他社債務がある場合もきちんと報告すること

金融機関に融資の申し込みをすると、必ず記載しなくてはいけないのが他社からの借り入れがないかということです。

カードローンの申し込みには必須のこの事項ですが、消費者金融会社のカードローンや銀行カードローンの申し込みで、少しでも融資を受けたいと思うでしょう。そうなると、他社からの借り入れがあっても、「借り入れ無し」と記入する人もいるかもしれません。そうすると、審査に通りやすいのではないかと考えるわけです。

しかし、金融機関は信用情報機関に加盟しているので、申込者本人の照会を信用情報機関に対して行います。そこに加盟している金融機関に残債がある場合は、すべてわかるようになっているのです。

ですから、自己申告の他社からの借り入れはゼロと記載しても、実際に借り入れがあればすぐにわかってしまいます。虚偽の記載はそれだけで審査に通ることはありません。1円たりとも合わなくてはいけないというわけではないので、万単位あるいはもっと大ざっぱでも構わないので、きちんと記入するようにしましょう。

消費者金融会社からの借り入れは総量規制があるので、それほど多くの借り入れはできないようになっています。この総量規制というのは、年収の3分の1までしか借り入れすることができないというものです。銀行は総量規制対象外ということですから、まさに消費者金融会社の過剰融資を防止するための措置と言ってもいいでしょう。

もっとも、一般の人で自分の年収くらい借金があると、返済できるのか不安になるでしょう。さらに、もっと融資の申し込みをしようと思ったら、消費者金融系カードローンでしたら総量規制があるために新たな借り入れはできません。そのあたりも念頭に入れておかないといけませんね。

銀行や消費者金融会社などの金融機関は、他に残債がある人からの融資の申し込みに対して審査は慎重に行います。というのも、返済に窮して融資の申し込みをしているのではないかと思うからです。

実際に、借りる側としてはそれが本音であることは間違いありません。お金が必要だから融資の申し込みをしているのですから当然です。もっとも、その場をなんとかしのげばいいと考えていると、金利の高いカードローンでもなんでもいいということになってしまいます。そのあたりは金融機関も見抜いています。

そして、先述したように他社債務があった場合、自己申告意外にも信用情報機関への照会でわかるようになっていますから、残債があればきちんと申告しなくてはいけません。

多重債務に陥った場合は、おまとめローンや借り換えローンなどを活用した方がいいでしょう。おまとめローンには大きな利点が2つあります。1つは、名前のままなのですが多重債務を1つの債務にまとめることができるという点です。

1つにまとめるということで、多額の融資を受けなくてはいけません。ですから、カードローン審査も厳しくなりそうですが、可能性を信じてしっかりと申込むようにしたいものです。

融資対象に制限はありません。成人以上でしたら、誰でもOKです。ただし、高齢者は無理で60歳くらいまでの年齢制限をしている金融機関がほとんどとなっています。

おまとめローンのメリットは、返済の総額を減らす効果が期待できることです。多重債務で利息を含めて全体で200万円あったとしたら、おまとめローンにすると返済総額が190万円になる可能性があるのです。それは金利差によるものですが、そうなると月々の返済額も少なくなるので、多少でもゆとりのある生活ができます。

カードローンですから、融資限度額内であればいくらでも出金(借金)ができるのですが、それもおまとめローンにしたら多重債務の時代よりも楽になるでしょう。

もっとも、金利の高い消費者金融会社のおまとめローンにしたら、反対に返済総額が増えるケースもあるので注意したいところです。おまとめローンの金額が高額になると、保証会社に保証を頼まなければいけなくなるケースもあります。

ややこしいのですが、保証会社の保証が得られれば総量規制の対象外となるのです。特に個人事業主の場合はこのケースが多くなるようです。

もう一つの利点は、債務を1つにすることで、万が一他の金融機関に融資の申し込みをするときに審査に通りやすくなるというものです。これは多重債務ではないですから、金融機関の心証も良くなると言うことですね。実は、多重債務からおまとめローンにする狙いはここにあります。

ですから、先述していますが、金利の関係で多少でも返済総額が上がる場合でも、おまとめローンにしたほうが後々のことを考えるとメリットがたくさんあると考えたほうがいいでしょう。借り入れがあっても、さらに借りることができるというメリットと安心感は計り知れないものがあるのです。

そして、融資は受けなければ意味がありません。審査に通るためには申込書に虚偽の記載をしないことが最低条件となります。特に銀行系カードローンは審査が厳しいですから、虚偽が見つかればその時点でアウトとなります。それは、大手消費者金融機関でも同様です。

銀行では、みずほ銀行カードローンや楽天銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンなどが人気です。使い勝手も良く、サービスが良いというのが人気の秘密のようですよ。さらにおまとめローンとなれば、東京スター銀行などが力を入れているので申し込みをしてみるといいでしょう。