成功者はいないけれど、やってみて

大手消費者金融と違い、中小消費者金融では信用情報の金融事故については、大目に見る傾向にあります。

借入先を中小消費者金融にすることで、大手消費者金融で借りられない方でも借りれる可能性があります。いわゆる、ブラックでも借りれると言う内容です。

ちょっと話しをしたい

その甘い審査を踏まえて、金融事故のある方で中小消費者金融の対面審査で自分から融資相談を試みてみましょう。

ここでの金融事故は他社延滞中のおまとめローンの借り入れです。普通では、中小消費者金融でも借り入れができないです。申し込みをしても、多分審査落ちです。しかし、今の自分はその返済ができない事態だと想定してください。

嘘はNGですが

多分、中小消費者金融では信用情報で延滞中を見つけて怪訝な顔をするでしょう。

その説明として、確かに延滞中ですが、これが初めてであり、ちょっとした勘違いでした。そのお金は用意はできます(できないけれど)が、このまま普通に返済するのではなく、貴社のおまとめローンにしたいと。

よく言うよというセリフですが、このままでは返済もできないのですが、甘く多重債務をおまとめローンにすること。返済額をうまく丸め込み、返済ができる金額設定してもらうお願いです。
返済できる用意があるのなら、返済してから出直してと言われるのがオチです。

しかし、そこは一回でも得をしたいとお願いをしてみることです。かなりの賭けと勇気が必要ですが、ここまで方便が言えるのなら、他社延滞中のキャッシングをおまとめローンにできるかも?

そんなに甘くない中小消費者金融

確かに返済してから来いと言われたら仕方ないのです。また、これが初めての延滞というのも真実でなければならないです。

中小消費者金融では、信用情報の照会で過去の内容はすぐにでも確認ができます。そして、何よりも収入が安定していて返済能力に自信があることです。

基本的におまとめローンは、パートやアルバイトなどの収入では、最初からハードルが高いです。返済能力の中で延滞はどうしてもポイントが高く、返済もしないのに、おまとめローンの申し込み?その不審感を払拭できるだけのペテン師並の口調ができれば、他社延滞中のおまとめローンもうまくいく可能性があります。

とはいっても、この方法で成功した方は少ないです。

中小消費者金融も節穴ではない

ホームページや情報サイトでは、中小消費者金融の真実までは不明ですが、おまとめローンの契約をしたときに真面目に返済ができる方と思われることが大切です。

こいつは返済するお金がないのに、おまとめローンのゴリ押しをしている。そう思われたとしても、完済できそうと判断されれば、この方便申し込みも成功するかも?