人によってはおまとめローンに借り換えしない方がお得

おまとめローンに借り換えをして一本化しようとしている人は、複数の金融業者から融資を受けている状況にあり、これまで何度となく返済を行ってきた人のはずです。

融資を受け始めたときの元金とは借入残高が違っているでしょう。借り入れをしてからまだ一度も返済をしたことがないという場合であっても、金利が加算されていきますので、元金=借入残高ではないはずです。

おまとめローンに申し込みをするか考えているなら、今の時点の残高や利率などをもう一度確認してみることをおすすめします。もしかしたら、おまとめローンに移行しないで、このまま最後まで返済を続けた方が利息の合計金額がお得という可能性もあります。

おまとめローンについて既にリサーチをしていて、一本化してしまった方が月々の返済金額が少なくなるという方もいるかもしれません。しかし、月々の返済額が安くなった場合、逆に返済期間が長引いてしまっているというケースも出ていますから気を付けてください。

利息は借入残高に対して完済するまでずっとついてきますので、毎月の返済額が大きいほうが最終的にその金融機関に支払う総額が安くなることがあります。

おまとめローンを扱っている金融機関のホームページを見てみると、借入残高などの数字を入力するだけで返済シミュレーションができる便利ツールがタダで提供されているところがあります。そういった返済シミュレーションのツールは多くの金融機関のサイトにありますので、活用してみてください。

おまとめローンに申し込みをしたけれど審査に通らないという方は、もしかしたら逆に借り換えしなくてよかったということもあるかもしれませんよ。名称がおまとめローンの金融商品でなくても、一般的な銀行カードローンにまとめるだけでも現在より有利になるケースがあります。

銀行カードローンは限度額が高いので、多くの場合複数箇所からの借入れを十分にまとめられます。しかも、銀行カードローンならおまとめローンとは違い必要に応じて何回も借入れが可能です。おまとめローンの審査になかなか通らない方は、こだわらずに別の方法も検討してみてはいかがでしょう。