他社ご利用がなくお金を借りたいが審査が通らない人に目を向けてほしいポイント

他社のご利用をしていないのに、どの金融機関に申し込んでも審査が通らない。そんな人は、ご自分の属性に問題があるかもしれませんよ。

お金を借りたいが、審査が通らない人によくある属性をピックアップしてみました。

お金を借りたいが審査が通らない人は自分の属性に原因がある場合があり

お金を借りたいが審査が通らない人には、様々な理由があります。

他社のご利用をしていないのに金融業者の審査に通らない場合は、ご自分の属性に問題がある可能性がありますよ。自分の何が良くなくて、金融業者はお金を貸してくれないのか、振り返ってみることも1つの方法です。

消費者金融は勤務先は関係ない

銀行のキャッシングは勤務先も影響するようですが、消費者金融の場合はどこに勤めているのかは問題ではないようです。大手に努めていないといけないということはなく、企業であればどこでもOKです。そのため、少人数の会社に勤務していても審査に通るようです。

例えば、全社員5人の小さな会社に勤務していても、ほとんどの消費者金融では審査に通っている傾向があります。ただし、自営業や個人事業主の場合は、収入がきちんと証明できる書類がないと、いくら稼いでいる人でも、査の対称とはなりません。

勤続年数に目を向けてみよう

勤続年数も重要となりますが、正社員であれば勤続年数が3カ月や6か月でも、審査に通る傾向があります。

アルバイトやパートの場合は、勤続年数2年以上であれば審査に通る傾向があります。この条件より悪い場合は、審査落ちしてしまう可能性があります。中小の消費者金融であれば、パートやアルバイトでも勤続年数6か月程度であれば、審査に通る場合もあるようです。

勤続年数が短い人は、消費者金融の口コミや直接電話をかけて、この程度の勤続年数でも審査の対象となるのかを問い合わせてみるといいですよ。

年収に目を向けてみよう

消費者金融のキャッシングの場合は、年収は100万円以上あれば審査に通る傾向があります。パートやアルバイトの場合は年収が100万円以下となる場合もありますが、100万円からかけ離れた少ない年収じゃなければ、審査に通る傾向があります。

消費者金融は総量規制が該当するので、100万円の年収の場合は33万円までの借入となります。月々の収入に対して33万円の月々の支払い額の割合が高い場合は、審査に通りません。金融機関の審査では、融資をしてもきちんと返済できる返済能力があるのかが問われます。

金融機関によりますが、月収の2~3割程度の返済額であればOKという考えをする場合もあります。そのバランスが取れていないと判断されると審査には通りません。銀行のキャッシングは年収300万円は超えていないと審査の対象とならないようです。

住まいの状態にも目を向けてみよう

住まいの内容では、ほぼ審査には影響しないと言われています。ただし、賃貸物件に住んでいて1年未満の居住年数の場合、審査の対象とならないことがあるようです。その理由は、延滞をした際に逃げてしまう可能性がある人と判断されてしまうからです。

住まいの状態で1番信用がある人は、持ち家に何十年間も住んでいる人です。賃貸物件であっても2年以上住んでいれば問題ありませんが、まだ数か月の場合は信用性が低くなってしまう場合もあるようです。

多重申し込みで審査に通らない

必ず融資を受けたくて、1度に複数の金融業者に申し込みをしてしまう人もいるようです。しかし、短期間の間に複数の金融会社に申し込みをしてしまうと、審査には通りません。多重申し込み者は、個人信用情報機関に多重申込者として登録されてしまうからです。

1か月の間に3か所以上の金融機関に申し込むと、多重債務状態になってしまうことがあります。1度に複数の金融業者に申し込む人は、それだけお金に困っている人と判断されてしまうからです。

金融機関へのキャッシングの申し込みは1社ずつにし、多くても2社までとしましょう。申込みブラックとなってしまうと、半年間個人信用情報機関に登録されてしまい、その情報が消えるまでは、新規でキャッシングができなくなってしまいます。

クレジットカードの遅延や延滞経験がある

キャッシングは1度も経験したことが無い人でも、クレジットカードのご利用はしたことがあるという人も多いと思います。

クレジットカードの遅延や返済がある場合も、審査の対象となりません。クレジットカードはお買い物の際に使うので、キャッシングには関係ないと思うかもしれません。しかし、お金を借りて購入していることになるので、意味合いとしては同じような感じとなります。

クレジットカードのご利用の延滞や遅延は、キャッシングの遅延や延滞と同じ意味になります。そのため、他社のご利用も万度に返済できない人には、新規で融資はできないと考える金融業者もいるようです。

クレジットカードを1回も使ったことがない

先程の話と真逆ですが、クレジットカードを1度も使ったことがない人でも、キャッシングの審査が通らないことがあります。1度もクレジットカードを作ったことが無い人は、どのような人なのかわからないので、評価ができなく信用出来ないと判断されてしまうようです。

逆に、クレジットカードを使っていて毎回きちんと返済している人の方が、信用性があって安心な人と判断されます。

いかがでしたでしょうか。
他社からの借入を一切していないのに、銀行や消費者金融からお金を借りることができない人は案外多くいます。その場合は、ご自分の属性に問題がある場合があります。ご自分の何がいけないのかを振り返って、改善できる部分は改善しましょう。

お金を借りたいが審査が通らない人がチェックすべき申し込みポイント

お金を借りたいが審査が通らない人は、キャッシング審査の前の最終確認をきちんとしていないことで、審査に落ちてしまっている場合もあります。

キャッシングに申し込みする前に、チェックすべきポイントはどのような部分なのか、ご紹介いたします。

お金を借りたいが審査が通らない人は申込み前のチェックが甘い

お金を借りたいが審査が通らない人は、キャッシング申し込みの際に申し込み内容をきちんとチェックしていない人が多いようです。早く申し込むべきだと焦ってしまい、細かく確認せずに申し込んでしまうようです。

申込み前にきちんとチェックしておけば、審査落ちせずに済んだケースはたくさんあります。キャッシングの審査落ちとしないためには、申し込み前の確認を細かく行うようにしましょう。

キャッシング申込み前の最終確認ポイント

キャッシングの申し込み前には、以下のようなポイントに目を向けて再確認するようにしましょう。

書き間違えがないか

意外と多いのが、申し込み内容の書き間違いです。早くキャッシングへとつなげたいために、焦って申し込んでしまうようです。

急ぎたい気持ちがわかりますが、テストと同じで見直しというのはとても大事となります。名前や住所など間違える可能性が低い部分も細かくチェックして、間違いがないかを確かめるようにしましょう。

個人情報に間違えがあった場合でも、審査落ちとなってしまうことがあります。

嘘は記載していないのか

キャッシングの申し込みの際によくあることといえば、嘘を記載してしまうことです。よくあることといえば、現状より良く書いてしまうことです。

1番多いケースは、年収を多く書いて総量規制の金額を上げることです。少しくらいはバレないと思うかもしれませんが、そのような違いというのはすぐにバレてしまうものです。

また、他社借入金額や、件数も嘘をついてしまう人も多くいます。他者借入金額や件数は、個人信用情報機関を情報開示してチェックするとすぐにわかります。そのため、いくら嘘をついてもバレてしまうのです。

申し込みの際の嘘は、すぐに見破られてしまいます。そして、嘘をついた人は信用性が無くなってしまい、その後の他社の審査にも通らなくなってしまうことがあります。きちんと見直しをして、嘘は訂正するようにしましょう。

他社ご利用に遅延や延滞がないか

他社ご利用に遅延や滞納がある場合は、審査の対象とはなりません。

銀行や消費者金融などの金融業者は、他社の遅延や滞納を1番嫌います。その理由は、他社の支払いを守れない人に融資しても、期限通りに返済してくれる補償がないからです。支払いができるかわからない相手に、お金を貸すわけがないですよね。そのため、絶対に審査は通りません。

キャッシング新規申し込み前には、他社の遅延や延滞状態を解除しておきましょう。返済しても、個人信用情報機関に遅延や延滞の過去は残りますが、中小消費者金融の場合は返済した記録があれば審査の対象とする場合が多くあります。

銀行カードローンや大手消費者金融のカードローン会社では難しいかもしれませんが、中小消費者金融なら審査対象になることを望めますよ。

債務整理をしている

自己破産などの債務整理の金融トラブルの記録が個人信用情報機関に記録されている場合は、審査の対象とはなりません。銀行や大手消費者金融会社の場合は、債務整理の記載があるうちは審査の対象とならない場合があります。

中小消費者金融の場合は、債務整理をして1年以上経っている場合は審査の対象とする場合もあります。債務整理をして1年以上経っている場合は、中小消費者金融の審査を受けてみるといいですよ。

銀行や大手消費者金融の審査に通りたい場合は、個人信用情報機関に債務整理の記載があるうちは審査の対象とはなりません。債務整理の個人信用情報機関への記載の期間は、内容によって5~10年間となっています。

申し込みブラックとなっていないか

1か月の間に3か所以上の金融機関に申し込みをしていると、申し込みブラックとなってしまい、審査の対象となりません。申し込みの際は、他社にも申し込んでしまったのか、申し込んだのであれば何社に申し込んだのかチェックしましょう。

1か月の間に既に2社に申し込んでしまったのであれば、今は申し込まないようにしましょう。申し込みブラックとなってしまったら、個人信用情報機関に6か月間記載されてしまいます。この間は、新たなキャッシングの申し込みは受け付けてもらえません。

自営業や個人事業主の人は収入の安定を示す書類を用意する

近年多い自営業や個人事業主の方は、収入の安定度を金融業者に示す必要があります。いくら、たくさん稼いでいて会社員よりも多くても、収入の安定度を証明できなければ不安定な収入の人とみなされてしまいます。

自営業や個人事業主というのは、いつ収入減が途切れてしまってもおかしくない状態です。そのため、収入を証明できる書類を提示することが、審査に通るための大きなカギとなるのです。

納税証明書や確定申告書など、収入を証明できる書類を用意しておくようにしましょう。

キャッシング申し込みの際は焦らない

キャッシング申し込みの際に、これらのポイントをチェックできない人は、申し込みの際に焦ってしまっている人が多くいます。早く融資につなげたいので、急いで申し込んでしまうのです。

しかし、間違った内容など、申し込みに伴っていない内容であれば、急いでも全く意味がありません。時間をかけてゆっくりチェックして、申し込み内容に間違いがないのかを確かめた上で申込みをしましょう。本来は審査が通る人なのに、これらのチェックで審査落ちしてしまうなんてもったいないことです。

いかがでしたでしょうか。
キャッシングの新規申し込みの際は、これらのポイントを見逃して申し込んでいる人も多いようです。ゆっくり細かく見直しをして、審査落ちとならないようにしましょう。

お金を借りたいが審査が通らない人がお金を借りる方法

お金を借りたいが審査が通らない人は、キャッシングを受けたい金融機関のジャンルを変えてみてはどうでしょうか?一気にスムーズになり、審査に通る可能性もありますよ。

お金を借りたいが審査が通らない人にオススメの金融業者をご紹介いたします。

お金を借りたいが審査が通らない人は金融機関のグレードを下げてみよう

お金を借りたいが審査が通らない人は、審査を受ける金融機関のグレードを下げてみるといいですよ。

銀行系カードローンの審査に落ちたのであれば、大手消費者金融に申し込んでみましょう。大手消費者金融の審査に落ちたのであれば中堅消費者金融に、中堅消費者金融の審査に落ちたのであれば、小規模消費者金融に申し込んでみるといいですよ。

1ランク下の金融業者に申し込むことで、レベルの低い審査を受けることができます。そのため、以前審査を受けた金融業者に比べると、楽な審査となる場合があります。

中小消費者金融ってどんな消費者金融?

中小消費者金融というのは、大手消費者金融ではない消費者金融のことをいいます。

消費者金融で有名なのは、アコム、プロミス、モビット、アイフルの4社であり、そして、これらが大手消費者金融です。これらの消費者金融以外が中小消費者金融となります。

消費者金融の数は日本国内に多く、そのほとんどが中小消費者金融ということになります。

中小消費者金融系は審査方式が違う

銀行系カードローンや大手消費者金融は、自動審査という審査形式で審査を行います。一定の数値が満たされていないと、その時点で足切りとなってしまいます。そのため、1つの項目でも、ほんのちょっと数値が満たされていない場合は、即審査落ちとなります。

中小の消費者金融の場合は、独自審査というものを設けています。独自審査というのは文字通り各社独自で審査項目を設けており、独自の考え方での審査となります。例えば、1項目劣っている部分があったとしても、他の項目に問題が無ければ審査の対象とする場合が大半です。

中小消費者金融は知名度や人気がないので、少しでも多くの人に融資をしたい傾向があります。そのため、少しでも返済能力があれば、融資をする傾向があります。多少の属性や債務性の悪さがあっても、審査の対象とするのです。

中小消費者金融はブラックであっても審査の対象とする場合がある

中小消費者金融は、ブラックになって1年以上経っていれば、審査の対象とする場合があります。1年経っていて支払い能力があれば、返済してもらえる人と判断するのです。

銀行や大手消費者金融では、ブラックになっている期間は審査の対象としないので、これはとても大きな差といえます。債務整理経験者でも審査に通る可能性があります。ブラックリストの関係で他社の審査に落ちてしまった人は、中小消費者金融に目を向けるといいですよ。

対面与信の中小消費者金融なら審査に通る確率も期待できる

中小消費者金融の中でも審査通過が期待できる消費者金融おすすめは、対面与信の消費者金融です。

対面与信とは、消費者金融側の店舗に申込者が出向いて面と向かって審査をしてもらうシステムです。直接対面してお話をして審査を受けることで、申込者の人となりも審査の対象として審査を行います。

対面与信を行っている金融機関は、中小消費者金融の老舗消費者金融会社に多くあります。面と向かってお話しするのは避けたいと思うかもしれませんが、意外と審査に通ることがある大きな穴といえます。

審査が通ればその場でキャッシングへとみちびくことができることもある手渡し融資なので、銀行営業時間外でも即日融資とすることができます。お金を借りたいが審査が通らない人には、とてもオススメですよ。

中小消費者金融は闇金ではない

中小消費者金融は有名ではない消費者金融ばかりですので、ヤミ金なのではないのかと気になる人もいると思います。

中小消費者金融は消費者金融自体の規模が小さいだけで、闇金ではありません。闇金は貸金業法の許可番号を持っていない違法な金融業者です。

闇金かどうか気になる場合は、消費者金融のホームページをチェックして、貸金業法の許可番号の記載があるかどうかを確認しましょう。貸金業の許可番号が記載されていれば、正規の消費者金融です。

いかがでしたでしょうか。
お金を借りたいが審査が通らない人は、ワンランク下の金融機関のご利用を検討してみましょう。ランクが下の金融業者に申し込むことで、意外とスムーズに審査通過ができることもありますよ。

審査に通らない場合は、どんどん金融業者のランクを低くすることで対応できる場合があります。

お金を借りたいが審査が通らない人の審査に通るためのポイント

お金を借りたいが審査が通らない人は、審査に通るポイントに目を向けることで審査に通ることも可能にできる場合があります。

どのようなポイントに気を付けるべきなのか、まとめてみました。

借入限度額を低めにする

お金を借りたいが審査が通らない人は、利用限度額を高く設定している人も多くいるようです。

キャッシングの審査というのは、借入希望額が多ければ多いほど審査が厳しくなってしまいます。審査を甘くするためには借り入れ希望額を思い切って少なくしてみましょう。できるだけ多くの借入限度額にしたいと思うものですが、審査の際は審査に通ることの方が大事となります。

まずは、少なめの借入希望額で申込みをして、その後の増額申請の際に希望額を上げるようにすればよいのです。審査に通るためには、最初の借入希望額は10万円低度にしておくといいでしょう。少ない借入れ希望額であれば、審査に通る可能性は高くなります。

審査基準の低いキャッシングへ申し込む

キャッシングというのは、カードの発行会社により発行基準が大きく異なります。1番厳しいのが銀行系で、2番目は交通系や流通系、3番目がショッピング、スーパー、コンビニ系、1番低いのが消費者金融系となります。

審査に通らず困っている人は、1番審査が低い消費者金融がベストといえます。中でも中小消費者金融は、審査がかなり甘い傾向があるのでおすすめです。

審査に通りやすいタイミングで申し込んでみる

金融機関の審査というのは、審査に通りやすいタイミングがあります。それは、金融機関の営業担当者がノルマを達成しにくいタイミングです。

時期やタイミングによっては利用者が集まってきにくくなってしまい、ノルマが達成できず困ってしまうことがあります。そのようなタイミングは、多少基準を低くしてでも審査に通そうとする傾向があるようです。

審査に通りやすいと言われているタイミングは、木曜日か金曜日の午前中若しくは閉店間際、3月と12月の決算期、月末などは審査が甘めとも言われています。これらのタイミングを見計らって申し込むと、審査に通る可能性も期待できるかもしれません。

審査が甘いと評判の金融機関に申し込んでみる

ネット上には様々な評判があり、金融機関の評判も多くあります。そんな金融機関の評判の中から、審査が甘いという口コミが多い金融業者に申し込んでみるといいですよ。意外とスムーズに審査に通る可能性もあります。

キャンペーンを行っている金融機関に申し込んでみる

金融機関の中には、キャンペーンを行っている金融機関もあります。キャンペーンを行っている金融機関は、新規顧客を多く募る傾向があります。そのため、審査に通りやすい傾向があります。

キャンペーンの有無は各金融機関のホームページに記載してありますので、チェックしてみましょう。

金利の高い金融機関に申し込んでみる

金利の高い金融機関は審査が甘めで、多くの顧客をゲットしようと思っている場合が多くあります。金利が高い分多くの人に融資することで、多くの利息を得たいという考えをするからです。

そのため、多少信用性が薄くても少ない金額を貸し出して、高い金利で利益を得ようとする考え方をするのです。よって、金利が高ければ高いほど、審査通過率が高い可能性があります。

いかがでしたでしょうか。
お金を借りたいが審査が通らない人は、このようなポイントを把握して申し込みをしてみましょう。これらが該当する金融機関に申し込むと、審査に通る可能性がありますよ。様々な金融機関をチェックして、これらに該当する金融機関を探しましょう。

お金を借りたいが審査が通らない人はおまとめローン

お金を借りたいが審査が通らない人は、おまとめローンのご利用も1つの選択肢ですよ。無理して他社から借りるのは危険ですので、おまとめローンの検討もしてみましょう。

おまとめローンについて、ご紹介していきます。

お金を借りたいが審査が通らない人にオススメおまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関から借りている借金を1つにまとめることができるローンです。複数の借入先に毎月返済するのは返済額が多く、大変ですよね。それを1つにまとめて、毎月1回の支払いとします。

毎月支払う金額が少なくなるので、お給料を有効に使うことができるようになり、新たな借金が必要ではなくなるのです。複数社からキャッシングなどの借金がある人には、オススメできる方法です。

お金を借りたいが審査が通らない人におまとめローンがオススメの理由

お金を借りたいが審査が通らない人は、複数の金融機関からお金を借りている場合があります。その場合は、新しいキャッシングを受けることは難しいといえます。

どうにかしてキャッシングを受けようとして、あらゆる金融機関に申し込んでしまうことで、闇金などの悪徳業者に引っかかってしまうこともあります。闇金などの悪徳業者に引っかかってしまったら、大変なことになってしまいます。

どこからもお金を借りることができず困ってしまっているのであれば、おまとめローンで毎月の支払いをまとめることの方が良いといえます。

おまとめローンのメリット

おまとめローンを受けることでのメリットは、これらが挙げられます。

金利が低くなる

おまとめローンは金利が低いので、今までの借入より低い借り入れとすることができます。

総量規制に該当しない

おまとめローンは、消費者金融のおまとめローンを使っても、総量規制には該当しません。その理由は、今までの借金を1本化にするローンなので、新たな借入れとはならないからです。そのため、総量規制ギリギリまで借入れしている人でも審査の対象となります。

毎月の返済額を減らすことができる

複数あった毎月の支払いを、1本にすることができます。

例えば、3社の借入をしている場合、1社から2万円ずつの支払いと仮定すると、1か月に6万円の支払いとなってしまいます。おまとめローンで借金を1本化することで、月1回2~3万円低度の支払いにすることができます。毎月の支払金額が半分程度になるので、支払いが楽になりますよ。

毎月の支払い金額が減る分、その分お給料の使い道に余裕ができます。新たな借入れをしなくても余裕ができた分で、充分にやりくりができるようになります。

総返済額を減らせることもある

金利が低くなることで、総返済額を減らすこともできます。

精神的な負担を減らすことができる

複数社から借入れをしている場合は、毎月どうやって支払いをしていこうかと考えながら暮らしている人も多くいます。毎月の支払いが1つとなり毎月の支払額が少なくなることで、精神的な負担がグンと減ります。

個人信用情報に傷がつかない

債務整理ではないので、個人信用情報に傷がつくことはありません。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには、デメリットもあります。デメリットも把握して、ご利用を検討するといいですよ。

1つの大きな借金ができる

複数の借金を1つにしたということなので、1つの大きな借金となります。

複数の借金が1つになると借金が減ったと思う人もいるようですが、ただ1つにまとまっただけです。借金は減っていませんので、勘違いしないようにしましょう。

総返済額が増える場合がある

おまとめローンは複数の借金を1つにまとめるので、大きな借金となります。その大きな借金を月1回の返済で2~3万円程度とするので、返済期間が長くなります。

返済期間の長さに対して利息が付くので、最終的な総支払い金額は多くなってしまう場合があります。

おまとめローン中は新たな借金はできない

おまとめローンを受けている期間は、そのおまとめローンの返済に努めなくてはいけません。そのため、おまとめローンご利用中に新たな借金をしてしまった場合は、おまとめローンの解約となってしまい一括返済となってしまうこともあります。

おまとめローンを完済するまでは、新たな借金を作らないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
お金を借りたいが審査が通らない人は、無理して新たな借入れを作らずにおまとめローンを使うこともオススメです。月々の返済が楽になっていくので、思いのほか快適ですよ。