借金まとめる 主婦 審査

金融機関などから借入れをする主婦が増えているそうです。

主婦と言っても、専業主婦や仕事を持っている兼業主婦、兼業主婦でもフルタイムで働いている人、パートで働いている人など様々です。そのような主婦がカードローンなどでお金を借入れしている人が多いというのですから、何に使っているのか興味のあるところです。

大抵はお付き合いなどで見栄を張って、ブランドものの服を買い揃えて、ランチなども高いホテルのバイキングを利用するなどしているのでしょう。カードローンでも金利の低い銀行カードローンならいいのですが、それでも借金は借金ですから返済が待っているのは間違いありません。

銀行カードローンで借入れができるのでしたら良いのですが、銀行カードローンでの借入れができない場合は、消費者金融会社からの借入れとなってしまいます。そうなると、金利も銀行カードローンよりも高くなってしまうので、自分の力だけでは返済に窮する場面も出てくるかもしれません。

また、配偶者控除を受ける範囲内でしたら自分の稼ぎも103万円以内という制限があります。実際これは、健康保険や年季なども夫である被扶養者の稼ぎの範囲内で控除を受けられるものです。

そうなると、主婦が自由になるお金は限られてくるということになるのですが、実際には家計の一切を主婦が切り盛りしているのが普通ですから、借金をしても家計から返済できるというメリットがあるのは言うまでもないでしょう。

しかし、それが夫の稼ぎの中というか、収入の中からできるような返済額ならいいのですが、借金を重ねてしまうとカードローンの利用限度額一杯になってしまって、借金の返済をするために借金をするようになってしまうと、あらたなカードローンからの借入れをしてしまうようになってしまうのです。

それが銀行系カードローンでしたらまだいいのですが、消費者金融系でしたら、金利も高いのでかなりの返済額になってしまうでしょう。返済が少しでもゆったりなようにするには返済期間を長くしてしまいがちですが、そうすると返済総額も高くなってしまいます。借金というのは一度してしまうと、そのまま雪だるま式に増えていってしまうものです。

カードローンも一つや二つくらいでしたら主婦でも借入れができるのですが、それが3つや4つとなってしまうと審査も通りにくくなるでしょう。銀行はもとより、消費者金融会社でも配偶者である夫の会社に連絡が入るパターンもあります。

現在の金融機関は、配偶者に内密にしての借入れを嫌う傾向がありますから、配偶者に知られないようにするためには事前の調査をしっかりとしておく必要があるでしょう。借入れを重ねてしまうといつかは、返済に窮するようになってしまうのは間違いありません。

実際に返済に窮するようになってしまうと、返済しているのは自分のパート給料というよりは家計からということになってしまっていると思います。そうなると、遅かれ配偶者である夫にも借金がバレてしまうでしょう。

そうならないためにはどうしたらいいのでしょうか。実際に借金というのは隠し通せるものではありません。自分の自由になる範囲内で、家計にも影響がないのでしたら大丈夫なのですが、主婦がする借金というのはそうできないことが多いのです。

それでは、どうしたら良いのかと言うと、一つや二つの借金の返済であれば毎月の返済額を抑えることで、返済期間が長くなっても完済することができるかもしれません。

しかし、借金の数が3つや4つ以上になってしまうと、新たな借金も審査に通ることができなくなり、なおかつ毎月の返済にも窮してしまうでしょう。そうなると、任意整理ということにもなりかねません。

そのときは、配偶者である夫にも借金がバレる可能性もあります。(任意整理では身内にはわからないという説が一般的ですが、実際には無理があるようです。というよりもバレる可能性のほうが高いです)ですから、まずは複数の借金の一本化を目指すようにします。

それが、借り換えローンあるいはおまとめローンと呼ばれているものです。複数の借金をそれぞれ返済していると、さらに借金の返済をするために新たな借金をするようでは、いずれは破綻して債務整理をするようになるのは免れません。

さらには総量規制というものがあり、消費者金融系のカードローンでは借りることができなくなります。かといって、審査に厳しい銀行カードローンでは、総量規制がないものの審査に通ることはできないでしょう。

いずれにしても、八方ふさがりになるのは間違いありませんから、おまとめローンに頼るしかないのです。借金完済の可能性としてはそれしかありません。借り換えローンもおそらくは消費者金融系の借り換えとなるでしょう。

しかし、総量規制の問題もあるので、まずは銀行系の借り換えローンなどで相談するようにしたほうがいいです。借入限度額などの問題もありませんから、まずは銀行に相談するようにします。

複数の借金がある場合は返済日もまちまちになることが多いですから、数多あるカードローン商品で自分あったものを探すようにしましょう。複数あるローンカードを一枚にして、できるだけ早く借金を一本化するようにしましょう。

カードローン会社も、借り換えやおまとめといったものについては融資に対する審査も甘めになります。というのも、明らかに借金を返済するという明確な意思を感じるからです。

もちろん、銀行カードローンと消費者系のカードローンでは審査の甘い厳しいといった違いはあるでしょう。しかし、返済するという強い意志を感じるのは間違いありません。

また、一本化することで返済が楽になるというメリットもあるので、そのあたりも金融機関は評価してくれることは間違いないでしょう。