総量規制があるけれど借りれるの?

総量規制というのは、年収の3分の1までしか借り入れができない規制です。いろいろな抜け道がありそうですが、1社からの借り入れが年収の3分の1というわけではなく、債務総額が収入の3分の1以上であってはいけないというものです。

総量規制を分かりにくくしているのは、抜け道というか規制対象外があることです。まず、金融機関の中でも銀行は総量規制対象外となります。ですから、銀行系カードローンは総量規制対象外なので、審査に通りさえすれば銀行カードローンが設定する融資限度額いっぱいまで借り入れを利用することができるのです。

いっぽうの消費者金融系カードローンでは、総量規制が適用されます。もっとも、総量規制ができたのは、消費者金融カードローンからの借り入れを減らすためのものです。そもそも、総量規制というのは貸金業法の中で定められた制度です。貸金業法は貸金業者が遵守しなければいけない法律です。

それでは、銀行は貸金業者ではないのかということになりますが、銀行には貸金業法が適用されないのです。ですから、貸金業法の中で定められている総量規制も対象外ということになるのです。

法律では、銀行は銀行法が適用されるようになっています。銀行と消費者金融会社などの貸金業者とは、明確に分かれているということになるのです。

ですから、借り入れがあってさらに借りたいといった場合は消費者金融会社では、総量規制が適用されるので、どれだけ借りているのかが、信用情報機関の照会などですぐにわかってしまいます。そして、審査が甘いとされている消費者金融会社でも審査に通ることはありません。

それでは、銀行に融資の申し込みをしたらいいのではと考えます。審査スピードはクイックというわけではないのですが、審査に通れば金利も低めですから返済も楽になるでしょう。しかし、銀行は多重債務というものを嫌っています。ですから、他に借り入れがあれば住宅ローンを例外として考えても、審査に通ることは難しいといえます。

銀行カードローンを最初からドンと借りておいたほうがいいのは間違いありません。もともと、総量規制というのは個人の借りすぎを防止するためにできたものです。消費者救済の目的からできたものなのですが、きれい事ではなく、それまで借金の返済のために新たに借金をするといった自転車操業的な人の多くを自己破産や任意整理に追い込んだとも言われています。

また、総量規制などの法律を遵守しない、さらには利息制限法なども遵守しない、いわゆるヤミ金に手を出してしまった人も少なからずいることでしょう。

限定的な時期かもしれませんが、総量規制が始まった2010年には多くの人が資金繰りに困ったことでしょう。もっとも、2006年スタートの貸金業法にも謳われていたので、影響は限定的だったという声もあります。

債務があって、さらに借り入れを行う場合、総量規制が心配でしたら銀行カードローンを申込むのが得策です。あるいは、配偶者に相談して借り入れの申し込みをしてもらうといった方法もあります。

銀行への融資の申し込みが無理な場合、消費者金融会社などのキャッシング会社にカードローンの申し込みをするようになります。カードローンは借金ですが、限度額内ではいくらでも入出金を繰り返すことができます。ですから、ある程度返済しているのであれば、その範囲内でキャッシングを行って、資金を融通するといった方法もあります。