まとめローンの申告で嘘は厳禁 絶対にバレます

現在、多重債務で困っている方で、低金利のまとめローンに申し込みをしたけれど、なかなか審査が通らない方もいます。

ある方の経験談ですが、最初にシミュレーションの簡単入力でwebで申し込みをしたところ、仮審査は通りました。その方の多重債務の額が少し多かったために、後に所得証明書の提出をしたようです。

これは、まとめローン申し込みの時に多重債務が多い方に行う普通の審査で、特別なことではないのです。その後、本審査で通らない、まとめローンが利用できなかったというのです。

不審に思っていろいろと調べたところ、その方は大きく間違いを犯したことに気が付きました。多重債務で多くの借金の額があるからと、申込みをする時に年収の部分で少し多めに入力をしたのです。それも数十万円程度でした。

ところが、後で所得証明書の年収との差がでた、最初の年収の申告の時点で嘘の情報を入力した、これが審査が通らない最大の原因でした。勤務年数、現在の借金額なども同じ条件です。

いずれも、まとめローンを申し込みをした金融機関では、審査の段階で細かく調べますから、嘘は絶対にバレます。たとえ、現在の借金額が大きくても、年収が低いと感じたとしても、すべて正直に申告することが大切です。

多少のことくらいは大丈夫ということは絶対になく、審査が通らないと思っていても、最初の入力では正直に書くことが鉄則です。それで、審査に通らないとなれば仕方のないことですが、嘘をつかなければ、まとめローンが利用できかもしれないということであれば、嘘の行為はかえって大損という結果になるのです。