キャッシングの返済を延滞中!今後のシナリオと新規借り入れの可否


自分が個人で金融機関や賃金業者からお金を借りた場合には、それを返済する義務があります。元金のみならず、予め決めた利息に関しても返済していくこととなります。

お金を借りた場合にはこれが基本となるのですが、借りるときには返せるつもりであっても、借り入れ後に収入が激減したり、そのほかにも様々な支出があって返済が厳しくなるようなこともあります。そして、これが長引いていくと延滞になってしまいます。

長期の延滞や繰り返しの延滞などになってしまうと、その事実も信用情報機関に登録されることとなり、お金を借りている会社のみならず、他社にもその情報が共有されることとなります。

このような他社情報を知るために、CICなどの信用情報機関が存在しているのです。だからこそ、延滞はしないほうが良いのですが、人それぞれの諸事情があって仕方なく延滞してしまっている人もいるはずです。このような場合に、新規の借り入れをしたいと希望しても、他社延滞中ということでどうしても審査が通りません。

銀行カードローンやキャッシング会社、消費者金融など様々な賃金業者がありますが、どのような会社でも基本的には他社延滞中の債務者に対してお金を貸す業者はなかなか存在しません。しかしながら、中にはお金を貸してくれる業者もありますので、どうしても金欠で困った際には貸してもらいましょう。

早とちりで、どこも貸してくれないと考えて闇金業者などに手を出してしまう人もいますが、ヤミ金は違法な業者であり、利息なども桁違いなのです。そのため、利息を返し続けていくだけで元金がなかなか減らない状態が続きます。なおかつ、取り立ても厳しく家族や勤務先にも迷惑をかける恐れがありますので、最初から手を出さないのが良いのです。

また、数多くの業者がある中でも、大手消費者金融会社などはどちらかといえば審査も厳しいために、小規模消費者金融会社を頼ってみましょう。街金などと呼ばれることも多いのですが、これらの会社ならば意外にすんなりと審査を通してくれるケースもありますので、相談してみましょう。

あるいは、延滞を放置すれば遅延損害金など無駄なお金もかかってきますので、そのような最悪のシナリオを迎えないようにしましょう。

他の消費者金融の返済を延滞中でも追加融資や新規融資は可能?


生活費のほか、冠婚葬祭や医療費など予期せぬ急遽の支出などでお金が出ていく場合に、お金を借りるとなれば国内には金融機関や賃金業者が多数あります。

銀行はその代表です。住宅ローンなどの目的型ローンのイメージが強いですが、今は三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローンなど、個人向けの目的自由形のローンもあります。そのほかノンバンクでは消費者金融などがあります。代表的な会社にはプロミスやアイフル、アコムやレイクなどがあります。

また、知名度はそこまで高くないものの、ノンバンクには数多くのキャッシング会社や消費者金融会社などがありますので、自分のお金で困ったときには貸してくれる業者が多数あるという認識を持ち、安心感を抱いておきたいものです。

あるいは、実際すでに借り入れをしている人も多いはずですが、借りたときには真面目に返済しようとしていても、いざ借り入れしたあとになって返済が難しくなり、遅延や延滞をしてしまう人もいます。つまりは、返済日に返済できない状態になってしまうのです。このような状態の中でもお金に困ることがあり、追加融資や新規融資を得たいと考えることもありますが、基本的に延滞中の利用者に対して追加融資をしてくれる会社はありません。

また、延滞している会社とは別の会社に対して新規融資を申し込むことは可能です。しかしながら、信用情報に延滞の事実が記載されていることは多いため、このような状態になっていれば、他の会社であっても融資は得られないことが多いのです。他社延滞中とわかっていて貸してくれる会社はそうそうありませんので、他の会社への申込であっても結果は厳しいものがあります。

ただし、小規模消費者金融会社である街金やサラ金であれば、借り入れが可能となる場合もあります。そのため、他社延滞中で新規に借入をしたい場合に、どうしてもほかの会社で審査が通らないのであれば、このような規模の消費者金融を頼ってみましょう。審査も即日で回答してくれる会社やネットからの申込が可能な会社などもありますので、急いでいる場合でも安心ですから、まずは話をしてみるべきです。

長期の延滞中で信用ブラック!それでも新規に貸す業者はある?


キャッシング会社や消費者金融会社などからの借り入れは、一括で即座に返済するか分割で決まった支払い日までに最低返済額を返していく手法で返済していきます。

しかし、この基本的なルールがどうしても守れない人もいるものです。つまりは、返したい気持ちがあっても返済ができないほどに、手元にお金がない場合には返済ができずに延滞してしまうことがあります。

しかも、この延滞が数日程度であれば問題ないものの、数週間や1カ月などになってくると、それは長期延滞になってしまい、いわゆる信用ブラックとなります。信用情報機関にその事実が登録されてしまうなどして、ブラックリスト扱いになってしまうのです。

そして、このような情報が出てしまうと、他社も含めて長期に延滞している事実がわかってしまうために、こうした状態で新規の融資を得ようと思っても審査で落とされることがほとんどです。

国内には、銀行系カードローンや消費者金融会社、キャッシング会社など様々な会社があり、それぞれが申込をおこなえばお金を貸してくれますが、やはり審査がありますので返済能力がないとみなされて、お金を貸してもらえないことのほうが多いのです。

しかし、それでもどうしてもお金を貸してもらいたい場合には、小規模消費者金融会社に目を向けてみましょう。消費者金融といえばプロミスやアイフルなどの大手ばかりが思い浮かぶはずですが、小規模消費者金融会社もあります。

これらはサラ金や街金などと呼ばれており、大手消費者金融会社に比較して審査が甘いケースも多いのです。そのため、仮に他社延滞中であってもお金を貸してくれることもあるのです。すべてのケースで必ず貸してくれるとは限りませんが、その可能性は高いために、いざという場合に頼ってみましょう。

街金のことをよく知らない人にしてみれば、街金とヤミ金を混同している人もいますが、それは違います。街金は合法的な会社であり、大手と同じような条件での融資となりますので、困ったときには頼っておきたい存在と言えます。

ほぼ金融事故の長期延滞!でもお金が必要!貸してくれる会社とは?


キャッシング会社や消費者金融、さらには銀行系カードローンなど、個人がお金を借り入れしたいと考えたときに頼れる業者は豊富です。そのため、手持ちや収入がない中で何かを買いたい時、旅行や冠婚葬祭などの出費が控えているときにもありがたい限りですが、借りやすい環境があるからこそ計画的にお金を使えずに借りすぎてしまう人もいます。

そして、このような借り入れを繰り返した挙句、長期延滞をしてしまう人もいます。基本的に、一括で返済するか分割であれば、業者との間で決めた最低返済額以上のお金を毎月決まった日までに支払うこととなりますが、この最低限の返済もできないでいると延滞や遅延の扱いとなり、ひどい場合には金融事故の扱いになります。いわゆるブラックリストというものです。

実際にこのようなリストがあるわけではありませんが、信用情報に傷がついてしまうことを比喩してブラックリストに載ったなどと言われています。このような状態を迎えてしまうと、どこの金融機関からも相手にされない人になってしまいます。

他社延滞中ですから、そのような人が新規に融資の申し込みをしてきても、ほとんど返済能力はゼロとして判断されてしまい、新たな融資の許可はおりないのです。しかしながら、お金がないからこそ延滞中なのであって、このような状態にまで追い込まれているからこそ、どうにかして現金を手にして今ある危機的な状況を乗り切りたいと考えている人もいるはずです。

もしも、そのような思いがあるのであれば、サラ金や街金などの小規模業者を頼ってみましょう。消費者金融といえばアイフルやプロミス、アコムなどの会社を思い浮かべる人が多いですが、これらは大手消費者金融会社です。

その一方で小規模消費者金融会社や中小消費者金融会社もあり、そのひとつがサラ金や街金なのです。これらの会社の中には独自審査という手法で他社とは異なる方法で審査しているケースも多いため、すんなりと審査を通してくれることもあるのです。さらに、今はネット上に個人間融資掲示板などがあり、知らない相手から個人的に融資を得ることも可能な時代となっていますので、このような方法も検討してみましょう。

借金の延滞は遅延損害金や債権譲渡などの危険も!早めの解決が重要!


日常生活の資金に困った時には、お金を消費者金融など金融機関や賃金業者などから借りる選択肢をとる人も多いですが、借りるときには返済できるつもりであっても、借り入れをおこなったあとに都合が変わってしまうこともあります。

このような場合、借金を延滞することとなります。延滞して即座に付くわけではないものの、結構な遅れが生じてしまうと遅延損害金が発生することもあり、通常の利息よりも高いレベルで設定されているために損害金だけでもかなりの金額になります。

また、それでも返済ができずにいると、保証会社などへの債権譲渡などもあります。このようなレベルにまでくると信用ブラックになってしまっており、以後の借り入れがかなり厳しくなります。それは延滞をしている消費者金融やキャッシング会社だけではなく他の会社であっても同じです。信用情報機関を介して銀行もノンバンク事業者も情報共有しているために審査で弾かれるのです。

そのため、事情があるにしても延滞はしないのが鉄則です。業者に迷惑をかけるということ以上に自分自身のためです。無駄なお金を余計に払うことになりますし、信用も失いますので、このような事態を迎える前にどうにか解決しておきたいものです。

しかしながら、人それぞれには事情があるためにどうしても延滞してしまうことはあります。その際には、基本的には銀行カードローンやキャッシング会社、消費者金融会社、クレジットカード会社などいずれも審査で不承認となります。他社延滞中であればその回答が当然なのですが、このような状態だからこそ新規の借り入れを望んでいる人もいるはずです。

もしもそのような場合には、消費者金融会社の中でも規模が小さい事業者として知られている街金を頼ってみましょう。あくまでも消費者金融のひとつで、合法的な会社です。

聞き馴染みがないからこそ不安を抱く人もいますが、闇金などとは異なります。安心して利用可能ですから、まずは現状を改善させるためにこうした業者への申込をおこない、融資や借り入れについて相談してみましょう。