他社延滞中のまとめローンの可能性?

ブラック対応の中小消費者金融のまとめローンでは、いろいろな審査内容があります。基本的に金融ブラックでも借りれるまとめローンです。

多重債務者の救いの手

まとめローンの利点は、多重債務を1つのローンにすることで、金利が下がって返済額が少なくなることです。1つ1つの借金では高い金利だけど、まとめローンにすると借入が大きくなることで、利息制限法の関係から金利が下がることがあります。それのメリットがあるまとめローンならお得です。

まとめローンのデメリット

多重債務者のままでは返済が大変ですが、選択して債務整理をすることができます。しかし、まとめローンにしてしまうと、それが不可能になります。

また、金利が低いまとめローンでも、長期間の返済になってしまうことになります。というのも、高い金利で短期間と低い金利で長期間というのは、計算上で同じくらいの返済総額になってしまうことがあります。

まとめローンの申し込みのときには、このデメリットも計算して下さい。

他社延滞中のまとめローン

まとめローンでは、多重債務分だけの借入であり、融資と言っても返済専用です。手元にはお金が入りません。しかし、返済ができない債務がある多重債務者で、まとめてしまうことができれば、まとめローンとして完済したことになります。

そこで、甘い審査を利用してまとめローンとして融資をしてもらうことで、他社延滞中でも借りれたら良いかも?と思う方もいます。

審査通過はわからない

この他社延滞中のまとめローン融資については、いろいろな情報が錯綜しています。

街金や中小消費者金融の戦略として、まとめローンでも完済ができる安定収入なら、他社延滞中でもまとめローンの融資を勧誘する場合があります。その時には、上記に挙げたデメリットで債務者は返済が大変になり、金融業者では大きな利益になると言います。

しかし、他社延滞中では、最悪の信用情報になりますが、中小消費者金融でもまとめローンに借り換えができれば、金融業者がなくなります。完済記録が多くなるほど、自身の信用情報的には良い結果になります。

まとめローンではシミュレーションした上での判断が大切ですが、金融事故情報がなくなるまとめローンの提案は、美味しい話しでもあります。

延滞中のまとめローンも厳しいかも?

ただ、この話しはどこの中小消費者金融でも行なわれていることではありません。まとめローンを採用している中小消費者金融は多いですが、他社延滞中とわかって審査落ちしてしまうケースも少なくないです。

また、職業的にも安定収入だけではなく、比較的高い収入や正社員であることが必要な場合があります。