銀行のおまとめローンのススメ

銀行で借金を1つにまとめることができるメリットは、金利が安いからです。消費者金融では、どんなまとめ専用ローンでも銀行ほどの低金利を実現することはできません。

メガバンクなどでは、最高金利でも14%ですが、借り換えローン金額が高くなるほど低金利になります。また、1日の返済日に借金返済が終わるのは、多重債務者にとってもとても有り難いことです。信頼においても、消費者金融より銀行が高いことも魅力です。

まとめローン融資審査は、フリーローンよりも面倒です。カードローンなどは身分証明書だけで済んだものが、所得証明書と各社からの借り入れ証明書なども必要になります。

要するに、これから借入れするものは、この借金完済のためですと証明するためのものです。ここで、この証明がない場合は借入れができないことになります。まとめローンでなくなってしまうからです。

銀行カードローンのフリーローンは、使途自由です。そして、300万円程度の借入れなら所得証明書などは不要ですから、それで対応できる場合はあえてまとめローンにしなくても良いと考えられます。

面倒な提出書類を考えると、現在多重債務で銀行カードローン審査に通ってあちこちの借金を「自分でまとめる」事ができれば、それでもOKです。ただ、フリーローンとまとめローンの金利が気になるところです。

面倒な提出書類があったとしても、まとめローンの方が金利が低いのであれば、フリーローンではなくまとめローンを選択することをおすすめします。その時、キャッシングだけではなく、自動車ローンなども含める事ができればもっとお得になります。

ただし、借金と言っても、金利がもともと低いものに関してはまとめる必要はないでしょう。大手消費者金融、ローン会社など比較的金利が高い借金を1つにまとめ、返済シュミレーションなどをした上で申込をしましょう。銀行の場合、この件数として3件程度です。それ以上になると借入審査は難しくなってしまうといえます。

銀行のまとめローンに関しては金利は一定ではなく、融資担当者などでも対応がまちまちです。審査には時間がかかりますし、返済回数や返済期間などは直接相談をしてみても良いでしょう。インターネット完結で申込ができるところもあります。

または、担当者との話し合いで交渉して、まとめローンを勝ち取ったという口コミもあります。まとめローン専用窓口や電話などで直接問い合わせをして、銀行の低金利部分だけはしっかり享受されることをオススメしたいです。