わたし返せます、たまたまの延滞ではうまくいく?

おまとめローンは新規キャッシングよりも審査が厳しいです。その理由としては、すでに多重債務者である、多額の借入になる回収リスクが高いからです。

ただ、金融業者にとっては、高い借入では多くの利息収入が見込めます。まとめローンで多重債務の責任を持つことは大きな利益に繋がります。

信用情報が大切

そこで、信用情報を厳しくチェックするのですが、多重債務者の部分は仕方ないです。

遅滞と延滞があると、その時点で審査落ち。これは、モビットのような大手消費者金融、銀行カードローンで素早い対応です。担当者が延滞中とわかると、理由の聞かずに審査に通らないことを伝えてきます。

確かに、延滞も遅滞も最悪の事態ですが、まだ可能性はあります。それは、延滞中の理由です。

嘘はダメですが

これが継続しない延滞であることが証明することができます。

最近ではWEBの申し込みになりますが、担当者と直接話しをしたい時には、店頭に行き直接話しをしてみてください。延滞の理由として、たまたま海外で仕事をしていたとか病気になっていた、実家でのトラブルでも何度も良いので、たまたま返済ができなかったことを猛アピールしてみてください。

この反論ができるのは、その後の契約で二度と延滞をしないと約束ができる人です。そして、まとめローンの借り換えで、より緊張した審査で返済をすると直談判してみてください。

すべてウソだとしても、本当に返済ができるのなら、完済ができる契約なら、大手消費者金融でも借入ができるかもしれないです。もし契約ができない時には、プロミスにいくのではなく、中小消費者金融や街金に行きましょう。

銀行系もNG

中小消費者金融にいく理由としては、審査が甘いからです。東京スター銀行では低金利のまとめローンがありますが、そこにいくのはダメです。

大手消費者金融よりも甘い中小消費者金融で、同じ理由でのまとめローンの猛アピールです。多重申し込み者ではなく事故情報があるまとめローンですが、本当にたまたまの延滞中であることを訴えてみてください。支払いができることを強調しての話しです。

キャッシングに関しては、延滞は最悪の条件です。厳しいとされるまとめローンではなかなかOKが出ないのですが、金融ブラックリストでも借りれる点で最後ののぞみです。

絶対完済できる?

問題はそこです。まとめローンでは、低金利になるのですが、今後の延滞がなく余裕の返済ができる場合のみ使える手です。もし、途中で延滞をするようであれば、この手は使えないです。