おまとめローン審査に通らない独身男性のパターン

ある正社員の独身男性が、カードで借り入れしまくっていたのが理由でお金が借りられないとしたら、何をどうすればお金が借りれるようになると思いますか?言わずとも知れた事で、これは借金の返済ですよね。

恐らく、この男性はキャッシング枠やショッピング枠の限度額ぎりぎりまで使い切ってしまい、別のカードでお金を借りようとしたのかもしれません。

よって、こんな人が収入を稼いでいた所で、翌月返済で収入も飛ぶ事が容易に想定出来るでしょう。しかし、月々の返済が大変なのにも関わらず、まだお金が借りれると別のカードで借り入れを検討していた場合には、この男性は絶対にお金が借りれない人となってしまいます。

A社B社C社からカードで借り入れしていたとすれば、消費者金融や銀行では2件が借入件数の限度と言われておりますので、多重債務者となってしまうでしょう。その上で、総量規制で消費者金融から借りれない属性となってしまうのです。

ですが、この男性は懲りもせずにD社からもお金を借りておりましたので、もう絶対に何処の金融機関でもお金が借りれる事はないでしょう。そして、審査にも決して通らないであろうと思います。

E社へ申し込みしたくても即融資は否決です。その理由に、この男性は返済が出来なくて延滞していたとの事です。残念ながら、消費者金融や銀行ではこんな人に融資は不可能です。最悪、既に信用情報に延滞による事故情報が登録されている可能性もあります。

こうなってしまえば、借り入れも全く出来なくなったのでしょう。あげくの果てに返済も出来ないとなれば、何故早めに一本化しておかなかったのか…。

悲しいことに、今更おまとめローンなどに申し込みしても度が酷い多重債務者確定ですので、絶対に審査に通りません。東京スター銀行やモビットも対応してくれないでしょう。せっかく収入もあって勤続年数もある正社員なのに、お金が借りれないまま返済も出来なければ債務整理しか出来ないオチとなってしまいます。

早い段階で一本化しておけばまだこんな事にはならなかったのに、調子に乗って複数社からお金を借りたあげく、もう何処からもお金が借りれない身となってしまったということになります。

先の事を考えないで借り入ればかり繰り返していると、こうなるという事が皆さんもわかったのではないでしょうか?当然、返済金額も高く、各社の金利も合わせて返済となれば、この後は返済の負のループとなるでしょう。

今頃はもう債務整理している頃かもしれません。債務整理後には絶対に信用情報に事故情報が載るので、以後は金融機関でお金が借りれない身となるのです。

その後は、どんなに担当者に相談しようが申し込みしようが、審査に通らない事確定です。カードが一生作れないわけではありませんが、長きに渡ってもう何処からもお金が借りられないでしょう。