まとめローンの審査が通らない 過去の事故情報は手痛いダメージ

銀行や消費者金融、店舗でのショッピングクレジットなどの他人からお金を借りた場合、これらの金融機関ではその方の個人情報を個人信用情報機関などに提出しています。日本国内には幾つかそのような機関が存在していて、その方の借金、返済記録が綴られています。

これは、一部の個人信用情報機関の情報を個人でも入手できるものですから、もしご自分の記録が気になる場合は問い合わせることができます。

新しい借り入れ申込みがある場合、金融機関では必ず照会をすると言われています。そこには、滞納や遅延、債務整理などの記録があり、原則10年間程度は、そのままの状態だと言われています。

この良くない記録がある方をブラックリストと言いますが、このブラックリストの方がまとめローンの申込者の場合、それだけで審査は通らないことになります。理由は信用がないからです。債務整理だけではなく、過去に延滞をしてしまったり、滞納をした地点でもOUTです。

まとめローンは総量規制対象外のローンとして、年収などが少し低くてもその方に返済能力があると金融機関が判断することで、審査が通ります。しかし、過去10年以内のこのような事故情報がある場合は、審査は無理だと思ってください。

そこで、個人信用情報機関への自分で行う照会です。本人だけに伝えられる自分の事故情報を入手し、そこで10年以降のまとめローンの申し込みならば、審査も通る可能性は大きいです。それまで待っているか、それまでも待てないのであったとしても、審査は通らないので諦めるしかないのです。

まとめローンのきっかけが、現在の返済が苦しいことであれば、債務整理も念頭に考えましょう。過去の事故情報は10年以上かかっても、まとめローンどころか普通のローンもできない場合もあります。そのような方は、今の借金額を大きく減らすことができる任意整理などを考えるほうが先です。