おまとめローンの真実を知っていますか?

おまとめローンの選択をする前に考えてほしいことがあります。おまとめローンをする方は多重債務者です。そのときに、債務整理は検討されないのでしょうか?

債務整理はしたくない、できない

おまとめローンを検索されている場合は、多重債務になっている。しかも、多額の債務であり新規キャッシングもできないかもしれません。

おまとめローンは総量規制以上の借入ができます。そこで、多重債務は完済した上でおまとめローンの完済をすることで、ブラックリストにならないということ。債務整理などは選択肢にならないということです。そのことはとても良い話のようですが、おまとめローンの内容も関係します。

おまとめローンと言っても

多重債務対象のローンですが、金利が極端に低いのならオススメの商品です。というのは、おまとめローンはメリットとデメリットがあります。総量規制以上借りれる、多重債務者も借りれる、債務整理しなくても良いという点はメリットです。

おまとめローンのデメリット

総量規制以上の借入では、多額のキャッシングになります。新規のキャッシングよりは低金利と言いますが、数%程度です。

まず、おまとめローンをしようというときには、すでに返済が大変な場合と今でも楽だけど、もっとお得な内容にしたい。要するに、おまとめローンで金利が多少下がるけれど、返済負担をそのままかもっと多くできる。

この2つパターンがあります。これが、楽して返済ができ、もっと毎月の返済金額を上げられるのなら完済も早く、おまとめローンのメリットがあります。

ところが、返済が大変で、多重債務を1つのおまとめローンにして、返済金額も小さくしてしまう。そうすると、完済までの期間が長くしてしまい、毎月返済額も小さくしてしまう。一見完済ができる内容ですが、債務者にしてみればとても高いキャッシングの返済になります。

返済額の問題ではない

おまとめローンでは、2つの観点から確認ができます。一つは多重債務がとにかく完済をしたいがために、お得に見えるおまとめローンに走ること。返済能力があれば、審査は通過します。

そこで、18%の多重債務から15%のおまとめローンで完済もできるでしょう。しかし、多重債務の内容が多いことでは、返済期間も長期化してしまうことでは総返済額はとても多くなります。

もう1つは、金融業者側の事情として、返済能力があるのなら、おまとめローンの審査基準を下げて、多重債務は引受します。中小消費者金融などでは審査がゆるいので、多重債務も多額の場合も審査通過ができます。審査をすると、返済ができそうだとわかると、毎月の返済額も小さくして、長期のおまとめローンの契約を勧誘します。

中小消費者金融では最長10年間というおまとめローンも登場しています。この審査通過では、債務者としては多重債務の解消と喜ぶことがありますが、10%以上のおまとめローンの場合は、かなりの返済になる。案外とこのことに気が付かず、喜んでいるというのですが。金融業者が美味しい思いをしていることは多いです。

ですから、債務整理の勧め

そこで、多重債務で甘い審査のおまとめローンに通過できる。

長期間の契約になってしまう場合は、債務整理した方が良いのでは?と思うのですが。債務整理したくない、総返済額が多くなると自覚して、審査がゆるいおまとめローンの選択をするのなら別ですが。

本来おまとめローンの審査は厳しいもの

大手消費者金融のおまとめローンは比較的審査が厳しいです。多重債務の申し込みであり、多重債務を1つのローンにできるおまとめローンでは、高い返済能力が必要です。

消費者金融のもう一つの商品

普通カードローンなどのキャッシングでは、新規の借入であり、限度額がある範囲内では何度でも借りれるというものです。

ところが、おまとめローンでは返済専用であり、債務がある部分だけの借入です。3社多重債務で120万円の債務がある。それをおまとめローンでは、120万円の借入になりますが、返済が進んだとしても、新規の借入ができません。

メリットとして、総量規制以上の借入でもOKとありますが、大手消費者金融では新規キャッシング以上の審査の厳しさです。

金利が低い

おまとめローンの特徴では、低金利が挙げられます。しかし、現実にはそれほどではないのが現状です。銀行カードローンの方が低い場合もあります。

銀行では、東京スター銀行がおまとめローンの商品がありますが、金利が12.5%です。もし、大手消費者金融カードローンの債務があり、東京スター銀行のおまとめローンの契約ができるのなら、お得でしょう。ただ、大抵は大手消費者金融カードローンの債務がある場合は、この審査は難しいです。

また、この商品ではパートやアルバイト、自営業者の審査は絶対に通らないです。正社員などで安定した収入が原則です。大手消費者金融も同様ですが、審査がゆるいおまとめローンもパートやアルバイトの属性では審査落ちになります。

この点でも審査が厳しいです。ここが高い返済能力が必要とされる部分です。

おまとめローンの是非

もし、大手消費者金融カードローンを持っていて、今の返済の金額をそのまま。3社の多重債務でおまとめローンで毎月の返済額を変えないというのなら、おまとめローンの価値はあります。

そうではなく、もっと楽して返済をしたいので、返済額を下げたとしたら、総返済額も返済期間も伸びます。額面上では低金利になるのですが、返済額によって大した得はないでしょう。

これが、大手消費者金融18%の金利で10%以下になるのなら、価値はあります。一部の銀行カードローンでは低金利もありますし、東京スター銀行のおまとめローンも低金利の方です。

しかし、そのようなおまとめローンの場合は、審査が厳しくなります。中小消費者金融などのゆるい審査のおまとめローンの場合は、いずれも金利は高いままであり、オススメはしないです。

ブラックリストなら余計勧めないかも?

多重債務で返済が苦しいのでおまとめローンにしたい。中小消費者金融のおまとめローンであれば、ゆるい審査ということもあります。

ただし、このときには債務整理の方が正しい選択ではないか?と思われます。金利が極端に低い場合のみ、多重債務には得があるのがおまとめローンです。

超ブラックリストも借りれるおまとめローン?

中小消費者金融のことを調べている方は、ブラックリストが多いです。新規キャッシングをしたい、あと数万円の借入したい多重債務も存在しています。

中小消費者金融のおまとめローン

そんなとき、おまとめローンも中小消費者金融にあることがわかります。多重債務が1つのおまとめローンにすることで、総債務が大きくなって金利が多少下がります。

総量規制対象外であり、年収3分の一以上の借入も対応しています。それは良いと思うのですが、審査は多少厳しいかもしれません。

そんなときに、ブラックリストだから借りれるおまとめローンを見つける人もいるでしょう。

中央リテールのおまとめローン

東京渋谷にある中央リテールは、おまとめローン専門業者です。金利からというと13%という内容であり、ここの審査条件では多額の借入200万円以上、借入件数も多いほど審査は有利だと言います。

信用情報では完全に金融事故があるブラックリストだとしても、他の金融業者のおまとめローンの審査に通らないとしても相談ができます。他のおまとめローンで契約できるようでは審査落ちという珍しい存在です。

ブラックリストでも借りれる中小消費者金融のおまとめローンです。そこで、多重債務だから申し込みしたい方も多いです。

関門は高いかも?

超多重債務対応の中央リテールですが、審査では会社で行う。ホームページには明記はないのですが、毎月の返済がかなり高くなければならない。会社員以外の申し込みができないなどの条件が多いです。

中央リテールでは、確実に完済できるブラックリスト多重債務で、毎月多額の返済ができることが必要です。そのため、契約と同時に他のクレジットカード、キャッシングの契約は全て解約義務があり、借入ができない状態です。

中央リテールの返済に全注力になります。13%の金利は魅力ですが。

中央リテールの審査のポイント

とにかく返済能力です。毎月確実に高い返済ができることでは、この低金利でのおまとめローンが対応できます。

かなり低金利の商品になっていて、ブラックリスト対応の美味しい内容ですが、クレジットカードの解約とか、高額返済などがあることでは、敷居が高いです。最も、多額多重債務のおまとめローンでこんな低金利は奇跡に近いですが。

中央リテール審査通過はいるのかな?

おまとめローンで低金利。毎月10万円程度の返済ができるブラックリスト。いるのかな?と思っている方もいますが、存在しているようです。本気で完済したい多重債務者にとっては、何が何でも返済してみせるという根性のブラックリストも存在しています。

繰り上げ返済にも対応で、ブラックリスト担ったけれど、債務整理ではなく、きっちり完済したい方にはオススメですが。それにしても、魅力は大きいけれど、普通のブラックリストには厳しい審査です。

緩い審査のおまとめローンは魅力的?

俗に言う中小消費者金融や街金は、ゆるい審査です。数万円のキャッシングならブラックリストも対応しています。返済能力があるのなら、おまとめローンも勧誘されることがあります。

中小消費者金融の勧誘

多重債務者で申し込みに来た債務者に対して、おまとめローンを勧誘する場合もあります。それは親切心もありますが、内容は確認が必要です。

おまとめローンの場合は、総量規制対象外であり、多額の借入ができます。返済専用ですから、新規でキャッシングが増えることもありません。

そこで、金融業者からの多重債務なので1つのおまとめローンにしませんか?そんな勧誘があります。

この信用情報では貸せない

中小消費者金融の場合、新規キャッシングではこう言うでしょう。理由はいろいろですが、債務が多いからです。

数万円の借入をして借入件数を増やすのなら、おまとめローンがありますと来ます。このときに、毎月の返済額を落とすことなく、繰り上げ返済対応であれば検討の余地はありますが、シミュレーションは必ず確認をしてください。途中繰り上げ返済はやめてくださいというおまとめローンも却下です。

おまとめローンで契約ができるのなら

おまとめローンに関しては、返済期間も長く返済額も大きいです。ブラックリストでも返済能力が高くなければならないのですが、その分多くの返済をすることになります。

途中で繰り上げ返済ができれば、こんなに良いことはありませんが、たいてい金融業者からの勧誘では長期間の返済を見込んでのことです。ということでは、勧誘されたときには、その内容を精査してください。

返済金額を下げましょうか?

毎月の返済金額を下げることは、返済期間の長期化を意味します。確実に高い金利のおまとめローンでは、元金は変わりません。

そこで、ゆるい審査の中小消費者金融で新規キャッシングがしたい。できない時のおまとめローンの提案としては、あまり良い話ではない場合も少なくないです。

ただし、繰り上げ返済もできるし、シミュレーションも詳細に説明されて、とにかく完済ができる対応をしてくれる。そんな中小消費者金融は存在していないでしょう。

多重債務者の部分で

すでにブラックリストの多重債務であれば、信用情報的にもあまり良い印象はありません。

そこで、ブラックリストの中小消費者金融の申し込みでは、新規で少額キャッシング以外では、そんなにオススメできるキャッシングはありません。おまとめローンにしても、ゆるい審査の場合は、金利が高い商品である可能性が高いでしょう。多分、債務整理の方が得策でしょう。

ブラックリストはおまとめローンはしてはならない?

多重債務ブラックリストになったら、債務整理です。

ある中小消費者金融では、おまとめローンがあります。総量規制対象外であり、なんと返済期間は10年間。毎月1万円程度の返済から受付とありますが、金利では新規キャッシング同様です。

100万円以上では利息制限法で15%になりますが。100万円程度のおまとめローンを10年間、15%の金利で返済をしていくとしたらとんでもない総返済額になります。

警告もある

おまとめローンに関しては、契約した元金に対して、長期間の完済を美味しい話として、高い金利で総返済額がとても高くなってしまうとの情報がとても多いです。

普通は、ゆるい審査に行くというのは、余裕がある信用情報だけど、お得返済したいという方たちです。つまり、大手消費者金融のおまとめローンでは多少厳しいけれど、中小消費者金融などで毎月多額の返済ができる方のための商品です。それが、中小消費者金融などのゆるい審査で受付をしているので、ブラックリストでも借りれると勘違いしています。

ブラックリストが中小消費者金融の高い金利のおまとめローンにしたときには、デメリットしかないものです。

債務整理の方が良い

ブラックリストになった時、大手消費者金融で多重債務が原因で審査落ちでは債務整理が最適です。

多重債務のおまとめローンでたくさん返済ができるというのなら、審査落ちはありません。返済額を小さくしたいという要望では、中小消費者金融のゆるい審査では借りれることもあります。

すでに大手消費者金融審査落ちのブラックリスト担っているのなら、その債務は減額してしまいましょう。きっとその方が良いですって。そして、この時に任意整理や個人再生をすることで、中小消費者金融の新規キャッシングができます。

債務整理後でも中小消費者金融が借りれるのですから、多重債務者での申し込みではなく、債務整理者で借りたら良いのです。一見おまとめローンというと印象は良いのですが、対して低金利でもなく、負担が長期間続くだけです。

債務整理は難しくない

時間があるのなら、自分でもできます。裁判所に行くこともありますが、説明をしてくれます。

費用はかかりますが、弁護士や司法書士に相談すること、依頼もできます。この費用ですが、債務整理で減額した分からの支払いになります。

ブラックリストにはなりますが、大手消費者金融審査おとの多重債務の時点ですでにブラックリストです。今さら何?ということです。

おまとめローンの本質としては、余裕のある信用情報の方が行うものです。ゆるい審査の中小消費者金融にしても、信用情報で金融事故なく、債務整理回避で確実完済ができる方のための商品です。ブラックリストには不向きですが。