延滞中の借金は難しいのが現実だけど

延滞中の借金の申込はきっと審査に通らないだろう、というのは正解です。延滞してしまうからいっその事おまとめローンにしたいんだけど、ダメかな?と考えている方もいますが、これも審査は難しいです。

大手消費者金融や銀行カードローンなどでは、東京スター銀行、オリックス銀行では、おまとめローンにしなくても限度額がワイドで低金利です。しかし、こうした金融機関のおまとめローンは、フリーローンより審査が厳しいので、延滞の金融事故に関しては、審査対象にもならないのが現状です。

ですから、延滞しているときには、債務整理が正しい選択肢です。実際に払えていない方に対して融資をしてくれる金融業者はゼロです。

ところが、インターネットのサイトで延滞中でも借りられる消費者金融紹介ページもあります。キャッシング審査もある業者で、ヤミ金の金貸し屋かと思いきや、消費者金融一覧では、正規消費者金融も含まれています。

審査は、過去と現在の信用情報の紹介と収入が大きなポイントです。過去の信用情報では、いつの金融事故が問題になりますが、現在延滞中であるのならダメかと思いきや、収入が安定している方の場合、おまとめローンの提案があります。

そんな都合の良い金融機関は一体どんなところ?というと、新規開拓の消費者金融です。大手消費者金融ではない話ですが、中小消費者金融では開業2年目とか、新規にキャッシングを始めた業者も少なくありません。そのようなところでは、顧客獲得のために、審査がかなり甘くなっているところがあります。

そこで、延滞中であったとしても、多重債務者を受け入れる受け皿を作っているところもあります。延滞中と言っても、1回か2回が限度であり、多重債務者の残額が少ない方の場合、少し多めの融資の提案でおまとめローンができる可能性があるのです。

申込をした方の口コミ情報です。3年目の新規消費者金融で、延滞が1回だけの申込でした。キャッシング審査には時間がかかったけれど、全てのおまとめローンで、他社の借入を完済した金額の融資をしませんか?ということでした。

自分としては、少しだけ借りられたら良いと思ったけれど、多重債務がなくなるのなら契約をしました。とのことです。

審査の甘い中小消費者金融でしたが、多重債務解消とおまとめローンの契約で大成功。延滞中でも申込ができるんだということです。延滞中の借入をしたい方は、新規の中小消費者金融が狙い目かも?