融の情報を集めたサイトもありますから、参考にしてみて下さい。多重債務の借入先が多いだけでも審査落ちになり、早急に債務整理をした方が良い方も多いです。