延滞解消だけで良いはずが、おまとめローンを勧められた時

金融会社では、キャッシング申込者に対して、必ず審査を行ってから借入ができるかを判断します。

大手消費者金融などでは1時間のスピード審査と即日融資ができるのは、機械的に行うことですぐに判定します。その時に延滞中であるのならすぐにバレてしまい、他の審査で良かったとしても延滞の事項があると審査は落ちます。

銀行カードローンでも同様で、こちらは消費者金融よりも厳しい審査内容です。手軽なネット銀行、東京スター銀行やオリックス銀行は審査が甘いと聞いたけれどと口コミでもありますが、そんな事はありません。結構キツイ審査で、時間が掛かる割にはバッサリと切られてしまうようです。

大手消費者金融以外に、お金を貸してくれる金融業者はないと思っている方も多いですが、実は中小消費者金融などは日本には多く存在しています。街金的なところで、金利は高いが審査は甘い、大手消費者金融がダメなら行ってみなという存在です。バリバリの金融事故のブラックでも審査が通り、どこからも借りられない方でもここで救われたという情報もあります。

ただし、審査ですが、これは甘いですが面倒です。時間はかかるし電話はしょっちゅうかかってくるし、生活面の事まで聞いてくる。それでも借りられる可能性が高いです。

こうした審査が甘い中小消費者金融では、申込者のことをいろいろと調べます。多重債務者、延滞中などのブラックの方であるほど時間はかかります。

審査は甘いですが、一点だけぶれない審査対象があり、それは収入です。希望借入金に対して、収入が高いかどうかが問題になり、それなりの返済能力があることで、審査が通ります。多重債務を解消したいけれど、そんな話をした場合、おまとめローンがあるところで提案されます。

金融業者にしても増益のチャンスですが、収入が高い方であれば延滞中の申込でも受け入れて、全てをここで借りさせることで借入金額の増大が利益拡充につながるという計算です。

もちろん信用情報も良く、たまたま今回だけが延滞中という方の場合です。そして、中小消費者金融では、おまとめローンでも金利は高いですから、銀行などよりも返済が多くなります。

しかし、収入がある程度高い安定している方なら、中小消費者金融としてもほしい顧客です。一応、高い金利のおまとめローンであり完済にかかる手数料などで出費もあります。延滞中でたまたま申し込んだ中小消費者金融のこうしたおまとめローンの提案に対しては、返済能力がある方の場合は、良く考えることです。

多重債務の金利が低いものであれば、無理におまとめローンはしない方がお得ですが、今後延滞する可能性が高い場合は、おまとめローンの利用は債務生活上、メリットがあるかもしれません。