他社延滞中となると何がまずい?


延滞あるいは滞納というのは、お金の貸し借りの中でも最もまずい自体と言えます。というのも、明らかに契約不履行となるからです。

どのようなお金の貸し借りの契約書の中にも、必ず返済期日を守ることと書かれています。期日までに返済がない場合は、延滞あるいは滞納として、延滞遅延金を支払う事となっているのです。

それだと、延滞遅延金さえ支払ったら、問題がないのか?ということになるのですが、そんなことはありません。もちろん借金は返済しなくてはいけないのですから、返済しないとなるとペナルティがあります。

そのペナルティは、延滞損害金を支払うだけではないのです。延滞すると、信用がなくなります。信用をなくすというのは、社会生活を送るうえでもかなり致命的です。信用というのは目に見えませんから、特にどうしたことにもならないと思いがちです。

しかしながら、新たに借入れをしようと思ったときに、延滞したことが大きな重しとなって、のしかかってくるのです。お金は天下の回りものといいますが、延滞をすることでお金の流れを自ら止めてしまったのですから、それなりの社会的制裁を受けなくてはいけません。

どういった制裁かというと、延滞したという事実が信用情報機関に記録されることになります。その延滞したと言う情報は、銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者などが照会することができるのです。

どのようなときに照会するのかというと、新たな借入れの申込みがあった場合に、申込者の信用情報を信用情報機関に照会するのです。そのときに、延滞があったということがわかると、その時点で審査落ちということになるのです。

延滞では、うっかり口座にお金を入れ忘れていたというのと、まったくお金がなくて用意できなかったということで、それぞれ事情は違っても延滞したという事実に変わりはありません。うっかりミスでも延滞は延滞ですから、場合によっては情状されることもあるかもしれません。

しかし、機械的に処理される現行システムのなかでは、うっかりミスといったヒューマンエラーはしないほうがいいので、十分に気をつけなくてはいけません。他社延滞中となると、返済していないということになります。延滞でもきちんと返済したら、多少信用情報に傷がついても借入れを続けることはできます。

しかし、延滞がずっと続いて返済しなければ、そのまま債務整理、場合によっては自己破産となり、金融事故情報が信用情報機関に記録されることになります。これがいわゆるブラックですね。

延滞すると何がマズイというと、新たな借入れができないことです。これは当然のことで、信用が失墜しているのですから、お金を返済しない人に新たにお金を融資する金融機関も貸金業者もいないということですね。

延滞中でも貸してくれるところがある?


借金となると、カードローンが人気です。カードローンは、銀行などの金融会社だけではなく、消費者金融会社などの貸金業者も取り扱っています。とは言っても、お金を借りるなら銀行という認識が強いだけなのです。

カードローンの取扱は、消費者金融会社のほうがずいぶん先です。イメージ的に、消費者金融会社はいまだに借金という分野では、銀行よりも不利な部分があるのも事実です。

そして、カードローンなどから借入れをして、もっとも気をつけなくてはいけないのが、延滞や滞納です。契約書にも記載されていることですから、当然のことです。

支払日に支払いを行わないということは、契約不履行ですから信用も失墜してしまうのです。信用が失墜してしまうと、新しく借入れをすることができなくなります。

それでも、借入れをしなくてはいけないというときは、どうしたらいいのでしょうか。延滞中の人でもお金を貸してくれるところを探すことになるのです。そういったときに、ネットの情報が役に立ちます。

口コミサイトなどでは、延滞中でもここなら貸してくれたといった書き込みもあります。全てを鵜呑みにすることは出来ないかもしれませんが、困っているときは参考にしてもいいでしょう。むしろ、貸してくれるところを探しているのですから、どんな情報でもしっかりと調査して自分で行動しなければいけません。

それでも、中にはお金に困っている人に近づいて、お金を融通しようという業者も近づいてきます。その多くは、闇金と呼ばれる違法業者ですから、そういった業者からお金を借りてはいけません。

中には、背に腹は変えられないから、闇金から借りるという人もいるでしょう。少額でしたらなんとかなるかもしれません。ですが、何十万や何百万というお金を借りたら、恐らくそこから立ち直ることはできないでしょう。

法律を最初から守っていない業者ですから、自己破産や債務整理という逃げ場はありません。法律で保護してくれることもありません。ですので、延滞中でお金を貸してくれるところを探しているときでも、旨い話には乗らないようにしなくてはいけません。

他社延滞を繰り返すとどうなる?


他社延滞を繰り返すと、どうなるのでしょうか?延滞しても返済すればいいのでは?と、思う人もいると思います。しかし、延滞したという事実は変わらないので、延滞して返済と延滞中というのは、同じように考えてもいいでしょう。

返済しているのに、延滞中で返済できていないのと、状況が同等というのは理解できない人も多いと思います。しかし、延滞そのものが悪いということを理解しなくてはいけません。ですから、他社延滞をして返済するということを繰り返していると、かなり信用度は落ちていることでしょう。そうなると、借入れはできなくなってくるのです。

普通でしたら、他社延滞をしないために返済のための借入れをする人が多いです。それくらい、延滞はしてはいけないということですね。それすらもできなくて延滞しているということは、すでに銀行や消費者金融会社から借入れができていないことが考えられるのです。

このことから、他社延滞中という人はすでに多重債務に陥ってる可能性も考えられます。3社程度の借入れでしたら、おまとめローンを利用することも考えられます。それ以上の貸金業者から借入れをしている場合は、おまとめローンなどの利用もできないでしょう。信用度が、著しく落ちているからです。

アコムやアイフル、プロミスといった大手消費者金融会社なら、頼ることができるという人もいることでしょう。しかし、他社借入れが多く多重債務となっていたら、大手消費者金融会社からお金を借りることはできないでしょう。

ましてや、他社借入れがあって、それを延滞中ということでしたら、個人信用情報機関に照会したら延滞していることがわかるので、大手消費者金融会社からの借入れはできません。

また、なんとかして返済しなければと思う人は、クレジットカードのキャッシングも利用して、その利用限度額一杯まで借りている人もいるでしょう。その返済も重くのしかかってくると、クレジットカードの返済も滞納することになります。

クレジットカード会社への延滞も、貸金業者や金融機関への延滞も同じことです。そしてさらに、信用度が落ちる結果となるのです。行き着く先は返済不能となって、債務整理あるいは自己破産ということになるでしょう。

延滞をせずに何とかお金を工面して返済することで、信用に傷が付くことを回避することができます。そうしたほうが信用は落ちませんし、誰もが信用を落とさないために無理をしてでも、借金を繰り返してしまうのです。

最終的には、どこからも借りることができなくて、返済不能となってしまいます。借金の返済のために借金をするようになるのが、ある意味ターニングポイントになると思ってもいいでしょう。

借入れができない場合は…


現在、借りているカードローンの融資可能限度額の増枠申請をしてみましょう。

但し、増枠申請にも審査が必要です。そのカードローンが延滞中であれば、恐らく審査落ちとなるでしょう。ですから、延滞していないカードローンで増枠申請をしたらいいのです。

ですが、他社延滞の情報が信用情報機関に記録されているので、それを照会されたらおそらくその時点で審査落ちになると思います。それでもダメ元で融資可能限度額の増枠申請をしてみましょう。

たとえば、100万円の融資限度額でしたら、これを50万円の増枠申請をして融資限度額を150万円にしてもらうのです。これは他社で50万円の融資を受けるのと同じことですから、新たに50万円の融資を受けることができるのです。

もっとも、他社延滞をしている真っ最中ですから、申し込みをしても審査に通る可能性はかなり低いです。それでも、新たな借り入れの申込みをするよりも借りやすいかもしれません。

頼りになるのは街金


消費者金融会社に数多く申し込みをして審査落ちをしていると、申込みブラックとなって何度申し込んでも審査に通ることはないでしょう。特に、他社延滞中ということでしたら、大手消費者金融会社の審査は通らないと思います。

電話相談なども受け付けている消費者金融会社でも相談には乗ってくれますが、融資の申込みをしてもやんわりと断られます。

審査に落ちるとその理由を知りたいのですが、審査基準は非公開ですから教えてくれるところもありません。全国対応している消費者金融会社は何かと便利なのですが、大手だけに貸してくれるところはないと思ったほうがいいです。

そうなると頼りになるのが、街金と呼ばれる消費者金融会社です。街金は小規模ですから、店舗も一つというところが多いです。それでも、中には住所がはっきりしていて、電話連絡が確実にとれる人でしたら、全国対応で融資をしてくれるところもあります。

また、信用情報機関に照会することなく、独自審査をしている街金が多いですから、他社延滞中であっても審査に通る可能性は高くなるのです。そういった街金は、申込者が多重債務者あるいは他社延滞中であっても、それがわかりません。ということは、新しく融資を受けることも可能となるのです。

実際に、本人の現在の属性だけで審査するようになります。つまり、多重債務や他社延滞中などは関係なく独自審査が行われて、うまくいけば借入れができるということですね。