中小消費者金融のおまとめローンは要注意?

中小消費者金融のおまとめローンは、必ず内容を検討をすることが必要です。

フリーローンがダメだからまとめローン

多重債務者の信用情報では、総量規制限度額を越えるフリーローンの借入はできません。

審査の甘い中小消費者金融でも、総量規制限度額は絶対的な存在です。信用情報機関での申込者の内容で、A銀行、B消費者金融と多重債務の場合、限度額が総量規制を超えるようであれば、審査落ちです。

では、新規ではなく、この多重債務を一括で借り換えのおまとめローンにしたい。他社借入一掃ということですが、これを勧める貸金業者とそうではない所に分かれます。利用限度額を越えてと言うのは、銀行は商品としてのおまとめローンが存在しますが、消費者金融では総量規制対象外として新たな審査内容に変わります。

大手消費者金融なら厳しくなります。ブラック以外であれば、大手消費者金融もポイントになる収入が審査要件として大きくなりますが、担当者の判断一つです。

中小消費者金融でも審査の甘いハードルでのおまとめローンの確認に入ります。収入が高いことが条件ですが、ここで強く勧める場合、注意が必要です。

シミュレーションの金額にがく然

おまとめローンの通りそうな中小消費者金融でのシミュレーションでは、借入額は多重債務の元本かと思ったら、少し高いことがあります。これは、手数料などが含まれるためですが、肝心なのは金利です。

大手と中小消費者金融のフリーローンの違いは金利の差です。多重債務の内容が大手消費者金融の場合、“中小消費者金融のおまとめローンよりも低い”可能性が高いです。すなわち、おまとめローンにしたのに総返済額が高くなってしまうのです。

おまとめローンにした時、多重債務の多額の借入額に驚きますが、中小消費者金融に借り換えをした地点でそれが増える事は考えられます。

申込者の考え違い

借り換えで月の負担を小さくすると、返済期間が延びます。そして、中小消費者金融の高い金利で期間が延びると、また返済金額が加算とれることになり、結果的に多重債務の額がかなり多くなってしまう事になります。

これは、多重債務の額にもよりますが、単純にフリーローンがだめでおまとめローンにしたいと考えない方が良いのです。

銀行借入は関係ない事も

おまとめローンに銀行カードローンが含まれません。ということは、銀行カードローンが多い方は、おまとめローンの意味がないことになります。

多重債務者には辛い選択ですが、担当者からの強いおまとめローンの勧めには必ずシミュレーションを確認の上検討してみて下さい。

原則ブラックはしない方が良い

延滞や年収が低い方には勧められないことが多いですが、条件が揃ったからおまとめローンと言われたときには、ブラックであれば債務整理後をおすすめします。借入先の完済、借金が減る、勤続年数が長いからできるなど、いろいろ言われることが多いです。

しかし、返済額が多額で、上客扱いされているだけの場合が多いです。プロミスのような大手消費者金融では、ブラックは最初から相手にされないのですが、中小消費者金融では審査通過もありますが、金利の高さなどは要注意です。

おまとめローンと債務整理の天秤になるブラックは、当然債務整理となります。