すでに多数の借金がある人が新たな借金をする方法


日々の支払いがキャッシュレス化しているために、クレジットカードを使用した支払いなどもほぼ当たり前になっています。しかし、言ってみれば後払いですからつい使いすぎてしまうこともあります。その他にも、お金を貸してくれるサービスとしてキャッシングサービスや銀行カードローンサービスなどがありますので、ついついお金を借りすぎてしまうこともあります。

このような状況の中で、新たにお金をどうしても借りたいという現実に直面したとき、審査で落とされてしまうことも多いものです。金融機関や賃金業者が申し込みを受けて審査をおこなう際に、どのような観点を重視するのかは業者によってそれぞれ違いますが、やはり多くの業者は他社における借入状況をとても気にします。そのため、すでに複数の借り入れがある場合には審査において不利に働くことが多いのです。

これは銀行系カードローン、消費者金融からの借金、さらにはクレジットカードの利用状況や保有状況などのほか、住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなどの目的型ローンも加味されます。そのため、すでに多数の借り入れがある中での新規申込に関しては厳しい回答も有り得るのですが、そうは言ってもどうしても用意しないとマズイお金もあるわけです。

たとえば、家族の誰かに関わる支払い、税金の支払い、光熱費の支払いなど、それを払わないことで大きな問題になってしまう可能性があるような物事です。さらに、運転中の違反切符による罰金や反則金なども同じです。これらは待ってくれない支払いですし、手元にお金がないのであれば借りるしかないわけです。

そのため、借金が多いので借りれないと簡単に諦めるわけにはいかないため、なんとか借りられる策を考えるしかありませんが、その際に覚えておきたいのが審査が割りと緩いと言われるような金融機関や賃金業者の有効活用です。具体的には消費者金融会社の中でも小規模な街金ならば貸してくれる可能性があります。

また、消費者金融会社からの借り入れがたくさんあって総量規制オーバーの問題に関係してくるようであれば、その際には総量規制の対象外である銀行カードローンを活用してどうにかお金を用意しましょう。

多重債務者が新規借り入れを実現するにはおまとめローン


複数の消費者金融やキャッシング会社からの借金があると、業者側はその利用者を多重債務者とみなすことが多いです。

今はCICなどの信用情報機関を通じて、それぞれの業者が情報を共有している状況にあるため、他社の情報もそれぞれの業者が閲覧していますので、たとえ新規の申し込みをしたときに他社の借り入れ状況を隠したとしても業者の審査担当者には把握されてしまうのです。

そして、基本的に多重債務者となると返済能力が低いと見なされることも多いですし、場合によっては総量規制の対象になってしまうこともありますので、新たにお金を借りたいと申し出ても借りられないことが多いのです。つまり、借金が多いので借りれない状況になるのです。ただし、そうは言っても、それぞれの事情があってお金をどうしても貸してもらいたいときがあるはずです。

この際、消費者金融などのノンバンクからたくさんの借り入れがあって総量規制オーバーとなっているのであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを活用してみましょう。

銀行からの借り入れの中には住宅ローンなどもあるため、このような借入まで規制に対象にしてしまうとほとんどの人が年収額以上の借入となってしまうために、銀行からの借入はフリーローンである銀行カードローンも含めて対象外になっているのです。

そのため、消費者金融からの借入によって総量規制の対象になっていて借入できないのであれば、銀行から借りることを考えてみましょう。また、もうひとつの方法としてはおまとめローンという手法もあります。

おまとめローンは今現在借入している金額と同額を他の金融機関や賃金業者から借りて、今現在の借金をすべて返済し、その代わりに借り入れをおこなった1社に対して以後は返済するという手法です。一本化ローンなどとも呼ばれます。

このローンも総量規制の対象に含まれないため、多重債務者などが今の状況を打破するためには有効です。金利や利息も低くなるために返済負担も軽減されます。また、借金が1つにまとまることによって、多重債務者を脱して新たな借入が可能になることも多いため、このような手法も考えておきましょう。

消費者金融から審査NGでも銀行ならば可能性はある!


財布の中にも銀行口座にもお金がないとき、出費を抑える生活をすれば乗り切ることもできますが、何かしらの支払いが必要になるような場合には、出費を抑えるなど自分の努力だけではどうにもなりません。

そのような場合には、手元にお金がないのであればお金を借りるしかありませんが、このような状況になっている人の中には、既に多数の借り入れがあってローン審査を受けても融資NGとなってしまうこともあります。やはり、お金を貸しだす側も返済してもらうことが大前提となってきますので、他社ですでにたくさんの借入がある人にはお金を貸したくないわけです。

また、今は総量規制の問題もあるため、すでに多数の借り入れがあると返済能力云々とは別に、貸せない事情もあるのです。このような状況下では、新たな借入をしたいと当事者が願っても相手してくれる消費者金融会社やキャッシング会社はなかなか見つけられないものです。

ただし、すべてのケースにおいて借金が多いので借りれないかといえば、そうでもありません。つまりは、例外とも言えるようなケースもありますので、今回用意したいお金がどうしても必要なお金なのであれば、その情報を知っておきましょう。

どういう方法があるのかといえば、消費者金融やキャッシング会社などのノンバンクの賃金業者からお金を借りた場合、それは総量規制の対象に含まれますが、一方で言えば銀行カードローンは対象外となっています。

そのため、仮に消費者金融やキャッシング会社からのたくさんの借り入れがあっても、銀行系カードローンならば可能性がありますので、どうしても融資を得たい場合には三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンなど大手都市銀行やメガバンクの銀行カードローンはもちろん、セブン銀行や楽天銀行、さらには地方銀行や信用金庫などが設けているカードローンにも目を向けて、借り入れることを考えてみましょう。

もちろん、銀行カードローンにも審査がありますので、申込をしたからといって必ず借りられるとは限らないのですが、多重債務者や総量規制オーバーの人であっても可能性としてはありますので、どうしても借りたいお金がある場合にはここにチャンスを求めてみてください。

今すぐに新規の借金をしたいものの実は既に多重債務という人の解決策


借金はできればしないほうが良いですが、そうは言っても現実的な問題として仕方のない事情もあります。毎月の給料収入や自営業者の事業収入だけでは、うまくお金がまわらずに借りないとどうにもならないこともあるからです。

このようなときに悩んでいても仕方がありません。払うべきお金がないからこそ悩むわけですが、悩んでいても払わなくてよくなることなどないからです。

親御さんや知り合いから借りたお金を返すという程度のことであれば、まだ先延ばししてもらうこともできるかもしれませんが、水道光熱費やスマホ代などのインフラや通信費、さらには家賃やローン返済の原資などのためにお金が必要ならばそれを先延ばしにすることなどできません。

また、お子さんの入学金や受験料、授業料といった教育関連のお金、塾やプールの受講料なども同様です。そのほかにも税金や延滞金、罰金なども待ってくれませんし、年金や保険料も同じです。そのため、今現在お金に関して何かの悩みを抱えているのであれば、悩むのではなく話を前に進めるようにしましょう。

そして、幸いなことに、この日本にはお金に困ったときにそのお金を貸してくれる会社が山ほどあるのです。消費者金融やキャッシング会社はその一例ですし、昔から人や企業にお金を貸す銀行は、今は無担保で保証人もいらないフリーローンとして銀行カードローンのサービスを用意しており、即日審査などでお金を貸してくれます。

ただし、ひとつ覚えておきたいのは、それぞれの業者からお金を借りるとなれば必ず審査があることです。特に、他社ですでに借入が複数あるような状態で新たな借金を申し込むとなれば、結果に関しては厳しいケースも多いです。

そのため、もしもこのような事例に当てはまるのであれば、審査が甘い会社に目を向けておきましょう。すでに多重債務者のような状態でも、消費者金融やキャッシング会社の小規模事業者である街金ならばお金を貸してくれることがあるのです。

もちろん、総量規制オーバーに引っかかってしまうようであれば、その際にはまた別の対応として銀行カードローンを活用するなどの手段を講じないといけないのですが、そこまででない状態の多重債務であれば、街金などの審査が甘めの会社を頼って借金が多いので借りれないという状況に陥らないようにしましょう。

複数の借金を抱えている人はどうすればスムーズに審査が通るのか?


消費者金融やキャッシング業者からお金を借りる際には、必ず審査があります。この審査に通るかどうかが、お金を借りられるかどうかの分かれ目になるのですが、やはり審査に通りやすい人もいれば通りにくい人もいます。

基本的には職業などで選別されるようなことはないのですが、収入状況はやはり重視されます。正社員や公務員などの場合には、雇用が安定しているために最もスムーズに審査を通過できると言われていますが、それに比べて派遣社員などの場合には、やや審査の際に厳しく見られるものです。

また、フリーターやパートタイマ―なども同様ですし、自分で収入を得ている個人事業主や自営業者、会社経営者なども同様です。そして、このような側面とは別に、個別の事情によっても審査が通るか通らないかが大きく変わります。特に重視されるのは今現在どれぐらいのローンを抱えているのかなのです。

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどもそうですが、フリーローンと呼ばれるキャッシングサービスや銀行カードローンサービス、クレジットカードを使って借りているお金もそこに含まれます。これらは、信用情報機関を通じてそれぞれの業者が情報交換し合っていますので、審査の際に見られるのです。

そして、まったく借金がなかったり、あっても多少の借入であればそこまで問題視されるようなことはないのですが、4社や5社の消費者金融など複数社からの借り入れがあると、不都合に影響することもあるのです。

もしも自分がこのような状態で新たな借入を希望するのであれば、審査をどうすれば通りやすくできるのかを覚えておきたいものです。そうしなければ、借金が多いので借りれない状態になり、自分が必要なお金を用意できないわけですから、それだけは避けたいものです。

そして、このヒントとして覚えておきたいのが、消費者金融会社やキャッシング会社の中でも小規模消費者金融会社として知られる街金です。消費者金融会社と言えばプロミスやアイフルなどの大手ばかりが思い浮かびますが、一方で小規模業者もあるのです。こうした会社は審査がスムーズなケースも多いために、借りる際には相談してみましょう。