多重債務とまとめローン 銀行カードローンが理想だけど

多重債務をまとめることができれば、返済も楽になります。まとめローンは元金はそのままで、利息を大きく下げることを目的としたものですが、簡単にはいかないようです。

総量規制が関係する消費者金融では、別枠の商品としてまとめローンが存在しています。あまり知られていないのですが、大手消費者金融にも中小消費者金融の一部にもあります。

余談ですが、どうして前面に宣伝をしないか?というと、低金利だからという方もいます。確かに、債務者にとっては多重債務の解消と低金利の総返済額減少ができるまとめローンですが、金融機関にとってみると、利息が減ってしまうと儲けも薄くなってしまいます。なるほど説得力のある内容で、真偽の程はわかりませんが。

まとめローンに関しては、銀行カードローンの審査に通ることである程度は解決ができます。もともと限度額が大きいカードローンでは、まとめローンに利用することが可能です。

また、銀行でのまとめローンもあります。銀行では消費者金融とは違う金融法律の適用で、年収3分の一範囲内の総量規制の縛りがありません。ですから、銀行で規定している限度額が適用されるのですが、その時にまとめローンとしての適用もできます。

しかし、銀行は審査に時間をかけますから、すぐの結論はでませんが、少なくとも金利はかなり低くなることでしょう。現在、高い金利の多重債務者であればあるほど、まとめローンの恩恵は大きいのです。

ただし、どの金融機関でも延滞している状態での借入の申し込みは絶対に審査に落ちます。いかなる理由であっても、数ヶ月前に延滞していたと現在返済をしていないでは、状態が違います。普通のキャッシングでも同じですが、キャッシングやローンの申し込みの先の延滞はゼロにするのが鉄則です。

今の多重債務の返済が苦しいからまとめローン、借金を一つにまとめるのは良い案ですが、延滞しているしというのではNGですし、延滞しそうな収入しかない場合も審査は難しいでしょう。

そのような返済そのものが大変な方は、まとめるのではなく、減らすことを考えてください。債務整理です。金利を下げて返済を少なくするのではなく、金利そのものをなくしてもらう交渉をする任意整理がおすすめです。それしか、今の事態を打開できないかもしれません。