総量規制で借り入れ4件以上はNG?


手持ちのお金がなくなって給料日までまだ長いというとき、金融機関から借金をすることができれば月末まで困らずに済みます。

ですが、お金がなくなる度に貸金業者から融資を受ける手段を繰り返していれば、当然借入先の数が増える一方になり多重債務者になってしまう可能性がでてきます。

十分な収入があるなら、借入債務より返済額が上回るので問題はないのでしょうが、新しい消費者金融会社などに申し込みをするときに他社借入れ件数が多過ぎると、審査で引っかかってしまう原因になり、一般的にその数は借り入れ件数が4件以上といわれています。

借り入れ4件以上という件数になるのは、貸金業法の総量規制が原因の一つです。

総量規制とは、全ての貸金業者からの借入総額が年収の3分の1以内に収まるように貸し付け額の制限をしなければいけないという決まり事のことです。銀行カードローンやおまとめローンは総量規制対象外なので、借入者は年収の限度額を気にせずに申し込みやすくなっています。

どうして借り入れ4件以上になるのかというと、一般的に年収が300万円や400万円くらいの人が多いことが影響しているようです。年収の3分の1というと、100万円や133万円くらいという計算になります。

フリーローンの中小消費者金融などは、1社につき借入限度額が30万円くらいのところが多いので、その3倍というと90万円くらいです。4倍にもなれば借入額が120万円になり、年収400万円の人はともかく300万円の人では総量規制に引っかかってしまいます。

このようなことから、一般的な年収の相場によって「借り入れ4件以上」という目安の数が広まったのだと推測できます。本当に借り入れ4件以上で審査に通りにくくなるのかは、ネット上にあるカードローン審査実体験やキャッシング体験談などを参考にしてみるのもいいかもしれません。

これから大手消費者金融や銀行系カードローンの申し込みをしたいのに、すでに借り入れ4件以上になっているという場合、借金を増やさないで済む方法を検討してみてはいかがでしょうか。

長期的に借り入れや返済を繰り返しているなら、弁護士さんなどの専門家に相談することで、もしかしたら過払い金返還請求ができることも考えられます。多重債務をおまとめローンで借り換えすれば、場合によっては今より金利が全体で安くなることも期待できます。

このまま返済していくのが難しいという場合は、債務整理をするという選択肢もあります。いくら審査に通りにくくなったとしても、うっかり闇金に申し込んでしまわないように注意してください。

借り入れ4件以上あるときのおまとめローン


借金をあちこちの金融機関からするようになると、借り入れ4件以上になってしまうことも考えられます。複数から借り入れするようになったら、1カ月の間に返済する回数がそれだけ多くなるのでスケジュールの管理がとても面倒になってきます。

そんな多重債務者の状態になったとき、借り入れ件数を減らせるのがおまとめローンです。おまとめローンは、東京スター銀行などのテレビCMや広告でずいぶん定着しましたね。

CMを見ていればだいたいの特徴はわかりますが、おまとめローンは一カ所の金融機関に借金の借り換えを行い一本化できるという商品です。借り入れ4件以上あると、毎月返済を4回行わなければいけませんが、おまとめローンなら1回にできますので、うっかり期日を忘れてしまったというミスを回避しやすくなります。

貸金業者は貸金業法が改正されたことにより利息制限法があることから、上限金利という制限が金利にあります。10万円以下なら課せられる金利は最高で20%まで、10万円~100万円なら18%まで、100万円を超えると15%までです。

少額ずつ借り入れ4件以上の場合、最高20%までや18%までの融資をあちこちから受けていることになりますが、おまとめローンでまとめて1箇所にしてしまえば最高15%になる可能性が期待できます。

ということは、おまとめローンに借り換えすれば支払う利息を節約できるようになるということです。しかし、借り入れ4件以上に達しているということは、おまとめローンの審査に通ることが難しいかもしれません。

キャッシングやカードローンに申し込みをするとき、利用限度額が一人一人に決められます。これは審査内容によって決定されるのですが、多くの人は10万円や30万円や50万円までです。

もし50万円まで融資が受けられる人なら、4件すでに借りていると、50万円×4件=200万円となります。収入額に対して返済が難しくなれば、そのことが審査結果に影響を及ぼすのも目に見えています。

ということで、借り入れ4件以上になるとおまとめローンに申し込みをしても難しい可能性が高まるというわけです。

ユニーファイナンスは他社借り入れ4件以上でも可能?


おまとめローンについてインターネットでいろいろ調べていると、中小消費者金融のユニーファイナンスの名前が取り上げられていました。

ユニーファイナンスの公式ホームページを見てみたところおまとめローン商品はないようなのですが、無担保ローンでは1万~300万円という高めの融資金額となっています。無担保ローンの他は不動産担保ローンやビジネスローンですので、きっと無担保ローンをおまとめローンとして利用するのでしょう。

一般的に貸金業者は貸金業法の総量規制が適用されますので、年収の3分の1以下までしか貸し付けできないことになっています。

ユニーファイナンスの無担保ローンの貸し付け条件を見てみると、連帯保証人や担保の項目に専業主婦(専業主夫)の方が申し込みをされる場合は、配偶者の方から同意をもらってくださいとあります。

専業主婦(専業主夫)の方はご自分が直接受け取る年収がないために、他の貸金業者(消費者金融など)では借り入れできないことになっています。ということは、おまとめローンとして利用されている商品だからではないでしょうか。

ユニーファイナンスのような中小消費者金融は50万円くらいのところが多い傾向があります。それを上限300万円というのは、かなりの高額さです。金利も12.00%~17.95%ですので、良心的ではないでしょうか。

ユニーファイナンスの無担保ローンに申し込みをするときは、所得証明や健康保険証、運転免許証などの提示が必要です。身分証明書が2点以上必要になるところは、大手消費者金融が1点で済むのと違うところです。

ユニーファイナンスはインターネットやお電話、FAXで全国から申し込み手続きができますし、店頭窓口へ直接出向くこともできます。店舗は有人と無人とがあり、友人は名古屋の名駅近くの本店、無人店は名古屋に2店舗、尾張地区に3店舗、三河地区と三重地区にそれぞれ1店舗ずつあります。

専用の「FITカード」を持っていれば、新規以降でしたらすぐにキャッシングができます。プロミスのATMと提携していますので、全国で借り入れと返済ができる環境が整っています。

申し込みを店舗まで出向いて行い契約まですませれば、平日の14時までに審査まで終わった場合、即日にご指定の口座へ振り込まれます。店舗まで行けない方は、郵送にて契約書のやり取りがあり、書類をユニーファイナンスへ返送すると到着したあとで口座に振り込み融資されます。

フリーローンではなく何回でもキャッシングできますので、借り入れしたいときに毎回審査に通らなくてはいけないことがありませんから、とても利便性が高いのではないでしょうか。

借り入れ4件以上なら中央リテールでプロに相談


中央リテールには、主に「貸金業法に基づくおまとめローン」と「不動産担保ローン」などの商品があります。

貸金業法に基づくおまとめローンは担保なしで借り入れすることができ、最高500万円まで可能です。利率は年率10.95%~13.05%と大変低金利になりますので、借り入れ4件以上している場合、借り換えをすることで利息の一部が浮くのではないでしょうか。

金利は日々どんどん加算されていきますので、一本化するなら早い方がいいはずです。最短で1日の融資も可能ということですから、早く金利を抑える手続きをしたい方や、仕事などの都合で早い方が時間が取れる場合などに最適です。審査結果がわかるまで、最短2時間だということです。

貸金業務取扱責任者という国家資格取得者が相談窓口で対応してくれますので、的確な助言を受けることができるでしょう。貸金業務取扱責任者は、恐らくどこの金融機関にでもいるわけではない資格です。

おまとめローンという言葉はテレビCMや広告などでずいぶん浸透してきましたが、せっかく他社で借り入れできている融資を別の貸金業者に借り換えするとなると、心配なことも多いのではないでしょうか。

中央リテールのホームページにはおまとめローンや不動産担保ローンの他にもビジネスローンや多目的ローン、リフォームローン、証券担保ローンが用意されています。おまとめローン以外の商品の方が有利なケースもあるかもしれませんので、総合的に相談しアドバイスをもらってみてください。

お電話の場合は中央リテールの営業時間内となりますので、平日の9~18時の間です。申し込みがすむと審査が開始されます。審査結果より、契約日が決められます。証明書などの手続きが全て完了したら、契約が締結します。

中央リテールの公式ホームページには「クイック診断」があります。もし、他社からの借り入れ4件以上を抱えつつおまとめローンへの借り換えに迷っているなら、一度診断を受けてみてください。

借り入れ4件以上になったら東京スター銀行のおまとめローン


東京スター銀行といえば、テレビCMで早くからおまとめローンを紹介していた金融機関です。地方銀行というと一定のエリア内にしか店舗がないイメージですが、東京スター銀行の店舗は横浜や札幌、福岡、広島、梅田、名古屋、仙台など、全国的に30店舗以上展開している状況です。

銀行は平日の15時までの営業時間が一般的ですが、相談に関しては17時までオープンしており、土日祝日も受け付けている支店もあります。

オレンジ色にブルーのデザインが印象的な店舗です。ATMはゆうちょ銀行、セブン銀行、MICSのATMと提携していますので、これらのいずれかのATMなら、ご近所に一台はあるのではないでしょうか。

借り入れや返済はATMや店舗が身近にあると便利ですが、申し込みや審査はわざわざ足を運ばなくてもインターネットからスピーディに完結できます。

サイトから仮審査の申し込みをすると、最短3日で結果がわかります。最高1,000万円までまとめることができ、金利は保証料込みで年率5.8%~14.8%です。

申し込み条件がありますので、あてはまるかチェックしてみてはいかがでしょう。

  • 税込みでの前年度年収が200万円を上回る
  • 年齢が満20歳以上65歳未満である
  • 自己破産などの債務整理をしていない
  • ローンを今組んでいて返済の延滞をしていない
  • 直近の半年間の間に東京スター銀行でローン審査に落ちていない

東京スター銀行のおまとめローンは、正社員・派遣社員・契約社員の方は申し込みができます。アルバイト・パート・自営業の方は利用できないのですが、公式ホームページを見るとスターカードローンという商品が勧められています。定期的な収入がある方が対象で、学生さんでもOKとのことです。

スターカードローンも1,000万円まで(10万円以上)利用可能ですし、金利は保証料込みで年率1.8%~14.6%ですから、高額になればなるほどこちらの方が有利ということになります。

申し込み時には必要書類の提示が求めれるものですが、デジカメや携帯電話、スマホで撮ってデータを添付したものを送信すればいいので、郵送などの手間が必要ありません。利用限度額の範囲内で、何回でも借りたり返済したりを繰り返すことができます。

ちなみに、事業性資金の使途の方は、スタービジネスカードローンという商品が勧められていますので、あてはまる方は参考になさってみてください。