中小消費者金融の長期延滞中のおまとめローンとは?

大手消費者金融アイフルや楽天カードなどの多重債務者だとしても、返済ができれば問題はありません。これは、信用情報でも確認したうえで審査が通ることがあります。

個人信用情報機関では、借入と返済の状況が毎回更新されます。金融業者に申込の事実も確認します。それが金融会社で、個人信用情報機関に照会したことも事実として記録します。ですから、申込の時に、過去の申込と審査状況も確認されます。

審査基準の違い

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融などでは審査基準が違います。

ただ、共通している審査基準があります。それが延滞、遅滞だけではなく、長期延滞中の状態ではどの金融業者でも審査に通らないことがあります。甘い審査の中小消費者金融でも、この長期延滞中は借りられないことが多いでしょう。

借入が多い、多重債務者になっている。それだけではなく長期延滞中、そんな時には、審査が困難でしょう。

長期延滞中でおまとめローンの可能性

おまとめローンは、多重債務を1つのローンに借り換えすることです。その時の審査としては、返済ができることが第一条件であり、長期延滞中では信用が低いことになります。甘い審査の中小消費者金融でも長期延滞中では、審査落ちになってしまうことが大きいです。

債務者としては、限度額範囲内の総量規制だけではない。返済額がある、規定の返済日に入金がされていない信用情報では、あなたはここでおまとめローンの申込をしたとしたら、返済はどうするのですか?このときの担当者の対応では、当然難しい顔をすることでしょう。

それでも、まだ手はあると言います。それが、長期延滞中の内容と返済ができるという証明を提出することです。ブラックだけど、安定した収入が継続的に返済ができます。

おまとめローンで、大手消費者金融などの多重債務を完済ができる。おまとめローンの返済が確実にできるのであれば良いだけです。その証明を強くできると自信があるのなら、甘い審査の中小消費者金融や街金などに挑戦してみて下さい。

返済日に今度はきちんと返す。多分返済額が少ない長期延滞中であれば、おまとめローンの可能ができるかもしれません。

多少無責任ですが

多重債務者のおまとめローンの審査は通ることがありますが、長期延滞中はなかなかのものです。実際に、中小消費者金融の担当者が今度は返済ができると保証はありますか?それに100%回答ができたとしたら、借入ができる可能性があります。

金融会社としては、どこまでの許容範囲か?甘い審査にすがるしかないということですが、長期延滞中はどうしてもマイナス要因になります。