まとめ専用ローンじゃなくても銀行カードローンはワイドな限度額

多重債務をまとめローンに借り換えすると、返済に大きなメリットがあります。そんな広告を目にしたことがあると思いますが、借り換えは住宅ローンなどでもおなじみの方法で、借金の残額の元金を、違う1つの借金にまとめることを言います。

現在、消費者金融や銀行カードローン、信販会社のフリーローン、自動車ローン等の数種類のローンの返済をしている方で、もしその全ての借金を1つにすることができたら、返済は1回で済みますし、全体の金利を大きく抑えることができれば返済額も下げることができます。まとめローンの魅力はそんな感じです。

ところが、まとめローンではなく、銀行カードローンを作るだけでも借金をまとめることが出来る可能性があります。まとめローンとしての専用ローンではなく、銀行のフリーローンは借入額がワイドです。

もし、収入が高い方の場合、審査の段階で高額な限度額のフリーローンを利用することができます。そうすることで、銀行のカードローンでまとめることも可能です。

お金が必要と感じた時に、金融機関はどこを使用するか迷います。WEB完結のネットローンができる金融会社、消費者金融などでは多いのです。メガバンクや、ネット銀行もフリーローンがたくさんあります。

そこで、目を引くのが利用限度額ですが、300万円・500万円と多額です。消費者金融カードでは、このような借入限度額の表示よりも即日融資や審査が早いということですが、銀行は利用できる最高金額の提示が目立ちます。

現在、多重債務者でその金額の借金をまとめる事ができるのなら、銀行カードローン審査を受けることをおすすめします。申込方法は簡単ですが、借り換えとしての利用を考えると、まとめ専用ローンよりも低い利息で借り入れができます。

銀行での借入れに関しては、審査は厳し目です。高額で低金利という好条件の借入審査に関しては、大手消費者金融以上に審査は大変なようです。即日融資はありませんし、銀行でのカードローン申込に関しては、一か八かです。

しかし、利用できるのなら、消費者金融よりも返済はずっと楽になります。まとめローンではなくても、銀行カードローンそのものの金利が低いので、多重債務完済後の返済は返済日一日で負担減になります。

利用者の口コミでも、多重債務解消と言うのは、それだけ完済ができた証拠。その上、その後の低金利の返済と言うのは精神的にもとても楽とあります。厳しい銀行の審査ですが、借金をまとめるだけではなく、返済が負担を大きく減らす事ができるのは魅力です。