返済日前に話すと良いかも?

カードローン、キャッシングに関して返済日は絶対です。これを守らなければならないでしょう。消費者金融も銀行カードローンの返済しなければならないものです。

それはわかっているけれど、返済ができない事情もある。延滞している債務者には、理由もあることでしょう。

逃げは卑怯?

遅滞と延滞は債務者の逃げになります。理由をきちんと話すことが必要です。返済日を守らないことを話しをしなければならないのも本当は義務です。それをしないで、返済もしないで逃げてばかりいると、債務者の立場がだんだんと悪くなっていきます。それが延滞であり、その期間が長くなると長期延滞者になります。

金融機関も金融業者も返さないと電話が来ます。どうして返さないかの理由を聞かれるのですが、事前にこちらから返せないのでどうしましょうと相談することで、印象が良くなります。と言っても、信用情報が変わることはありませんが。

返済日前に一報を

審査基準では、延滞中の申込では借入ができないでしょう。債務者は、返せない理由はきちんと告げることが必要です。それにより、メリットがあります。仮に数日返済日から過ぎたとしても、どうして返済ができないかの理由で、あと数ヶ月で返済ができる。

例えば、入院しなければならないことがあり、返済ができなかった。病気だけでなく、事故などで必然的に延滞してしまうことがあります。しかし、ここで仕方ないからほうっておくのではなく、理由を言いましょう。

安定収入があれば、まとめローンができる方がいます。金融会社では、審査基準によっても違うのですが、遅滞はしていないので、これからどうしようという相談です。

まとめローンでは多重債務分だけを借りる事ができます。新規のキャッシングではないので、債務が増えることではなく、今ある多重債務分だったり、債務について、返済負担が軽くなります。

その時に、まとめローンが出来るだけの安定収入があると有利です。たとえ、まとめローンができないとしても、返済ができる範囲内の毎月の返済額が減ることができます。

金融会社としては、契約が変わったとしても毎月の返済額の減額の相談もできます。要は、完済のためなら対応できるということです。無職になって返済ができない場合は、最初は利息だけのわずかの単位の返済でもできます。

その話がスムーズにできるのも遅滞前の金融事故がない状態で行うことです。遅滞延滞後の相談よりは、返済ができない返済日前の電話が有効です。