多重債務必見!おまとめローンについて ブラックは難しい

現在、多重債務である方は、おまとめローンも考えみてください。消費者金融も銀行にも存在する金融商品です。これは、多重債務でなければ利用ができないという特殊なローンです。

おまとめローンとは?

キャッシング、つい多重債務になってしまって返済が大変な方にオススメです。複数の返済が1つになるだけではなく、金利を低くするのが大きな狙いです。これが、かえって金利が上がるようでは損をします。

以前は銀行系だけの商品でしたが、現在は消費者金融系も扱っています。どちらのおまとめローンが良いか?というと、300万円以上なら断然銀行だと言われています。返済金額を大きく減額できる、借入先が1つになる、債務者の借入負担が小さくなるのなら断然お得です。

気になる審査

おまとめローンはこれが問題です。はっきり言って、普通のキャッシングよりも審査は厳しいのですが、これは借入金額が高くなってしまう傾向にあるからです。信用情報はもちろんですが、今まで返済記録とこれからの収入がより一層厳しい目で審査されます。

消費者金融では、おまとめローンは総量規制以上の借入になっても良いとされています。普通のローンとちがうのですが、これは審査も厳しくなることを意味しています。銀行との比較では、消費者金融の方が甘いです。

上限金利が低いのが魅力

おまとめローンをするときに、多重債務の内容を確認してください。金融業者がちがう、商品も違うことから、金利にばらつくがあることでしょう。

そのとき、契約しようというおまとめローンの利息が低いこと。これは確認してください、月々返済額が小さくなることよりも総返済額がどうなるかが問題です。

そして、落とし穴とされるのが、返済額を小さくすると返済回数が増えて、かえって借入総額が大きくなる危険性です。これでは、総量規制対象外にもならない、おまとめローンにならないので注意が必要です。上限金利だけを見ての判断はとても危険で、貸付がどのようになるかのシミュレーションは絶対に必要です。

高額な借入ですが、無担保商品です。申込者の返済能力にかかっています。ですから、審査は厳しいので、自営業者などの審査通過はより困難でしょう。

借り換えとは違う

おまとめローンは借り換えとは違います。

借り換えは、多重債務でなくても今のローンから金利の低いローンに乗り換えることで完結します。複数社のローンでなくとも良いのです。他社の契約の商品を持って、下限金利が低い商品に変えることを言いますが、こちらの審査が厳しいのはよくわかると思います。

ブラックはまとめローンはできる?

回答はNOです。信用情報機関の審査では、返済専用で多額のおまとめローンに関しては、1つの金融事故、自己破産などの債務整理があるなど、利用に関しては不適切なことがあると借りることができません。

ただし、他社の借入を済まして、自分のおまとめローンの商品1つにする点では、返済が完璧でなければ大損の客です。そうしたことから、さまざまな審査を経て、返済トラブルがない方限定になるおまとめローン、ブラックは審査落ちは決定的です。

利用限度額にも気をつけて

おまとめローンは多額の限度額です。ただし、最高借入限度額いっぱいまでが必ず借りられるかどうかは、審査次第です。

借入審査は厳しいのは、返済ができなくておまとめローンをする方を対象にするのではありません。今の時点でも返済ができないことはないが、少しだけお得な返済にしたいという余裕のある方向けの商品だとも言われています。

貸金業法の例外としての商品。延滞や滞納という“焦げ付き”は絶対に回避したい金融業者や金融会社としては、状況を厳しく観察します。信用情報だけではなく、今後の収入アップなども審査条件になります。