まとめローンの審査が通りやすくなる5つの方法

まとめローンの審査が通らない場合に、何度でも申し込みをしてしまうのもマイナス行為です。AがダメならB、BがダメならCと1ヶ月に何度も申し込みをしてしまうと、この方はお金に困っていると判断されます。

審査の内容で、最初から年収が低い、勤務年数も短いというだけでも審査に通らないのですが、短期間の申し込みはあまりしない方が良いのです。さらに、事故情報を持っていた方の場合は最初から審査に通らないのですから、無駄な行為です。

銀行などのまとめローンの審査内容は一般には公開されていないことですが、口コミなどから月収は20万円程度必要となります。借り入れ額にもよりますが、最低このくらいの月収、年収にして250万円程度が最低ラインです。

そして、勤務年数は5年以上は必要となります。勤務年数に関しては金融会社で差はありますが、5年あれば信用度は大きいようです。在籍確認もありますので、当然ながら勤め先が無いといけません。

多重債務であっても2社が限界のようです。3社以上の場合は、どうしても審査に通らないことが多いのですが、この場合は1社を完済した上で、再度申し込みをすることが必要です。完済した記録については、プラスの要素が大きくなります。

さらには、限度額を小さくするのが有効です。まとめローンは多額が魅力ですが、最初小さな金額の限度額にしておいて少しずつ引き上げる方法です。年収が低い方にオススメの方法で、限度額を低くした上で返済実績を積み重ねることで、限度額引き上げができるようになります。とりあえず、審査に通るための手段として行ってみてください。

あるいは、他のカードローンの解約の約束も欠かせません。まとめローンができたら、他のカードローンの解約をすることを約束するのです。

もともとまとめローンの目的が、他のカードローンの完済にあることから、他は全部解約することを条件に申し込みをします。そして、本当に解約をしてしまうのです。個人信用情報機関には解約の記録も出ますから、この方は本当に約束を守ったと信用が高まります。

以上のことを行ってみると、審査を通りやすくすることができるとされています。