金融会社のそれぞれの審査基準

金融機関では、多重債務の内容を他社借入金額と借入件数から判断をします。

銀行カードローンや大手消費者金融では3社が限界、中小消費者金融で4件程度です。借入金額は消費者金融は総量規制範囲内です。

おまとめローンの内容

おまとめローンは、多重債務を1つのローンに借り換えをします。それぞれ金融業者で定める多重債務の借入件数が元になって審査をします。ですから、銀行カードローンで4社の多重債務者は審査落ちになる可能性は大きいです。

借入金額が対した内容で花としても件数で審査落ちです。金額は返済負担率での計算として、年収800万円の方の年間返済額が200万円の場合25%です。この返済負担率が30%程度行くことで、審査が厳しくなっていきます。

借入件数も借入金額も両方の審査内容が大きなターゲットとなることから、キャッシングの元担当者が明かすのは、おまとめローンの審査にすんなり通る方はとても少ないとのことです。

借入件数が多くてもダメですし、金額も返済できないからおまとめローンと言うのは、審査落ちになることが多いということです。

これだけ厳しい審査

その上、借金延滞をしている情報があるとますます不利です。要は、延滞をしてしまうからおまとめローンにしたいという安易な動機は通用しないということです。

おまとめローンは返済専用のキャッシングです。手元に現金が来るのではなく、金融機関で多重債務を完済した後にその分の返済をしていくだけです。メリットとしては、おまとめローンで多額の借金になることで金利が低いこと、返済日が1日で済むので延滞しないことです。

しかし、契約された金融機関としては、キャッシング内容も大きくなり、返済リスクがあります。過去の延滞があると、それが金融事故として返済できないのではないか?途中で債務整理?というリスクがある方は、どうしても審査通過ができないことになります。

返済額が減少ということ

債務者にとって良いことは、債権者にとってはリスクです。金利は低くなるし、キャッシング額は大きい。果たして完済ができるだけの信用はある?ということで、フリーローンよりも厳しい審査が待っています。

中小の消費者金融会社でもフリーローンより低い金利で提供していますが、審査が甘い点はおまとめローンでは通用しないとこもあります。金融事故の中でも延滞者や債務整理すぐなどでは、おまとめローンの契約はできないことが多いです。

特に月々返済額が小さくなることは魅力ですが、このまま行くと債務整理しかないという多重債務者も多いでしょう。しかし、おまとめローンか債務整理化の選択に関しては、債務整理が妥当だと言われています。