おまとめローンのメリットは返済額が小さくなること

ブラックは中堅消費者金融でも借り入れができるとされています。口コミでも大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの人が借りられたと評判になっていますが、本来は審査ができるということだけが真実です。

一口にブラックと言ってもその種類はいろいろで、中堅消費者金融会社でも受け入れることができないブラックも多く存在しています。消費者金融利用者での審査の厳しさを身に染みて感じている方も多いです。

おまとめローンの存在

ブラックの原因の一つに多重債務があります。銀行系のキャッシングでは多重債務はあまり良い評価はないのですが、一応できないことはないです。

多重債務とは複数のキャッシング業者からの借り入れですが、1つの金融業者の返済があと一回で終わる間際の他社申込とか、返済ができるだけの収入があれば審査も通りやすいです。

大手消費者金融でもせいぜい3社まではなんとか許容範囲としていますが、3社目のときには新規キャッシングではなくおまとめローンにしてしまう手もあります。2つの多重債務を1つにまとめ、それをキャッシングとして借り入れする方法です。

新規キャッシングではなく返済専用の総返済額対象外のローン扱いであり、多重債務者ではなく1社だけの単独ローンです。この時の大手消費者金融の審査は厳しくなり、なかなか審査通過はできない方が多いのが現状です。

中堅消費者金融にも存在するおまとめローン

こうした多重債務向けのおまとめローンは、審査の甘い中堅消費者金融にもあります。返済方式は、返済専用キャッシングとして現金が手に入るのではなく、完済した分を支払う内容です。すでに多重債務でない点で、ブラックリストでもなく、1つの返済で負担を小さくすることが可能です。

借入先が一つになるのですが、問題は金利です。これも100万円超の中堅消費者金融の場合は、新規キャッシングよりも低い設定になり、現在の多重債務の金利より低くなる可能性が大きいです。

銀行系大手消費者金融の場合は、中堅消費者金融のおまとめローンよりも低金利になることがあります。

中堅消費者金融のおまとめローンを成功させる秘訣

おまとめローンの審査に通ったとします、その時に毎月の返済額をあまり小さくせず、無理のない金額設定にして、「なるべく早く」完済できるようにすることです。

大きな金額の金利を長期化させることで、総返済額が大きくなることがあります。ここは注意しなければ、おまとめローンにしたメリットが小さくなっていくだけです。

借り入れ金額が大きいだけに、毎月返済額を小さくすることで、返済期間が長くそれだけ金利を多く支払う結果になります。ですから、今と変わらない返済額をキープできることが、中堅消費者金融のおまとめローンを上手に利用するコツです。

それができない場合、シミュレーションをした上で、総返済額を確認してから申込を検討されることをお勧めします。