延滞がどうして悪者になってしまうのか

金融業者にとって、返済をしない顧客が一番嫌な存在です。

元金と利息の支払いをする金貸し屋では、必ず利息も返済してもらうことで経営が成り立っています。ですから、滞納と同じ意味を持つ延滞している方に関しては、信用ができないことになります。

延滞をしているかどうかについては、審査の対象前に、現在返済できていない方がどうして新規の申込をするのですか?これに尽きます。

延滞と同様多重債務も審査対象としては、大きなポイントです。消費者金融なら総量規制範囲内なら多重債務であってもいいじゃないか?と思うのですが、流石にあちこちから借入をしている方で、またどうしてお金が必要なの?今契約しているところから借りたら?ということになります。

多重債務での返済が順調なら良いのですが、そろそろ総量規制に迫りそうなのにまた借入とか、延滞している状態ですし、新規に申し込まれた金融機関としては返済ができない恐れありと判断するのは当然のことです。

延滞中で多重債務である方は、審査が難しいと言うのは、このような理由からです。延滞ができないから借りたい方が本音ですが、その動機は本末転倒であり、返済できないのなら今持っている多重債務はこれからも支払いができなくなってしまうリスクが大きくなるばかりです。ますます信用を失うことになります。

多重債務者に最適な商品がおまとめローンですが、メリットとしては、

  • 1つのローンな借り換え
  • 基本的に低金利
  • 完済ができる
  • 利息が得する

などです。

金融業者のおまとめローンでは、これだけのメリットがあるのですが、同時に多額になった場合などは、確かに返済ができると見込んだ方に対してだけの商品になります。ですから、審査はとても厳しく、そう簡単におまとめローンの契約ができないと言われています。

延滞中のおまとめローンの申込に関しては、審査で最も大切な信用度が低くなってしまうため、最初から諦めたほうが良いとも言われています。

延滞中は金融事故とみなされ、その時点でのブラックと判断された段階で、ローンそのものの契約もできない、審査落ちは必至です。一部の中小消費者金融では対応してくれる場合もありますが、審査は長く高金利商品であり、借り換えをする意味がない場合もあります。