他社から延滞している時はどこからキャッシングすべき?

他社の支払いに遅れがある場合、新規のキャッシングの審査に通らない場合があります。

そんな時オススメなのが、中小消費者金融会社です。中小消費者金融をオススメできる理由をご紹介します。

他社の延滞がある人は大手では厳しい

他社の遅延や延滞がある人は、大手消費者金融や銀行カードローンの審査は厳しいです。そんな人は、中小規模の金融機関がオススメとなります。

特に目を向けてほしいのが、小規模の金融業者です。大手以外の消費者金融はCMなどの広告に力を入れていないため、知名度があまりありません。そのため、幅広い利用客を増やすために、様々な努力をしています。

自己破産している人や任意整理をしている人、過去に債務整理をした人でも、どこかに返済能力があれば融資してもらえる可能性があります。遅延や延滞がある場合は、なぜ、そうなっているのかを判断して、返済能力があるのかを審査します。

地元に密着している消費者金融に目を向けてみよう

審査が柔軟な傾向があるのが、地元に密着している、規模が小さい消費者金融です。このような消費者金融は、地元の人に優遇して審査をする傾向があります。

少し条件が良くないお客さまにも、どこか融資ができる要素がないのか探してくれて、少しでも返済能力が見込める場合は融資してくれることもあります。遅延や延滞のことも考慮してくれ、あまりひどくない場合は審査の対象としてくれることも期待できます。

対面与信の消費者金融の場合は審査が柔軟な場合もあります

地元密着の規模が小さい消費者金融業者の中には、対面与信という店舗で面と向かって審査を行う消費者金融もあります。

このように、面と向かって審査を行う消費者金融は、申し込み者の人柄や雰囲気も加えて審査をしてもらえる傾向があります。他社で審査落ちした人でも審査に通る傾向があるので、オススメです。

対面与信の場合は、融資実行となった場合その場で手渡し融資してくれることもあり、銀行の営業時間を気にせず即日融資となることも多くあります。他社を遅延してまでお金を借りたい人には、うれしい条件ですよね。

小規模の金融業者には闇金も紛れているので注意

小規模の金融業者のほとんどが正規の消費者金融ですが、事業登録をしていない闇金と呼ばれる非正規業者も含まれています。闇金は違法な存在であり、営業活動も不法なやりかたで行っていることが多く、金利設定や脅迫的なことまで、ひどい状態です。

闇金業者と正規の消費者金融の違いは、貸金業の許可を持っていることです。小規模の消費者金融をご利用する場合は、ホームページに記載ある貸金業の許可番号を必ず確認するようにしましょう。ホームページのトップページに貸金業の許可番号が書かれている場合は、正規の消費者金融です。

返済が見込めない人は小規模でも審査に通りにくい

小規模の消費者金融は審査に柔軟ですが、誰もが審査に通るという訳ではありません。返済が見込めない人は、審査落ちしてしまうこともあります。

融資をする側は、返済能力がある人にしかお金を貸しません。そのため、他社から遅延や延滞をしていても、返済能力が少しでもなくてはいけません。審査通過が気になる場合は、前もって電話で相談をしてから申し込むといいですよ。

いかがでしたでしょうか。
他の金融会社から返済遅延や延滞している人でも、小規模の消費者金融であればキャッシングできる可能性もないとはいえません。しかし、100%融資を受けることができるかというと、そうではありません。

可能性として申し込みをしてみて、キャッシングができるかどうかチャレンジしてみるといいですよ。