銀行カードローンが一番だけどどうしたらいい?

銀行カードローンでの借り入れをするには、どうしても銀行は審査が厳しいのでは?というイメージがつきまといます。

確かに、銀行は審査が厳しく、申し込み者本人の属性を重視します。つまりは、返済能力があるかどうかということを審査するのです。ですから、融資金額にもよるのですがフリーターなど定職に就いていない人は不利になるのは間違いありません。

また、公にしていませんが、銀行の場合は多重債務のある人を審査対象から外しているのは間違いないでしょう。銀行が恐れているのは、債務の件数というよりも貸付けが焦げ付くことです。ですので、返済能力の有無が重視されるということですね。

楽天銀行などはその点、個人向けの融資に積極的という評判もありますから、ネット銀行でも良ければ融資の申し込みをしてみてもいいでしょう。

また、先述しているとおり、多重債務となっていて、新たな融資を受けたいときは、そのままでは銀行カードローンの審査をパスするのは難しいでしょう。

おすすめ消費者金融系カードローンとしては、中小消費者金融のカードローンとなるのですが、多重債務で金利の高いカードローンに申込むのはある意味自殺行為と言えます。多重債務で新たな融資の申し込みというのは、健全に借金を返済しているとは捉えられていません。ですから、銀行などはその時点で審査対象から外してくるわけです。

カードローン各社は同じ考えですから、それでも銀行カードローンを利用したいというのでしたら、残された手は借り換えローンなどで債務を一本化するしかありません。この場合は、現在の多重債務の状態を説明して、なんとか今よりも楽に返済したいということを金融機関に伝えるのです。

この場合は銀行などでもいいでしょう。多重債務で延滞無しでしっかりと返済している部分は評価されますし、カードローンの申し込みの目的が多重債務の返済にあるということでしたら、銀行も借り換えの相談に応じる可能性もあります。

頼みの綱としては、それまで返済が苦しくても一度も延滞がないというのが条件になります。そういった場合のみ、銀行カードローン(借り換えローン)の審査をパスする可能性があるのです。

消費者金融会社では、総量規制があるため新たな融資というのが金額の面で高いハードルとなります。銀行系のカードローンがどうしてもだめな場合は、消費者金融系の不動産担保ローンなどを活用する方法もあります。

不動産を担保にするので、資産がないとどうしようもないのですが、不動産があればそれを担保に新たな借り入れも可能です。その場合は、総量規制の対象外となるので、考えてみる価値はあるでしょう。