甘い審査でも他社延滞中の審査はNG

消費者金融の中でも、金融事故があっても借りれる甘い審査のところがあります。それが、中小消費者金融だったり街金などです。

甘い審査の内容

一口に甘い審査と言っても、その幅は広いです。甘い審査でも、少しだけ甘い、ものすごく甘いでもその差があります。

審査が甘いのは、大手消費者金融や銀行カードローンを基準としていて、あくまでも貸金業法の範囲内であり、無茶な借り方はできないとされています。ただし、実際の審査は申し込み後に秘密裏に行なわれるものであり、口コミなどでは結果だけが報告されています。

ということで、甘い審査では申し込みの入り口として、大手消費者金融や銀行カードローンで借りられない方も、借りれることがあると考えて下さい。

審査だから個人信用情報の内容は必ず確認される

審査とは、申し込みの内容と信用情報を確認の上、本人からの話も必ず聞きます。

大手消費者金融ではない審査が存在しています。その対応も中小消費者金融それぞれであり、どんなことをどの程度聞くのかは違います。信用情報の内容によっても、聞く事柄が違うのが特徴です。

延滞中の審査

多くの中小消費者金融や街金でも延滞中の申し込みに関しては、審査落ちになると思ったほうが良いでしょう。

信用情報の中で、他社延滞中は確認ができます。もちろんそのことで聞かれることもありますが、何も聞かずに延滞中だから審査落ちになることもあります。そこで、自分は延滞中だけど、他社の借り入れと合わせてまとめローンをしたいということも可能です。

多重債務者にとっては、おまとめローンができれば、借入額派大きくなりますが、金利が多少低くなることがあります。それ狙いですが、延滞中のおまとめの申し込みに関しては、どの中小消費者金融も慎重です。

新規キャッシングはもちろん審査落ちになる可能性が高いのですが、全ての借り入れを1本にして、確実に完済をしますということが宣言できるのは、中小消費者金融のメリットです。

中小消費者金融A社での見解

他社延滞中の申込者が、A社でのおまとめローンの申込をしたときの話です。

冗談じゃない、すでに返済ができていないのに、これからのおまとめローンの返済も信用ができない。おまとめローンをしたかったら、この延滞中の借り入れの返済してから、出直してくれ、と言われたといいます。

ブラック対応のA社ですが、この回答には2つの意味があります。

こう言われて返済をする努力

確かに延滞中の審査は甘いとしても対応できないといいます。改めて返済をしたのなら、申込を受け付けようという意味です。その方法はどうだって良いのです。甘い審査の中小消費者金融に促されて返済したのなら、信用度が高まります。

もう一つは最初から相手にしていない

延滞している部分の返済をしたとしても、直近で延滞している事実があれば、借り入れができないという金融会社の考えです。出直すと言っても、しばらく期間を置かないとずっと審査落ちということです。

この中小消費者金融の対応ですが、圧倒的に後者の対応が多いといいます。すなわち延滞中のおまとめローンの申込では、借りられないということです。

大手消費者金融では延滞中はおまとめローンもNG

大手消費者金融での審査落ちの原因として他社延滞中の申込があります。すでにカードローンを持っている方もATMでの引き出しができません。

他社延滞中ということは、多重債務者になります。その大手消費者金融の返済をしていたとしても、他社の返済ができていないことは、信用情報で確認されます。この信用情報の確認は、申込のときだけではなく常に行なわれていると思って下さい。

金融業者の審査ポイント

それが個人信用情報機関の記録といっても良いでしょう。

国内に3つの個人信用情報機関があります。主に、キャッシング系、信販系、銀行系に分かれていますが、大手消費者金融などでは、全ての個人信用情報機関に加盟しています。他に2つや1つしか加盟していないとしても、信用情報の内容派共有されています。

ということで、他社延滞中が、キャッシングだけではなく、クレジットカードの支払いや分割払いの商品でも、審査に通らないとか、カードローンでの利用ができないとされています。ほぼ銀行カードローンでも同様です。

携帯電話会社で新機種のクレジットが審査落ち

結果的にこういう審査落ちもあります。他社延滞中は、すべてのキャッシングやクレジットの審査に通らない原因になってしまいます。ですから、キャッシングのときも延滞中の返済のために借りることはできないと思って下さい。

大手消費者金融などでは、延滞に関しては常に監視をしていると言っても禍根ではありません。金融機関の支払い1つしていない場合でも敏感に反応をします。

延滞の理由を告げたい

そんなときには、インターネット申込ではなく、電話や来店での申込をする方法もあります。

ただし、多くの場合どんな場合でも延滞の理由を聞き入れてくれる大手消費者金融はないと言っても良いでしょう。返済をしてから相談に来て下さいと言われるだけです。

しかも、今日返済をした明日にATMで借りたいと言っても、すぐに反映されないです。延滞は金融事故の中でも極めて厳しいことであり、遅滞延滞に関しては、1度起こしてしまったら、その後のキャッシングが困難になります。

甘い審査ではどう判断する?

大手消費者金融でキャッシングができないのなら甘い審査の金融会社もあります。こちらの対応もほぼ大手と同じです。

審査基準は全体的に低いですが、他社延滞中だったり総量規制以上の申込では、大手消費者金融も中小消費者金融も同じ審査になってしまいます。ですから、他社延滞中では金融業者全体からの締め出しということになります。

審査がある金融会社での対応であり、総量規制対象外のおまとめローン、銀行カードローンに関しても延滞している人に貸すというのは、返済できない人に対しての借金です。大手消費者金融が基準となる審査としても、他社延滞中派借り入れができないと思って下さい。

闇金以外のキャッシングができないのが、他社延滞中の多重債務者です。闇金は信用情報の確認がないので、審査はありません。

他社延滞中のおまとめローンOKですよと言われたら

おまとめローンとは、多重債務者が持っている債務を1つのローンにまとめることです。A社、B社、C社の借り入れをD社のおまとめローンに集約をします。このときに年収3分の一の総量規制以上になったとしても、借り入れができます。

消費者金融の商品ですが、総量規制対象外になり、ブラックリストにはなりません。また、D社での借り入れが大きくなれば、金利が大きく下がることがおまとめローンの最大のメリットです。

おまとめローンはGOODとは限らない

多重債務者は返済もあちこちにしなくてはならないですし、少額の借り入れでは金利も高めだったりします。

おまとめローンで多額の総量規制対象外の借り入れになれば全体の金利が下がって、多重債務以上のメリットは大きいでしょう。返済額が減ることで、各社のホームページでも毎月の返済がこんなに減ると紹介されています。

ただし、デメリットもあります。多額のおまとめローンで金利は下がりますが、返済期間が長くなれば、結果的に返済額は変わらない。全体にならしたのなら、単に多額のキャッシングというだけです。そして、1社に集中してしまうことで、途中の債務整理等も困難です。

多重債務の状態なら、それぞれの任意整理等の選択ができます。最も、債務整理が必要な場合のおまとめローンの検討はしないほうが良いですが。

甘い審査の中小消費者金融でのおまとめローン

ここで審査の差が出ます。大手消費者金融での新規キャッシングができない多重債務では、甘い審査の中小消費者金融での新規キャッシングかおまとめローンが頭をよぎります。18%から15%の金利は確実に下がりますが、その時に審査と返済シミュレーションを確認して下さい。

中小消費者金融のおまとめローンの返済期間は10年とある場合が多いです。これは、低金利で毎月の返済負担が小さいと言っても、返済期間を長期化することで、継続した返済と金利収益を目的としています。

それでも安定収入の方には、中小消費者金融の方からおまとめローンの提案があります。この時に、半ば強制的な契約であれば注意が必要ですが、まれに他社延滞中の方にも声がかかります。

他社延滞中というのは、大手消費者金融も中小消費者金融もどんなキャッシングもできないのです。それなのにここでおまとめローンが可能と言われることがあります。

ブラックリストにとっては女神?悪魔?

単純に考えると他社延滞中なのに、おまとめローンができるのは嬉しいことです。

新規キャッシングではないおまとめローンでは、現金は手にできないのですが、金利が低いキャッシングになる。とりあえず延滞中は解消される。信用情報では、金融事故もなくなるとのメリットがあります。

ところが、中小消費者金融のおまとめローンの悪魔というのは、わざとに低い金額の返済(これはありがたい)に設定をしますが、繰り上げ返済の禁止だったり、10年間と決めた返済期間派厳守になります。おまとめローンでは返済額が大きいと金利が低くなったとしても、総返済額が大きく、中小消費者金融としてずっと返済をしてもらえる計算になります。

おまとめローンは安定収入の方が大原則ですが、それは継続的な返済目的であり、結果的に大きな借金を背負うことになります。他社延滞中でおまとめローン借入OKの場合は、繰り上げ返済ができることを確認して下さい。

早期の完済を促す中小消費者金融であれば、他社延滞中のおまとめローンはオススメです。

来店審査でおまとめローンを獲得する方法

審査基準が甘い中小消費者金融の多くは、返済能力があるブラックリストに対してのキャッシングも受け付けています。

この場合、金融事故の内容としては、多重債務者、債務整理者などであり、延滞中のブラックリストに関しては借入ができない場合があります。

来店審査の中小消費者金融に行ってみる

現在は、中小消費者金融の多くはインターネットで申込ができます。遠隔地でも、インターネットでの申込で審査もそのまま実行ができますが、来店して審査ができる中小消費者金融も数多いです。

実際に金融会社に行くことのメリットとしては、審査が早い、話を聞いてくれる、電話等がないので、こちらの都合で審査をしてもらえる。そして、審査通過で振込などではなく、その場での現金での借入ができます。

中小消費者金融の多くがローンカードがありませんので、来店審査は特にオススメです。ただし、平日の昼間という時間限定も多いですが、土曜日営業の中小消費者金融も存在しています。

来店審査で借りやすい人

それが他社延滞中のブラックリストです。多重債務者で、どうしてもこの先の返済も不安である。他社延滞中だけど、ここでおまとめローンの提案をしたいなどを直接言うことができるのか、来店審査のメリットです。

審査では、あなたは延滞中なので、審査に通らないと言われるでしょう。そこでちょっと待った、を言うことができます。それには、延滞中の正当な理由とこうして返済ができることを証明死ななければならないです。

A社、B社、C社の借入がある多重債務者で、全ての返済額であと少しの金利が下がると絶対に返済ができる。今回は、「たまたま」返済ができないだけということを強くアピールすることができます。この方法では、成功率は中小消費者金融の担当者の寛容な心と営業マンばりの口の旨さが必要です。

しかし、正社員、勤続年数が長い等の職歴だったり、他社延滞の状態が今だけの場合はなんとか借りれることがあります。ここは頑張って、ということしか言えないですが。たいていは他社延滞中では借入ができないでしょう。来店審査で力説というのがポイントです。

極甘審査を狙え

口コミですが、極甘審査の中小消費者金融では、やばい信用情報でも保証人がいれば貸すとか、延滞中だけどすぐにおまとめローンの受け付けをすると言います。ただし、申込者の借金が返済可能な金額であり、金融ブラックだとしても、過去にも同じ延滞をしていない等の必要があります。

金融業者としては、甘い審査ではブラックリストでも完済をしてくれるのなら、キャッシングができます。たまたまの他社延滞でこれからの完済が確約できれば、対応は良いはずです。

いっそのこと債務整理をしたら?

そう言われることもありますが、そこは自己判断です。一応、債務整理者でも借りれる中小消費者金融は多いです。

延滞したのなら債務整理が妥当

他社延滞中での新規キャッシングもおまとめローンも、申込は止めましょう。

大手消費者金融の多重債務者、銀行カードローンの借入もある。他社延滞中の時点であなたはブラックリストです。延滞とは数日では無く、1ヶ月以上の返済をしていない状態であり、どんな審査も通らないと考えて良いでしょう。

延滞中の金融事故は最も悪い内容と認識されます。甘い審査の中小消費者金融でも延滞中の文字では、借りられない可能性が大きいです。途中で延滞されたら困りますので。

A社はもうすぐ完済

多重債務では、完済時期が異なります。

例えば、他社延滞も1社だけで完済まじかなものはきちんと支払いをしている場合も多いです。こんなときにも信用情報では、延滞中の金融事故があります。そこで、債務整理を検討しましょう。

A社がもうすぐ完済なら、そこは返済を続けて、他のB社等任意整理をすることです。任意整理とは、将来の利息カットで元本だけの返済で3年間程度で完済予定の内容になります。

多重申し込み者の前に

多重債務では1つで任意整理をするだけで返済内容が変わります。おまとめローンではなく、任意整理をすると選択して返済を楽にすることかできます。

おまとめローンの提案としては消費者金融系のキャッシングができますが、銀行カードローンのおまとめローンはできません。そこで、大手消費者金融だけのおまとめローンで、銀行カードローンだけは任意整理をする等の提案もあります。

自己破産などは、この選択ができずにすべての債務整理になります。その方がスッキリしてしまいますが。

延滞中になったら

信用情報的には良い影響がありません。延滞してしまい、返済ができない借金があるのなら、おまとめローンの審査も困難です。

そして、仮におまとめローンできたとしたら、今度は債務整理が困難になります。ということで、理由はどうあれ他社延滞中の借金があるときは、債務整理をして出直して下さい。

債務整理者のキャッシング

甘い審査の中小消費者金融では、任意整理者、自己破産者の借入は受け付けをしています。

ということで、多重債務で返済ができないときには、減額をしたり、自己破産で借金ゼロになりましょう。その時点でキャッシングの必要がないのなら、それがベストです。他社延滞中の信用情報はできれば、記録されないほうがこの先のキャッシングや各種ローンの審査にも良いことです。

金融業者の判断としては、多重債務者だとしても延滞していないことが良い申込者だと判断をしています。他社延滞してしまう前の債務整理もオススメであり、弁護士や司法書士では無料の債務相談も受け付けています。