延滞中の言い訳は通用しないから借入は無理

ブラック対応の中小消費者金融では、延滞中の借入はしていません。それはなぜでしょう?

ブラックリストはOKなのに

確かに、延滞はブラックの一つです。多重債務者で、1つの借金返済のために新たな多重債務を作ってしまうのは、正直ない話ではありません。それが総量規制限度内であったり、返済能力があれば審査通過もあるでしょう。

その時に気をつけたいのが、返済日過ぎの借入ではなく、前日までであればOKということです。支払う予定のためのキャッシングです。このような自転車操業的な返済続けていると、やがて延滞や滞納になります。

しかし、近いうちに大きなお金が入る予定があるのなら、この方法もありです。ビジネスローンなどにありがちな内容です。そうそう、ボーナスがあるから。そんな方もいますが、これが延滞中で自転車操業をしようと言うのはない話です。個人信用情報機関で調べれば、一発審査落ちです。

ブラックOK金融の中小消費者金融ならどう?

中小消費者金融も同じです。総量規制限度内であったとしても、滞納や延滞があると大手消費者金融と同じ判断になります。まっさらな状態でなくては甘い審査もしてくれないことになります。

中小消費者金融リストなどでも、ここは同じ認識です。ただし、どうにかしてお金を作って、返済日を過ぎてから支払いを行い、一応延滞がない状態で中小消費者金融に行ったときには、審査は通る可能性はあります。

延滞をしていた過去の情報に関しては審査の甘さが発動してくれるはずです。ただし、大手消費者金融では延滞していたは通用しないことが多いです。

事故情報でも最も重い

延滞は、金融事故としては最も大変な内容です。返済ができない事の証明です。それなのに、新規申し込みをしたとしても対応する金融機関はないわけです。

たいてい消費者金融でも2ヶ月程度は待ってくれます。この待つ間も請求はありますし、ブラックになります。ただ、同じ延滞でもこのくらいは軽症レベルです。これ以上になると、質の悪い延滞者となってしまうわけです。

中小消費者金融では、現在任意整理をしていますとか、個人再生の支払いをしている方よりも審査落ちの可能性は大きいと言う存在になっています。街金などでも、延滞している方は信用できないのが本音です。

申込者の本音

本当のことを言うと、この延滞している返済の分の借金をしたい。そのための申し込みをしている方も少なくないです。事故情報は分かっているけれど、延滞解消ですと言いたいのですが、それは話が違うのです。

信用情報機関では、順調な返済をしていて保証されるのです。では、どうして延滞をしているのですか?ということになると、申込者に言っていることはまともなようですが、勝手な理論です。延滞解消ではなく、延滞の原因がどこにあって、それが解決しないとダメではないか?ということです。

金融機関ではそこを突いてきて、解決しなければ中小消費者金融でも審査は通さないことでしょう。

延滞という金融事故は重い内容

お金が借りられないからどうしたら良いか?知恵袋や口コミ例示板などではキャッシングの悩みを多く見かけます。投稿者は必死なのですが、回答者の内容を見て納得です。

ローンの契約をしたい方が無職だとか、働けない病気である、なのに現在多重債務で収入がないから延滞もしている、それも長期。回答者のほとんどが、今のあなたには貸す金融機関も金融業者もゼロでしょうと言うものです。

金融事故について

個人信用情報機関に異動情報がある方は、返済のことでなにかしらの支障があった方を指します。総じて金融事故と言います。債務整理、多重債務、申込ブラックなどですが、延滞や滞納もその一つです。延滞は、返済ではないからしていないことが疑われます。

いやいや、できるんだけど、と言うのは理由にならないです。とにかく返済日に入金されない方は延滞者であり、その時点でブラックになり、新規や継続の借入も一切できなくなってしまいます。

サラリーマンローンと呼ばれた時代、延滞をしようものなら、怖いお兄さんたちが家まできて、どんどんと大声をたてて取立にきたでしょう。現在のヤミ金では当たり前の風景ですが、消費者金融ではそのようなことは禁止されています。その変わりにあなたにはお金を貸しません、というのが精一杯のペナルティになります。

個人信用情報機関ですべてが丸見え

ローン会社、カード会社、消費者金融などのそれぞれの延滞の情報はすべて個人信用情報でわかります。申込でなにもないように装ったとしても、申込先の金融機関では、援隊中だから審査落ちにしますと決定されています。

審査の甘い中小消費者金融では、審査が電話で行い、生活費がないからとか、いろいろ訴えたら良いとの口コミもあります。それは延滞しそうだから助けてほしいという訴えであり、延滞をしてしまったのなら信用はガタ落ちです。


延滞中でも借入OKの消費者金融はヤミ金
紹介されている消費者金融で、延滞でも貸してくれると言うのはヤミ金しかありません。そこは消費者金融ではないし、担当者がいても無審査と言う内容。絶対に正規金融業者ではあり得ない対応が待っています。

どんな甘い審査でも必ず審査はあり、延滞者は借りることができません。一応それは念頭において、もし借りたいけれど延滞しているのであれば、申込そのものは無駄な行為です。

延滞中の方に

その返済の目処がたたない場合は債務整理です。弁護士などに借金相談も良いのですが、返済ができないのであれば間違いなく債務整理しかないと言われてしまいます。延滞は長く続けるものではなく、できれば1回でも対処しなければなりません。

ちなみに、金融業者では少しだけ待ってほしいと事前連絡をすることで承知してくれます。ブラックで新規借入は無理ですが、印象は良くなります。どうしても延滞しそうな場合は、連絡をして下さい。この先の返済ができない時は債務整理です。

延滞もうっかりも同じに扱われる

人間ですからうっかりはあります。延滞もうっかりがきっかけで生まれる場合があります。

引き落としなら安心

借金返済を引き落としにしている方は、自動的に支払いが終了します。口座に残高があれば良いのですが、自分で返済をしなくてはならないとき、支払いができないことがあります。コンビニATMなどを使えなくて、銀行営業時間内に窓口に行けなかったなどの理由があります。この場合の延滞は、本当にうっかり。数日後に入金することで解決することができます。

そして、ブラックにはならないことが多いのですが、毎月だったり回数が多くなると、延滞癖になってしまう事はあります。しかし、たまたまのうっかりはどうしても起きがちです。

このようなことにしても、金融業者からの指摘の前に明日に入金します、そしてきちんと返済をすることで、信用を失うことはないでしょう。できれば回避したい事柄です。

故意の延滞とは違う、うっかり

確かにうっかりは返済するお金がないわけではありません。それは、金融業者には伝わらないことを確認することが大切です。

返済日に返済ができる人が信用を生み、あるけれど払わないと言うのはお金がなくて故意に返済しない方と同じです。延滞は、そうした方たちを指します。

債務整理は、返済ができないから、借金内容を大きく変えてくれと申し出ます。延滞は払うお金がないから払わないと言っているようなものです。ですから、借入の申込などは対応してくれない。消費者金融としては当然の対応ということです。

延滞でもキャッシングができるということ

これは、信用情報機関の内容は関係ないということです。ブラック対応の中小消費者金融がそうした配慮をするのではないか?と思われますが、それは大きな間違いです。消費者金融クチコミランキングなどで、審査の甘い中小消費者金融が並びます。

どこもたいていブラックになったとしても相談に乗ってくれますが、信用情報はなしではなく、ブラック承認の上返済能力を審査しているというのが正解です。申し込みブラックにも対応していますが、それも返済ができる申込者なら審査通過はできます。スピード審査ではないのですが、ブラックOK金融とされていたとしても、延滞があると別です。

中小消費者金融での延滞中の申込に関しては、即刻審査落ちになります。審査の中でも、滞納している方の信用度はゼロなのです。担当者が直接電話で話すことが多い審査ですが、それもなしで中小消費者金融も断られます。

審査がないローンは、ヤミ金です。これも種類があり、比較的良心的なソフト闇金などがあります。一応会社組織で、高い金利設定ですが、返済にはかなり無理をしなければならないです。できれば、延滞中のキャッシングは諦めて、今後の行き先をきちんと決めたほうが良いでしょう。延滞解消ができない場合は、債務整理しかないでしょう。

延滞をしない努力も必要

延滞中と言えば、携帯電話料金です。スマホ申込見のときに新機種などにして分割払いにする方はとても多いです。

そのときには、信販系金融会社との契約をしたのと同じです。料金とともに、毎月支払いをしている状態ですが、これも支払いをしないと延滞になります。中にはずっと月遅れの支払いをしている方も少なくありません。

携帯電話は要注意

信用情報機関では、この支払いも毎月報告をうけています。機種代がかからない場合は、関係ないのですが、24回払いなどで分割している場合は、絶対に遅れることなく支払いをしなくてはならない。それが原因でキャッシングができない、借入審査に落ちることもあります。

カードローン会社などの借金には敏感ですが、つい何でもない、電話が止まるから慌てて払うのであれば、既に1ヶ月遅れの報告が入っています。そのタイミングでキャッシング申込が審査落ちと言うのは、借入していないのにどうして?ということになれば、携帯電話が原因になることもあります。

延滞しそうになったら

とにかく延滞は、新規申込も、増資、将来のキャッシング申込もすべてマイナス要因になってしまいます。借金返済のためにアルバイトをするとか、なんとか穴埋めを毎月していかないとNG状態は常に続きます。

大手消費者金融はコンピューターによる自動審査になります。言い訳などは通用せず、説明を求められ前に審査落ちになります。入金情報は常にベストにしておくこと、滞納者になってしまったのでは、キャッシング生活が不可能になります。

借入前に確認を

毎月の支払いや返済はすべて確認しましょう。金融事故でも延滞ではなく、多重債務などは中小消費者金融では対応してくれることが多いです。

申し込みブラックも何度も申込をしてしまったあとはしばらく待つとか、審査落ちの対象者になってしまうようであれば、今は申し込みをしないなど配慮してみましょう。それでも今すぐにお金がほしいと焦る気持ちはわかりますが、審査落ちを痙攣する必要性はありません。

延滞OKの消費者金融には気をつけて

国内の金融事故で延滞をしている方は絶対にキャッシングをすることができません。無審査消費者金融紹介センターとか、審査がないなどと宣伝をしているホームページなどにはアクセスしないことをオススメします。

延滞していても貸してくれる、個人信用情報機関は関係ないと言うのは、法律は守っていないことです。借りたは最後完済はできないし、電話の取立なども相当なものらしいです。

消費者金融で延滞中だけど借入したい?

どうしても借りたいけど、消費者金融でお金が借りれないという人の審査に落ちる原因は、他社延滞中の状態だと思います。こうなってしまうと、金融会社の審査で落ちる為、信用情報がブラックじゃなくても、お金が借りられなくなってしまいます。

こういう場合は、消費者金融会社で単にお金を借りるのではなくて、今借りている他社の借金返済の支払いを終わらすか、その為に用いる事が可能のおまとめローンでお金を借りると良いでしょう。そうすれば、支払い延滞中でもおまとめローンでお金が借りれるので、ブラックにもならずに済みますよ。

特に、消費者金融紹介で審査が甘いキャッシングの利用でしたら、大手のカード会社より審査も甘めでおまとめローンもしやすいのではないでしょうか? よって、大手消費者金融のキャッシング又はおまとめローンも厳しくて審査に通らないようでしたら、事故情報があってもお金が借りれる審査の甘い金貸し屋の街金で、キャッシングやおまとめローンをしてみましょう。債務整理対応しているので、どんな人でもお金が借りやすいのは言わずとも知れていますよね。

他社で借入があって、延滞中にも関わらずお金が借りたいのでしたら、いちいち消費者金融紹介センターを利用せずとも、信用情報機関にブラックがあってもお金が借りれるのが街金なのです。闇金ではなく、こちらでキャッシングするなりおまとめローンしてみて下さい。

大手のサラリーマンローンと違って、借金が他にあってもお金が借りれるし、ブラックの人でも気軽に申し込み可能ですよ。消費者金融一覧でお金が借りれない人がいましたら、大手以外の消費者金融一覧も参考にしてお金が借りれるローン会社を利用してみて下さい。

中には、自己破産している場合でもお金が借りれるとか、生活費程度であればブラックでも簡単にすぐに借りれるローン会社があります。個人信用情報ブラックで借りれない人には、延滞中でもお金が借りやすい大手以外のキャッシングをおすすめしておきます!!