延滞は解消した方が絶対に良いはず

大手消費者金融の審査では、延滞中の信用情報があると審査落ちです。銀行カードローンも同様です。利用者に返済していない場合では、借入のチャンスがありません。

中小消費者金融の審査では?

いろいろと言われるのが甘い審査ですが、来店審査で延滞理由次第ではおまとめローンや数万円のキャッシングができることがあります。延滞理由が、担当者の納得行くものであれば良いわけです。

また、延滞している返済が◯日まで返済がされ次第審査に通るということもあります。2万円の延滞中が解消されたのなら、3万円のキャッシングができるというような範囲です。審査基準が甘い場合ですが、どうしてもほしいキャッシングであれば検討してみて下さい。

金融会社としては、延滞中の借入がどの程度のリスクがあるかを見ます。返済できるのなら貸す。それなら延滞中の申し込みはしない方が良いのですが、とにかく延滞理由を言えるのであれば、あとは甘い審査に期待をするだけです。

審査基準が甘いのは、延滞中申し込みをどこまで許容するか?

あの中小消費者金融では期待ができる

新規でオープンした中小消費者金融などでは、延滞中でも借入ができたとの口コミがありました。しかし、最近ではこの類の口コミはあてにならないと言います。

延滞に関しては、中小消費者金融でも引き締めの審査になっているということです。返済日に入金ができない理由がたまたまであれば、そのまま申し込みはしないで、延滞の部分を解消しましょう。その後に中小消費者金融に行くことで、延滞後のキャッシングをして下さい。審査通過率が高くなります。

その時には新規借入ではなく

新規の申し込みでは無く、これからの返済が不安ならおまとめローンもあります。

おまとめローンでは、多重債務者の内容が少ないほど良いでしょう。多重債務者が多いと再び延滞してしまうことがありますが、少ないおまとめローンであれば審査が通り、借入ができることがあります。

ただし、この借り換えしてしまうと、しばらく新規申し込みはできません。これは、おまとめローンは総量規制以上の借入が出来るだけの内容であり、それだけで信用情報がいっぱいいっぱいということになります。それでも信用情報では、延滞解消後のまとめローンになります。

完済ができることを条件になるのは当然ですが、審査基準として延滞後の借入としては、中小消費者金融の審査基準では問題ないといえることでしょう。