他社から延滞していてキャッシングしたい時は街金

他社から延滞していてキャッシングしたい時は、街金に目を向けてみましょう。街金なら、審査に優遇してくれる可能性があるかもしれません。

他社から延滞していてキャッシングしたい時に、街金がオススメの理由をまとめてみました。

他社から延滞していてキャッシングしたい時は街金

他の金融機関のご利用を延滞していて他にキャッシングしたい場合は、街金なら可能性があるかもしれませんよ。

街金は、金融機関の中でも小さい金融業者です。小さい企業ですので、あまり情報もなく不安に思うかもしれません。街金は金融業者としての規模が小さいだけであって、正規の金融業者です。そのため、安心してご利用することができます。

街金は小さい企業ですので、審査の基準が低く柔軟です。ちょっとした金融事故の人でも審査の対象にすることがあるので、他社から延滞している人でも街金なら、融資に繋げることができる可能性が高くなります。

街金の審査は本当に甘いのか

気になるのは、街金の審査は本当に甘いのか?ですよね。街金の口コミをチェックしてみると、他社延滞でもご利用できたという声も見かけることがあります。そのため、可能性がないとはいえないのです。

街金の審査では自社審査を取り入れているので、大手消費者金融や銀行カードローンのような自動審査を取り入れていません。大手消費者金融や銀行カードローンは、延滞や遅延があれば真っ先に落ちる仕組みとなります。

しかし、街金はその会社独自の目線での審査を行うので、遅延や延滞があっても他に支払い能力があると判断してもらえれば、審査の対象としてもらえることがあるのです。

街金は人柄なども審査の対象となることがある

街金の中には対面与信といって、店舗に直接出向いて面と向かって審査を行う方法を取り入れている場合があります。

対面での審査の場合は、見た目などの人柄重視で審査をする場合もあります。そのため、遅延や延滞などの良くない情報があっても、見た目がプラスされることで審査に通ることもあるのです。対面与信の場合は、身だしなみをきちんとして審査を受けるようにしましょう。

また、電話での受け答えも、審査の対象とする場合もあります。電話できちんとした受け答えができる人はその部分も審査の対象となります。スムーズに答えて、電話のオペレーターさんに好印象を与えるようにしましょう。

言葉が詰まると印象が悪くなってしまうので、話すことを事前に予想して、メモに取ったものを目の前にしてお話をするといいですよ。

使用目的の理由に気を付ける

他社から延滞していてキャッシングしたい人の融資目的は、返済に充てることですよね。でも、それを正直に伝えてはいけません。借入れの理由が他社への返済なんて、そんな人に融資してあげたら100%返済してもらえないと判断されるからです。

他社への返済がキャッシング目的であっても、旅行や冠婚葬祭など無難な理由を使用目的として伝えるようにしましょう。

嘘の報告は絶対にしない

他社から延滞していて、キャッシングしたい時は多重債務者の人が多くいます。そのため、他社からの借金額や件数に対して嘘をついてしまう人も少なくないようです。

確かに、少ない他社借入れ件数や金額を言った方が審査に通りやすい気がしますよね。でも、金融業者というのは嘘を1番嫌います。嘘がある時点で審査の対象とはしません。

街金も他の消費者金融と同様に、審査の際には個人信用情報を閲覧して他社のご利用状況を調べます。そのため、嘘をついてもすぐにバレてしまうのです。ですから、絶対に嘘の内容は伝えないようにしましょう。

他社からの借入状況を正直に話して、その上で、審査を受けるようにしましょう。遅延や延滞があっても、多少の悪さでしたら審査の対象としてくれることも十分期待できます。

いかがでしたでしょうか。
他社から延滞していてキャッシングしたい時は、街金のご利用を検討してみましょう。もちろん、延滞や遅延をしているので、審査は厳しいと思います。しかし、金融機関では1番規模が小さい金融業者なので、申し込んでみる価値は十分にあると思います。