返済ができない時に行わなくてはならないこと

審査の内容では、消費者金融では申込と信用情報で返済ができる申込であるかを確認します。その時に長期延滞中は、最悪です。

61日以上の遅滞を延滞と言う

延滞の正式の日数は61日か3ヶ月以上です。この差は金融業者によって違うのですが、たいてい2ヶ月程度の遅滞があると延滞となります。長期で大体3ヶ月です。債務者は金融事故として延滞と遅滞に関しては、金融業者も黙っていません。

返済日から1週間程度入金がないと、必ず電話が来ます。申込の時に入力した電話番号です。アイフルなどの大手消費者金融や楽天カードの銀行カードローン、クレジットカード信販系のキャッシングでは、必ず自宅や携帯電話に来ます。そして、時間も考慮して朝早くとか夜遅くにくることは絶対にありません。

いつ返してくれますか?

この電話は取り立てではありません。いたって紳士的です。いつ返してくれますか?何か事情があり返済ができないのですか?こんな質問があり、返済の方法も考えてくれます。

良くあるのが、先に利息だけの返済をしていく。元金は後で支払うことで、負担軽減です。返せることが前提で借りたので、事情が変われば金融業者すべてが、少しでも返済ができるということに対応します。すでにブラックリストの金融事故になっていますが、こうした電話が必ずかかってきます。

居留守を使う人も

確かにしつこい電話で放っておく方もいますが、そうなるとあっという間に61日遅滞の長期延滞中になってしまいます。そうなると、今後の話しが難しいです。

個人信用情報機関の内容としては、話しをしていくうちに早く結論を出さないと延滞の度合いが変わってきます。ですので、返済ができないとわかったら行ってほしいことがあります。それがおまとめローンです。

もたもたしていると長期延滞中になってしまう

こうした返済しない時は、遅滞や延滞はしないようにして下さい。返済ができない時には、おまとめローンの申込をすることです。

金融事故がないことが条件です。ここは難しい審査ですが、長期延滞中になる前に手をうつことができます。返済ができないとしたら、おまとめローンに借り換えをオススメしたいのですが。

この時に中小消費者金融のおまとめローンで甘い審査にすがるというのもありでしょう。とりあえずの提案ですが、ブラックリスト前のおまとめローン。長期延滞中にならないように。返済ができないとしたら、債務整理の手もあります。

返済できないと、金融業者からの電話には即答して下さい。大手消費者金融などでは責められることがなく、どうしてですか?と聞かれて、今後の相談ができます。