審査に通るか不安な場合はどうしたらいい?

融資を受けるのですから、審査に通らなければどうすることもできません。大手の消費者金融会社の多くはメガバンクなどの銀行の傘下になっているので、審査も銀行ほどではないにしても厳しくなっているようです。

また、銀行グループに属さない大手消費者金融会社としてアイフルがあります。審査が甘めということでは決してないのですが、借りやすい消費者金融会社として評価も高く、融資の申し込みをしてもいいでしょう。

アイフルはみずほ銀行と提携しているので、全国のみずほ銀行ATMが利用できるのもメリットと言えます。すでに、借り入れをしていて、さらに融資の申し込みをする場合は、借入件数が1、2件程度でしたら、銀行カードローンの申し込みも可能です。

もっとも、申し込みの時点で却下されることはありませんから、まずは申し込みをしてみて審査は申込先に委ねるということになります。それぞれの金融機関が独自の審査基準を持っているのですが、大元は信用情報機関への照会で与信情報を精査します。

これが、もっとも大きな審査基準と考えていいでしょう。与信情報ですから、申込者の信用度を重視しているということになります。いくら、大手企業に勤めていて年収も高くても、それ以上に債務があるようでしたら、審査に通ることはないでしょう。しかしながら、住宅ローンは借り入れは考えないことが多く、他社からの債務の記載でも「住宅ローンは除く」と書かれている場合が多いです。

カードローン申込者の多くとは言わないまでも、カードローンをすでに利用してさらに融資をお願いするパターンが多いようです。

基本的にカードローンの申し込みの場合は、収入証明書が必要になります。中小消費者金融会社では収入証明書が不要という場合もあるのですが、申し込みの際は収入証明書を用意しておいたほうがいいでしょう。収入証明書が必要ないという場合でも、状況によっては提出をお願いする、という但し書きがある場合が多いです。

カードローンの場合は、専用のカードが配布されます。それによってコンビニATMなどで入金(支払い)をしてもいいですし、限度額内であれば、出金(借り入れ)も可能です。新しいカードローンへ融資の申し込みをするよりも、融資限度額に余裕があるようでしたら、すでに利用しているローンカードから出金したほうが手間いらずと言えます。

多重債務の場合は対象外という場合もあります。また、多重債務ではなくても、他社への返済額が多い場合も審査が厳しくなることは間違いありません。

審査に通れば、必要額がすぐに申込者の指定口座に、カードローン会社から入金があります。契約書が後回しになるくらいスピーディな場合があるので、すぐにでも融資をしてもらいたい場合は、消費者金融会社が有利でしょう。