安定収入だけが武器の審査?長期延滞中でも審査が通る?

長期延滞中の多重債務者は、おまとめローンで1つのローンに借り換えをしたいと思うでしょう。

多重債務は、1つ1つのキャッシングがおまとめローンができることで、メリットとしては低金利になることがあります。低金利は数%の差だとしても、借入が大きければ、返済額にも少なくなります。

審査が通るのであれば

ただ、金融事故としての長期延滞中は、審査は難しいとされています。61日以上の遅滞の方です。しかも、多重債務であればブラックリストでは最悪です。ですが、中小消費者金融などの甘い審査の場合は、返済ができるのであれば借りれることがあるらしいです。

口コミの中には、返済が出来るだけの安定した収入が継続していることが必要でしょう。一応は、ブラックリストでも借りれる中小消費者金融と言われています。

そこで、長期延滞中などでも返せると証明ができると借りれたとの口コミがありました。それは、延滞の理由と返済ができることを確認されます。

その時に、利用者の返済状態で今回はたまたま長期延滞中になっているけれど、もうしない。延滞しないだけの返済額を安定することです。少ない金額では、総返済額がとても多くなってしまいます。

これで、中小消費者金融などのおまとめローンではオススメしないことがあります。それは、低金利のメリットがないからですが、長期延滞中の方は別です。おまとめローンができれば、一気に大手消費者金融などの多重債務者が完済できることになります。

実際には、多額の返済額になると言いますが、おまとめローンは総量規制対象外です。ですから、多い金額のキャッシングができるのもまとめローンの考え方です。結局は多額のキャッシングを抱えることになりますが、長期延滞中の最悪のブラックリストを返上することができます。

闇金には行かない

こうして書くと、中小消費者金融のおまとめローンはとても甘いように見えます。もともとは、中小消費者金融は少額キャッシングができることがメリットになります。

おまとめローンの存在がない所もあります。そして、おまとめローンができるのは限定的であり、安定している収入が必要であり、なるべく高い収入とか、ボーナスなどがある正社員などが理想です。

ある中小消費者金融では、個人事業主は対象外になります。ということで、条件がある程度限定になってしまうので、簡単ではないのですが、極甘審査の中小消費者金融であれば可能性あります。しかし、同様の形での闇金もありますので、ここは注意です。おまとめローンがバンバンとできる雰囲気であれば、そこは怪しいでしょう。

長期延滞中のおまとめローンの審査では、なかなか秘密の中の審査になります。ホームページ的には、延滞は審査落ちということが言われています。対外的には延滞遅滞のブラックリストは審査落ちですから。