他社から延滞している人はなぜキャッシングしにくいのか

他社のご利用を延滞している人は、新たなキャッシングの審査に通りにくいですよね。

なぜ他社の延滞をしていたら、新たな借金が難しいのかポイントをご紹介していきます。

他社からの延滞している人はなぜキャッシングが難しいのか?

他社からのご利用を延滞している人は、新たなキャッシングが難しいです。その理由は、ブラック状態だからです。

延滞というのは、一般的に61日以上または3ヶ月以上返済が遅れると、延滞扱いとなってしまいます。延滞は金融事故ですので、信用情報機関に登録されてしまいます。いわゆる、ブラックリストに載っているっていう状態です。3ヶ月程度の返済遅れを遅延といい、それ以上が延滞となります。

個人信用情報に載ってしまうと、金融会社や他の金融機関も信用情報として閲覧できます。消費者金融会社だけではなく、銀行や信販会社、クレジット会社にも延滞している情報というのは筒抜け状態となってしまいます。

個人信用情報に延滞が記載されているうちは審査に通らないのか

個人信用情報に延滞が記載されると、遅延解除から5年間掲載されてしまいます。

一般的に、個人信用情報に延滞情報が記載している間は、審査の対象とはなりません。銀行や大手消費者金融の場合は、全て審査の対象外です。

ただし、中小の消費者金融には審査への柔軟さがあり、ほとんどの場合遅延の記載後1年以上経っている場合は、審査の対象としてくれます。その理由は、1年も経過していれば返済能力に問題はないだろうと判断してもらえるからです。

また、規模の小さい消費者金融であれば、今現在延滞していなければ審査の対象とする業者も多くあります。もしも、延滞状態が改善できるのであれば、小規模の消費者金融や街金の審査を受けると、審査に通る可能性も考えられます。

延滞は金融業者が想像以上に嫌うポイント

延滞というのは、金融業者が嫌うポイントです。その理由は、他社の返済すらまともにできないのに、新たに貸してあげてもきちんと返済できるのか?と、思われてしまうからです。

確かに、他社でまともに返済期日を守れない人が、新たに貸してあげた分だけまともに返済をしてくれるわけがないですよね。たかが延滞と思うかもしれませんが、消費者金融側のイメージはグっと下がってしまいます。

遅延はブラックではないの?

延滞と似たような名称に、遅延という言葉があります。遅延は、一般的に2ヶ月以内の返済の遅れの状態を指します。金融業者によっては遅延の期間が短い場合もありますので、注意が必要です。

遅延というのは、個人信用情報には掲載されません。その理由は、遅延というのは金融業者の社内での内部情報としてとどめるからです。遅延してしまった消費者金融の社内の情報としては残りますが、その社内だけの情報なので他社に伝わることはありません。

ただし、金融業者によっては、長期の遅延や遅延の回数が多い場合は、個人信用情報に掲載してしまう場合もあります。あくまで、各金融会社の判断となります。そのため、少しの遅延だからと安心してはいけません。

延滞を続けていると強制解約も

延滞を続けていると、強制解約になってしまうこともあります。強制解約になったことは個人信用情報にも掲載されてしまいますので、他の消費者金融会社もその情報を目にすることができます。

新たに他社でキャッシングをしたいどころか、今まで使えた金融業者が強制解約になってしまい、その流れで他のご利用している金融業者も解約になってしまうこともあります。

支払いができないから延滞してしまうのだと思いますが、延滞というのは信用を大きく下げてしまいます。延滞は長く続けず、できるだけ早く改善するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
延滞状態では、新しくキャッシングしにくいことがよくわかったと思います。とにかく、延滞という状態は良くありません。なるべく早く延滞を改善して、キャッシングの審査の対象となりやすい状態になりましょう。