まとめローン、涙の訴え?

まとめローンの要件として、多重債務になった時点から返済能力が高くなったと認められる方でなければ、審査には通らないと言われています。要するに、収入が上がっていることが条件にあります。

キャッシングやカードローンの審査の中に、勤務年数があります。新入社員や1年未満の方は最初から審査に通らないことが考えられますが、まとめローンの申し込みのときには、順調に行けば最初の借入から勤務年数も増えて年収も増えていると考えられます。

ところが、途中で会社をやめていたり、収入が大きく減っている場合、そのパーソナルデータの時点で審査に通らないことがあります。転職したとして収入が上がっていても、勤務年数が浅いことでも審査は厳しいのです。勤続年数に関しては、その安定さが求められるからです。

借金をする行動心理として、あちこちと変わって目移りしてしまう、一つのことに集中できないことは完済能力の低さを表しています。まして、多重債務であることは、あちこちから借金を続けていることです。そうして経緯を見るに、転職を続けていたり、一貫した生き方や収入の増がない場合、厳しい審査の前に立ちはだかってしまうのです。

この点で、借金をまとめるまとめローンに関しては、審査がどうしても厳しくなってしまう現実があると言われています。全て合わせて数十万円というまとめローンにしても、返済負担率等から少ない金額ならまとめローンの審査にも通りやすいということはないのです。

ただし、キャッシングの申し込みと違い、まとめローンの申し込みは電話や来店をして、自らアピールすることをお勧めします。転職にしても借金の理由にしても、◯◯だから◯◯したと“言い訳”ができます。

転職したのは収入が上がるため、あの借金はこんなことがあったと自ら弁明をすることで、だから利息の少ない借り換えローンにしたいと宣言する機会があります。

多重債務で返済が順調にいっている方なら、各金融業者ではそのまま普通に返済してくれたほうが良いのです。一方、まとめローンの金融業者では、借金をまとめることで多額のローンを組むことで収益は大きいと考えますが、こうした返済ができる、完済できるとアピールされることで、審査の内容が多少よくなるのではないかと思われます。

ただし、一度も金融事故、延滞、滞納などを起こしていない方限定の方法です。金融事故経験者ではないことです。