街金でも他社延滞中で融資はできない

ブラックリストとは、信用情報で金融事故情報がある方を指します。正式名称ではなく俗語です。大

手消費者金融の審査に落ちたり債務整理をした方で、信用情報で異動情報が付く行為をした方をブラックリストと言います。

信用情報とは?

個人信用情報のことであり、国内でのクレジットやキャッシングの情報がすべて詰まっています。この信用情報をもとに、キャッシングも各種ローンも審査が行なわれる事になっています。

異動情報とは、各金融機関で返済をしていない、過剰なキャッシングをしているなどの情報を持ち寄ります。借り入れごとに信用情報は更新されていくのですが、申込の時点で最新の情報が審査の対象になります。

そこで、大手消費者金融で審査落ちになったとしても、街金や中小消費者金融では借りれる。審査基準が違うことで、ブラック対応が中小消費者金融ということになります。

他社延滞中の審査は?

異動情報の中で、多重債務者が他社延滞中でブラックブラックとなっている場合、甘い審査の中小消費者金融と街金でも対応はしないでしょう。対応しないというのは、延滞中の異動情報の場合は間違いなく審査落ち対象になります。

カードローンの返済をしていない状態で、中小消費者金融で新たなキャッシングをしたいときには、ローンが組めないし新規申し込みができないことになります。アコムの支払いをしていない状態での、中小消費者金融の借り入れができないようです。

キャッシングだけではなく、住宅ローンの支払い、銀行カードローンの楽天カードの支払い、携帯電話のクレジット部分の支払いでも同様です。ローン審査で他社延滞中での融資は多分できないことなので、信用情報での最悪の事態ということになります。

大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融でも借り入れができないことで、これは闇金しかない?との口コミもあります。絶対に冗談で終わってしてほしいことです。

闇金なら借りれるの?

他社延滞中の融資では、闇金では信用情報は審査をしません。ということは、個人情報だけの申告で借りれることがありますが、これはキャッシングなどではなく、恐喝まがいの借り入れであり、後で後悔してしまうことになります。

借入は絶対に審査に通らない他社延滞中の場合であり、個人情報のブラック情報も限定されたものでなければ、キャッシングそのものはできないと思って下さい。他社延滞中で融資できるのは、闇金しかないですし、この行為はしてはならないことです。