おまとめローンと審査落ち 実は厳しい審査内容

おまとめローンも返済負担比率が高いと審査落ちです。収入が低い方などは、多重債務の解消としておまとめローン申込をしたとしても、なかなか審査通過ができないのは返済負担率の問題です。

審査基準として、借入件数が多いなどの理由もありますが、要は完済できないからだと言うことでしょう。フリーローンより細かな審査基準は厳しくなっています。

おまとめローンと債務整理

返済ができないことで、おまとめローンの申込を検討する方も多いです。キャッシング審査でフリーローンができないから、おまとめローンにするというのですが、これは無理な話しです。

審査が厳しいだけではなく、借金延滞などの金融事故情報があると、ブラック要因は審査落ちの原因です。信用情報を確認とありますが、延滞は特に半年以内の内容を確認されますが、その他信用情報の金融事故に関しては、審査通過は見込めないことでしょう。

おまとめローンと返済額

おまとめローンは金利が低いですから、月々返済額は小さくなることが多いです。しかし、キャッシング額が多くなることで、返済期間が長期化になることが多いです。

年間返済額も低金利な分少なくなるのですが、それが1年延び、2年延びすることで、返済額の負担は大きくなることがあります。1回の返済額が小さくなるので、返済総額が増えた感覚はないのですが、実は多く支払いをしていることがあります。

考えようですが、おまとめローンの契約をした時に月々返済額が大きく減額されることで安心をしたり、キャッシングの必要がなくなったことでしょう。その恩恵と考えるのなら、多少多くなっても仕方のないことです。

借入残高が多いと負担は大きくなります。低金利と言っても極端に低いわけではないのです。

借金延滞したのなら

返済額が減少するおまとめローン審査に落ちたのなら、債務整理しかないでしょう。延滞が1度きりで継続性がないのなら良いのですが、今後継続しそうだったり、遅延損害金を何度も支払うようでは、今後のキャッシング契約はできないことでしょう。

おまとめローンと債務整理は内容が全く違いますが、延滞のし始めがポイントだと言われています。新規キャッシングの審査に落ちた時点で、おまとめローンに行くのではなく債務整理をした方が良い方がおいのも確かです。

金融事故としての何度も延滞があれば審査落ちの可能性もゼロではないでしょう。この場合は、債務整理しかないといます。任意整理は利息カットで時間的も早く解決することができます。