絶対に借りれるおまとめローンはあるにはあると言われています

銀行と消費者金融で扱うおまとめローン。返済負担が減る、金利が低いなどのメリットが多いです。

多重債務者が、ひょっとしたら債務整理になってしまうかも?というときにも一度は考えることもありますが、注意しなければならないことがあります。

おまとめローンには絶対の保証はない

返済額が減ったり負担減少というと、債務は楽になります。債務者にとっては嬉しいのですが、業者にとってみれば今までよりも高い融資になることで審査には慎重になります。

消費者金融では総量規制対象外になり、多重債務が返済ができない状態での申し込みは嫌がります。それだけリスクが大きいからで、利用者の信用情報などで返済の間違いのない方を限定します。

ですから、おまとめローンの審査通過率はとても低いのが特徴です。絶対ということは言えず、返って審査落ちになる覚悟で審査を受けることをオススメします。

消費者金融系の審査より銀行系の方が厳しいですが、こちらの方が断然金利は低く魅力的な商品になっています。

中小消費者金融のおまとめローン

一応ブラック対応の口コミも多い中小消費者金融ですが、おまとめローンも一部で取り扱っています。

審査の甘さで期待したいのですが、おまとめローンは2つのパターンに別れます。一つは、信用情報審査がとても厳しくなってしまう場合です。大手消費者金融並の低金利の場合、金利負担がとても小さくなります。

そこで、実際ブラック対応じゃないだろと言いたくなるほど、ハードルが上がります。事故情報があるからOKは、ちょっと厳しいですねと言われ、簡単に契約ができないことが多いです。これも総量規制対象外が大きく響いているのです。

審査が甘い消費者金融

反対に審査が甘くなってしまう場合、ブラック特有のおまとめローンになります。

貸付はキャッシングではなく、中小消費者金融会社が完済の手続きをします。手数料の請求などがあることも。それは良いのですが、もし月々返済している債務が大手消費者金融の場合、おまとめローンにすると金利が高くなってしまうことがあります。

また、返済金額をさげることで、返済期間が長くなってしまい、総返済額がとても多くなってしまう。シミュレーションをしたのなら、借金が膨れあがることも少なくありません。

消費者金融はそれがわかっていて、絶対におまとめローンはお得ですよと勧めてくる金融業者は怪しいです。返済日も1日だし、金利も少し下がります。借入額が大きいから、これはお得ですよと説得に入ります。なかなかシミュレーションをしなかったり、金融会社によってはできないところがあるなど、とにかく早く契約させようとします。

金融事故者を狙った詐欺行為

悪質な消費者金融会社では、上限金利が利息制限法の最高にしているおまとめローンも平気で販売しています。

絶対に損な内容ですが、金融事故をしている方にとっては、おまとめローンというだけで返済負担が小さくなる気でいます。しかし、利用限度額などを確認しないで軽々しく申し込みはしないことです。

返済方法は、支払って金額を払う形です。追加融資など、手元に残る現金はないのですが、返済額が大きくなったとしたりなら、本当に無駄なおまとめローンとしか言いようがないのです。この時の審査通過は100%に近いでしょう。

しかし、ブラック対応ですが、収入がない延滞をしている場合は、この無駄なおまとめローン審査の通らないのです。