他社多重債務の延滞中を奇跡的にまとめローンにできた例

アコムに延滞している状態で、大手消費者金融の借入はできないです。まとめローンにしても、絶対に審査落ちです。

しかし、個人信用情報機関で金融事故があっても借りれるとされる中小消費者金融では、金融ブラックの部分で頼み込みができる人がいます。

契約ができるかはわからない

延滞しているということは、返済をしていないことです。問題は、その理由です。

中小消費者金融では金融事故でも借入ができるのですが、延滞の理由が事故である場合は相談に乗ってくれます。それが、交通事故だけではなく、病気で入院をしていてATMに行けなかったとの内容です。収入は安定しているけれど、返済がたまたまできなかったというだけの話しです。

アコムに返済をしたら良い話しですが、すでに他社も延滞中でそれが少額であり、ATMに行けないことが理由の場合です。

まとめて、まとめローンとしてすべてを完済して、1つのまとめローンにしてくれないか?多少無理がある申し込みですが、この場合の審査を確認してみましょう。

信用情報では延滞中だけど

入院中であれば、仕方のないことです。この方は、大きな生命保険などにも加入していて、仕事ができないとしても収入が保証されています。アコムに説明をして返済もできますが、そうではなくまとめローンに借り換えをしたいと言います。

中小消費者金融では、この場合安定した収入を見込んでの審査通過ができます。延滞が事故によってというのは不測の事態であり、これからの返済ができることがわかれば、まとめローンができます。

総量規制以上でも可能

まとめローンでは総量規制以上であれば低金利の商品になります。実際には借入も細かく計算されるのですが、アコムや他社延滞も遅延損害金を支払い、中小消費者金融での低金利のまとめローンに成功です。

どの中小消費者金融でも対応?

それはないです。今の事態を正直に話した上で完済までの計画が立てられる。途中ボーナスなどがある契約者だと有利ですが、中小消費者金融の借入ではこうした対応も期待ができます。

普通にアコムで返済をしたら?との声も聞こえますが、まとめローンにすることで、中小消費者金融だとしても多額の借入で確実に低金利のキャッシングになります。そこの狙いもきちんと把握してのことですが、この金融事故がわざとの延滞ではなく事故であることが大きなポイントです。

中小消費者金融にしても返済が確実に申し込みに関しては、多少の金融事故は目をつぶります。それが延滞中という最悪な場合でも、このケースは特別と言っても良いでしょう。ですから、事故で延滞してしまった時には、こうした中小消費者金融の利用がオススメです。