おまとめローン審査に通らない人にならない方法

銀行も消費者金融も信じられないとなると、きっと何回も審査に落ちた人なのかもしれません。しかし、自分が債務整理なんてしていないのに、お金が借りれなくて審査に通らないとすれば、まだお金が借りれる可能性があるかもしれませんよ。

例えば、信用情報に事故情報がないのに、銀行や消費者金融でお金が借りれないとか審査に通らない場合は、ブラックが原因で金融機関からお金が借りれないわけではありません。その他の原因があって、お金が借りれない事が考えられるでしょう。となると、総量規制が一番疑われるべき点かと思います。

総量規制対象外であれば、まだまだ借り入れが出来る身分だとわかるでしょう。ちなみに、消費者金融の総量規制は年収の1/3以上借り入れが出来ない制度となります。ですが、おまとめローンなどの返済目的融資であれば、例外として総量規制外で融資が受けられるのです。

よって、総量規制でお金が借りれない人は、借入件数を一本化してしまえば債務整理前ならば融資が受けられるのです。銀行でお金を借りるという方法でも、総量規制対象外で融資が受けられるので、検討してみても良いかと思います。

おまとめローンというのは、例えばA社とB社から融資を受けている場合、C社で一本化して返済していける返済方法であり融資プランとなります。月々の返済で困っているとか、何回も返済していてはせっかくの収入も台無しと思っている人が、有効に利用出来るサービスとも言えるでしょう。

しかし、返済能力が無ければ債務整理をするしかないので、おまとめローン審査に通らない場合は債務整理をして、信用情報機関に事故情報を登録する結果となるでしょう。返済額が払えるのであれば、おまとめローンの一本化は大変有効ですが、多重債務が酷く申込者が返済出来ない立場であれば、おまとめローン審査に落ちますので債務整理で一気に楽になる方法を取るしかありません。

債務整理後はカードでお金が借りれないし、ショッピングカード利用も不可能です。勿論、A社B社から今後一切お金を借りる事も出来ないでしょう。これが東京スター銀行やモビットであれば、かなり痛手だと思います。

いざという時に頼りになる有名カードも使えないとなれば、借入も今以上に困難になってくるでしょう。出来れば、早めに多重債務悪化を予知して、カード利用者は借金の一本化を検討して下さい。じゃないと、まだ大丈夫と思っているうちに、A社B社C社D社の返済額は膨らんでいる可能性があり、余分な金利が更に発生している可能性もあるのです。

こんな時に担当者に返済出来ませんなんて言えないと思いますから、出来るだけ借り換えローンなどは2~3件の借入件数を目処に、申し込みしておくべきだと思います。

独身であってまだ返済不可能の多重債務ならば、債務整理しても良いかもしれません。妻がいるのであればさすがに気まずいと思いますし、子供もいたら親が事故情報を持っているなんて、何とも情けないと思われてしまうでしょう。

正社員のせっかくの収入も借金返済ばかりではいけません。勤続年数もそこそこあれば、プライドを持って早めに借金の一本化をしておきましょう。勿論、どうしてもだめならば債務整理する以外方法はないでしょう。