ブラック対応の中央リテールの他社延滞中の対応は?

金融事故情報があってもまとめローンができるのが中央リテールです。大手消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠のキャッシングであれば、まとめローン専門業者でのまとめローンがオススメです。

しかし、東京の会社まで来店審査ができることが必要であり、地域限定の消費者金融です。

何かと話題の中央リテール

まずは、ブラックリストでも借りれることです。

普通まとめローンでは総量規制対象外にはなりますが、多すぎる多重債務では、審査落ちです。また、ここの審査通過の条件としては、毎月の負担が大きいことにあります。高い収入が無くては審査に通らないというのも、難しい点です。

しかし、そこまでしてでも話題になるのが、低金利のまとめローンだからです。

大手消費者金融よりも低金利?

中央リテールのまとめローンは、大手消費者金融のまとめローンよりもお得です。すでにブラックリストであるのに、低金利のまとめローンでは完済が早くできる可能性があります。

高い返済負担は確実な完済のためです。毎月7万円超程度の返済ができることが必要ですが、金利は低くなります。今までのブラックリストが一気に返上してしまうのも納得ですが、多重債務完済が魅力です。

もう一つのデメリット

中央リテールの決まりでは、返済中のクレジットとキャッシングを禁止しています。要するに、信用情報に記録がつくような行為ができないので、契約と同時にクレジットカードとキャッシングの解約をすることになります。

無職も低所得も審査落ちになりますが、金融会社としては、とてもユニークであり、ブラックリストで審査通過なら理想的なまとめローンができます。

東京周辺だけ

来店審査必須というのが大きな鍵です。会社に平日に来れる方であり、インターネットや電話で仮審査申し込みのときにはOKだったけれど、本審査では借入ができない場合もあります。

来店審査での審査落ちもあり、ブラックリスト対応の審査ですが内容は多少厳しい点もあります。申し込みでは、地域で振り分けることになります。

他社延滞中の融資は?

なかなか厳しいと言われています。一応6ヶ月以内の延滞遅滞がないこととされていますが、高い収入だったり、月に10万円超の返済可能であれば要相談になります。確実に完済ができる方のも審査に通り、申し込みのときの他社延滞中は大きな痛手です。

しかし、事情を聞きましょうと会社に呼ばれたとしたら、借りれる、融資対象になる場合もあります。正社員であり、退職の見込みがない仕事であれば、有利になりますが。