審査が厳しいおまとめローン 中小金融ではどう?

なんとか多重債務の借入状況を改善したい。借入先が多くなると、おまとめローンの話題も気になります。

審査は厳しい

消費者金融でも銀行カードローンでも、おまとめローンの申込者の場合、年収と信用情報機関の内容をよりチェックします。

大手では、ブラックになりそうなおまとめローンの申込者は審査落ち決定です。これは、本来借り換えができる方は返済能力に余裕があるからです。他社借入があっても、余裕で返済ができるけれど、おまとめローンに申込をしたら少し楽になる?という方向けの商品だからです。

ですから、属性でというと、自営業者のおまとめローンはとても厳しいです。収入に一定性がないから、長期間返済が必要となるからです。総量規制対象外の多額のおまとめローンの信用度が低いことが理由となり、簡単に契約ができないのです。

おまとめローンではなく銀行カードローンに申し込む

もしブラックではないのなら、おまとめローンではなく、限度額が大きい銀行カードローンがおすすめです。

この時、フリーローンとしての申込ではなく、おまとめローンをしたいことを告げることが必要です。比較的高い収入であれば、銀行カードローン審査に通ることがあります。

おまとめローンではないのですが、銀行カードローンで多額のフリーローンの場合“消費者金融のおまとめローンよりも低金利”の場合があります。

消費者金融のおまとめローンになると審査が厳しくなることが多いので、この方法もありです。C銀行の審査は甘いなどと言う口コミ情報があれば、申込をしてみて下さい。個人情報で、勤続年数が長い正社員、社会保険証をお持ちの方にとても有利です。

おまとめローンはキャッシングではない

現金が目的ではないおまとめローンは完済が目的です。最初から限度額◯◯円ではなく、多重債務の元本の借入になります。事故情報があれば、原則的に審査落ち。延滞などのブラックも、このおまとめローンができる高い信用力を必要とします。

会社としては、借入額が大きくなってしまうことで、完済ができないような方は最初から対象外としています。総量規制対象外になってしまうので、消費者金融では商品としてあまり前面に出していないのもこのためです。審査通過率はとても低いです。

ブラックは最初から考えない

中小消費者金融のおまとめローンでは、大手より金利が高いです。フリーローンの申込で、大手も中小消費者金融のも審査落ちだからおまとめローンの利用というのは無い話です。なので、最初からここは借りられないから債務整理にするなり、家族などの借金と考えましょう。

貸金業者ではブラックに対しては、おまとめローンの審査対象は厳しくチェックしています。ブラックにとっては、せっかくの多重債務完済なのにと思うことですが、うまく行かないようです。